永山瑛太」に関連する10件の記事

「ミステリと言う勿れ」まさかの結末に「一番のミステリーが最終話」 高畑淳子の演技に「豹変する演技が見事だった」

TOPICS2022年3月28日

 菅田将暉が主演するドラマ「ミステリと言う勿れ」(フジテレビ系)の最終話が、28日に放送された。  本作は、天然パーマがトレードマークの主人公が、淡々と自身の見解を述べるだけで事件の謎も人の心も解きほぐしていく、令和版・新感覚ミステリー。(※以下、ネタバレあ・・・続きを読む

「ミステリと言う勿れ」北村匠海がサプライズで登場 “我路”永山瑛太とのシーンに「ゾクゾクした」

TOPICS2022年3月21日

 菅田将暉が主演するドラマ「ミステリと言う勿れ」(フジテレビ系)の第11話が、21日に放送された。  本作は、天然パーマがトレードマークの主人公が、淡々と自身の見解を述べるだけで事件の謎も人の心も解きほぐしていく、令和版・新感覚ミステリー。(※以下、ネタバレあ・・・続きを読む

「ミステリと言う勿れ」“牛田”小日向文世の演技に称賛の声 「ゾッとした…!」「さすがのお芝居」

TOPICS2022年2月7日

 菅田将暉が主演するドラマ「ミステリと言う勿れ」(フジテレビ系)の第5話が、7日に放送された。  本作は、天然パーマがトレードマークの主人公が、淡々と自身の見解を述べるだけで事件の謎も人の心も解きほぐしていく、令和版・新感覚ミステリー。(※以下、ネタバレあ・・・続きを読む

「ミステリと言う勿れ」“整”菅田将暉によって連続殺人事件の犯人が判明 「怪しいと思っていたけど、異常者だったなんて」「怖かった」

TOPICS2022年1月24日

 菅田将暉が主演するドラマ「ミステリと言う勿れ」(フジテレビ系)の第3話が、24日に放送された。  本作は、天然パーマがトレードマークの主人公が、淡々と自身の見解を述べるだけで事件の謎も人の心も解きほぐしていく、令和版・新感覚ミステリー。(※以下、ネタバレあ・・・続きを読む

「ミステリと言う勿れ」いじめについて語る“整”菅田将暉に反響 「いじめている方が病んでいる」が「もっと日本にも広まって」

TOPICS2022年1月17日

 菅田将暉が主演するドラマ「ミステリと言う勿れ」(フジテレビ系)の第2話が、17日に放送された。  本作は、天然パーマがトレードマークの主人公が、淡々と自身の見解を述べるだけで事件の謎も人の心も解きほぐしていく、令和版・新感覚ミステリー。原作は、累計発行部・・・続きを読む

永山瑛太、松本穂香は「謙虚で優しい」 「もっと調子に乗ってもいいのに」

TOPICS2021年9月28日

 洋服の青山「新CMシリーズAOYAMANIA」公開記者発表会が28日、東京都内で行われ、永山瑛太と松本穂香が登壇した。  新CMは、洋服の青山に誰よりも詳しい「AOYAMANIA」の青山瑛太(永山)と、青山に入社したばかりの新人店員・松本(松本)の掛け合いをコミカルに描く。 ・・・続きを読む

北川景子「リコカツ」最終回は「きれいごとではない終わり方」 「ラストシーンまで誰がどうなるか分からない」

TOPICS2021年6月17日

 金曜ドラマ「リコカツ」(TBS系)の取材会が8日、オンラインで行われ、主演の北川景子が取材に応じた。  本作は、運命的な出会いをし、“交際ゼロ日婚”をした出版社勤務の咲(北川)と自衛官一家の長男・紘一(永山瑛太)の離婚から始まるラブストーリー。  当日、・・・続きを読む

【芸能コラム】会話の妙がポイント! 役者と脚本家の技が光るリモートドラマ

コラム2020年6月5日

 世界的脅威となっている新型コロナウイルスによって世相は様変わりし、日本も感染拡大防止のための「新しい生活様式」がスタンダードになっている。それによって大打撃を受けたエンタメ界にも新風が吹き、リモート(遠隔)撮影したドラマが次々に誕生している。制限が多い・・・続きを読む

広瀬アリス・すずら、きょうだい共演に歓喜の声 「夢の共演、新鮮で面白かった」

TOPICS2020年5月30日

 リモートドラマ「Living」(NHK総合)の第1話と第2話が30日に放送された。  本作は、坂元裕二氏が書き下ろした、新作のリモートドラマ。15分×4本のオムニバスで構成され、実際に家族として日常を共にする俳優陣が出演する。  第1話には広瀬アリスと広・・・続きを読む

【芸能コラム】みんな名字がほしかった? 改名の裏にアイデンティティーの確立と役者として生きる覚悟

コラム2019年12月31日

 クリスマスの日、サプライズ発表で世間を驚かせた瑛太。2020年最初に出演する新春ドラマ特別企画「あしたの家族」(1月5日放送)から、本名の「永山瑛太」に改名するというのだ。役者の改名は珍しくなく、過去には能年玲奈が「のん」、ARATAが「井浦新」、西村雅彦が「西・・・続きを読む

  • 1

amazon

page top