【軍師官兵衛インタビュー】高畑充希 「将来はこんな奥さんになりたいと思います」 黒田長政の妻・糸役で初の大河ドラマ出演

2014年8月26日 / 15:08

 NHKで放送中の大河ドラマ「軍師官兵衛」で、黒田官兵衛(岡田准一)の長男長政(松坂桃李)の妻、糸を演じている高畑充希。糸は長政とは仲むつまじい夫婦生活を送るが、世継ぎの男子が産まれず、後には徳川家康(寺尾聰)との結び付きを強めるために黒田家から離縁されるという激動の生涯を送る。大河ドラマはもとより、時代劇にも初挑戦となった高畑が、戦国の夫婦の愛と悲哀を語る。

 

黒田長政の妻・糸を演じる高畑充希

-大河ドラマには初めての出演ですね。

  連続テレビ小説の「ごちそうさん」でNHKに初出演した時「いつかは大河ドラマにも出たい」と思っていましたが、まさかこんなに早いとは。じゃじゃ馬で、言いたいことを言って黒田家をかき乱すような、朝ドラとは全然違う役を任せようと思ってくださったことがうれしくて、飛び付きました。

-時代劇にも初挑戦ですね。

  時代劇って言葉が特殊ですし、時代の空気感とか起きている出来事などがすごいので、セットや衣装に見合うパワーでせりふを話したり、リアクションしたりする方が逆になじむし、リアルだったりすると感じました。いつもとは違う感覚なので、とても勉強になります。

-糸が嫁いだ黒田家の雰囲気はいかがですか。

  女性のパワーが強い家だと思います。私は途中から黒田家に入ったので、(しゅうとめ役の)中谷美紀さんがすごく気を遣ってくださいました。中谷さんの所作や品の良さを間近で見ていてすてきだなと思うので、こっそり盗もうと思っています。中谷さんの演じる光(てる)とは嫁しゅうとめの関係ですが、ぴりぴりとした感じは一切なくて、親子か姉妹のような感じです。糸が好き勝手なことを言っても、光さんもかつてそういう女性だったので「しょうがないわね」という目で見てもらえます。黒田家はうじうじしている男性に女性が「しっかりしなさい」と言うような家ですから。糸も“光2世”みたいになればいいかなと。

-戦国時代の結婚は現代とはずいぶん違いますが。

  (現代では)会ってすぐに結婚とかは考えられないし、感情移入もしづらいと思います。でも説得力が欲しかったので、違和感がないようにしたいと監督に相談しました。それで細かい目配せをしたり、いろいろと工夫をしています。でも台本での長政と糸はだんだんバカップルみたいになっていくんです(笑)。いつ誰が死ぬかも分からない戦国時代の雰囲気の中で、長政と糸のシーンは視聴者の方がほっこりするようなシーンになればいいなと思います。滑稽でもいかにかわいく見えるようにするかが課題です。(長政役の)松坂(桃李)さんとは「本気でやった方がばかっぽく見えるので本気でやろう」と話し合っています。

-長政の魅力は?

  とても真っすぐで不器用な人。でもみんなが助けたくなる人です。糸も真っすぐだから、真っすぐな二人が一生懸命いい夫婦になろうと協力し合っている。最終的には(離縁されて)引き離されてしまうので、その時には視聴者の方に「あんなに仲が良かったのにかわいそうに」と思ってもらえるように演じています。収録の合間に「どうせ捨てられる」って冗談めかして言うと、松坂さんは「やめてくれよ」って(笑)。二人のシーンは、落ち込んでいる長政を糸が励ますシーンが多いです。男の人が落ち込んだらこういうふうに励ませばいいんだってすごく勉強になります。糸はすごくツンデレで、まず「それじゃ駄目」と1回つぶして、その後で持ち上げるみたいなところがあります。男の人にはそれが効くんですね。当時の女性が旦那さんに掛ける言葉の力強さはすごいです。将来はこんな奥さんになりたいと思います。

-離縁させられることについてはどう思いますか。

  理不尽だと思います。今はいい時代です。

-岡田准一さんの様子はどうですか。

  ストイックです。せりふの量は圧倒的に多いのに全部入っている。かっこいい。ただその反面、ちょっと“構ってちゃん”なのかなと思ったりもします。かっこいいし、かわいらしい、そんな人だと思います。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「連続ドラマW 真犯人」上川隆也×小泉孝太郎×内田有紀 役者“日本代表”が骨太ドラマで真価を発揮する!

ドラマ2018年9月22日

 昭和49年に起こった未解決の誘拐殺人事件と、平成20年に起きた殺人事件。交差する二つの事件をめぐり、それぞれの時代で犯人逮捕に奔走した刑事たちの熱き魂を描いた「連続ドラマW 真犯人」(9月23日からWOWOWで放送※第1話無料放送)。本作 … 続きを読む

【インタビュー】『パパはわるものチャンピオン』棚橋弘至「この映画がG1優勝のモチベーションになりました」寺田心「試合の場面で棚橋さんが倒れたとき、心配で思わずリングに上がっちゃいました」

映画2018年9月21日

 人気プロレスラー、新日本プロレス所属の棚橋弘至が主演する、映画『パパはわるものチャンピオン』が9月21日から全国公開される。絵本『パパのしごとはわるものです』、『パパはわるものチャンピオン』(作:板橋雅弘、絵:吉田尚令)を原作に、悪役の覆 … 続きを読む

【インタビュー】『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』満島真之介 「劇的な人生でいたい!」エネルギーの源は子どもへの羨望

映画2018年9月21日

 『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』(全国公開中)に出演している満島真之介。今年29歳になる満島だが、バラエティー番組やイベントなどで見せる素の表情や言動はなんとも無邪気で明るい。そこには子どもへの羨望(せんぼう)と、夢をかな … 続きを読む

【2.5次元インタビュー】納谷健&杉江大志&高橋健介、「DIVE!!」The STAGE!!で「一歩成長した姿を見せる」

舞台・ミュージカル2018年9月20日

 水泳の飛び込み競技を題材にした、スポ根青春小説を基に、ラジオドラマ、映画、コミック、そしてアニメ化とさまざまなメディアミックス展開で注目された「DIVE!!」が、『「DIVE!!」The STAGE!!』として舞台化される。中高生たちが集 … 続きを読む

朝ドラのナレーターは“憧れの仕事”「女優冥利に尽きます」風吹ジュン(楡野廉子・語り)【「半分、青い。」インタビュー】

ドラマ2018年9月19日

 鈴愛(永野芽郁)のおばあちゃんとして登場するも、あっけなく天に召されて視聴者を驚かせたが、以降は“語り”として鈴愛たちの人生を見守り続ける廉子さんを演じた風吹ジュン。憧れだったというナレーターを務めた感想や、収録時のエピソード、また、ヒロ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top