「ミステリと言う勿れ」北村匠海がサプライズで登場 “我路”永山瑛太とのシーンに「ゾクゾクした」

2022年3月22日 / 08:22

永山瑛太(C)田村由美/小学館 (C)フジテレビジョン

 菅田将暉が主演するドラマ「ミステリと言う勿れ」(フジテレビ系)の第11話が、21日に放送された。

 本作は、天然パーマがトレードマークの主人公が、淡々と自身の見解を述べるだけで事件の謎も人の心も解きほぐしていく、令和版・新感覚ミステリー。(※以下、ネタバレあり)

 大隣警察署に、新たに発生した連続殺人事件の応援要請が来た。青砥成昭警部(筒井道隆)に指名された風呂光聖子刑事(伊藤沙莉)は捜査本部へと向かう。

 すでに3人の犠牲者を出していたこの事件は、遺体を交差点の真ん中にはりつけのように遺棄するという猟奇的なものだった。

 さらに、3人目の遺体の傷口から、22年前に起きた、羽喰玄斗(千原ジュニア)による連続婦女暴行殺人事件の17人目の被害者の血液が発見される。

 捜査本部は、18件目の殺人を犯して以来、姿を消していた羽喰が再び殺害を始めたのかと色めき立つ。

 一方、バスジャック事件の犯人だった犬堂我路(永山瑛太)は妹の愛珠(白石麻衣)の死の真相を求めて、ジュートという人物を追っていた。

 すると、愛珠が闇カジノで働いていたことが判明。さらに、愛珠が集めていた寄木細工の箱でどうしても開かないものがあったことから、寄木細工ミュージアムへ向かった我路は、そこで学芸員の辻浩増(北村匠海)と出会う。

 そんな中、新たな殺人事件が発生し、遺体には“羽喰十斗”という署名が残されていたことが報道される。

 放送終了後、SNS上には、「原作知っててもゾワゾワした」「伊藤沙莉の演技力が素晴らしい」「主人公の整くんがほとんど出てこなくてすごいと思った」といった感想が寄せられた。

 また、ラストでは、辻がジュートで連続殺人事件の犯人であることが明らかに。風呂光とバディを組んで事件に当たっていた猫田十朱刑事(松本若菜)がジュートに刺されてしまう。

 ジュートを演じた北村について「まさか北村匠海くんとは。意外だったけどよかった」「匠海くん、うまい! さすがの演技力」「我路とのシーンにゾクゾクした」といったコメントも集まった。


芸能ニュースNEWS

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

玉木宏、子どものため庭のプール環境を整備 見守り用にテントも設置し「完結させました」

映画2022年8月9日

 映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』大ヒット御礼舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、日本語吹き替えキャストの玉木宏と木村佳乃が登壇した。  スティーブン・スピルバーグ監督が製作総指揮を務めた本作は、約30年にわたり、恐竜と人類 … 続きを読む

「赤いナースコール」5話“恐怖の病院”の謎に考察多数 「“院長”鹿賀丈史に息子がいる?」「“老婆”藤夏子が母親?」

ドラマ2022年8月9日

 Sexy Zoneの佐藤勝利が主演するドラマ「赤いナースコール」(テレビ東京系)の第5話が、8日に放送された。  本作は、主人公の春野翔太朗(佐藤)が入院した病院で、奇妙な現象や連続殺人などの恐怖に見舞われる、“5分に1回の恐怖”をテーマ … 続きを読む

「競争の番人」“六角”加藤清史郎の決意に「カッコいい」 アレス電機編が解決「仲間との絆は大事だと思った」

ドラマ2022年8月9日

 坂口健太郎と杏がW主演するドラマ「競争の番人」(フジテレビ系)の第5話が、8日に放送された。  本作は、“公正取引委員会”を舞台に、天才で理屈っぽくひねくれ者の小勝負勉(坂口)と、実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓(杏)がバディを組 … 続きを読む

竹内涼真、初共演の横浜流星と「仲良くなれた」 「現場で互いのダサい部分をさらけ出す」

映画2022年8月9日

 映画『アキラとあきら』完成披露舞台あいさつが8日、東京都内で行われ、出演者の竹内涼真、横浜流星、高橋海人(King & Prince)、石丸幹二、ユースケ・サンタマリア、江口洋介と三木孝浩監督が登壇した。  池井戸潤氏の同名小説を … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top