松たか子」に関連する49件の記事

松たか子が世界9か国のエルサ役とともに、アカデミー賞授賞式で歌唱

音楽ニュース2020年2月10日

 松たか子が、現地時間2020年2月9日に開催された【第92回アカデミー賞授賞式】日本人として初めて歌唱した。  ステージには、イディナ・メンゼルとともに世界9か国のエルサ役が登場。松たか子含め、ドイツやスペイン、ロシアなど各国のエルサ役が自国の言葉で「イントゥ・ジ・アンノウン」を歌い継ぎ、会場を盛り上げた。◎番組情報『第92回アカデミー賞授賞式』WOWOWプライム 2020年2月10日 生放送『第92回アカデミー賞授賞式』字幕版2020年2月10日(月)21:00

福山雅治「トイレで寝ちゃうことも」 広瀬すず「おじいちゃん…」と突っ込む

TOPICS2020年1月20日

 映画『ラストレター』の初日舞台あいさつが17日、東京都内で行われ、出演者の松たか子、広瀬すず、森七菜、福山雅治と岩井俊二監督が登壇した。  本作は、手紙の行き違いをきっかけに始まった二つの世代の男女の恋愛と、それぞれの心の再生と成長を描く。  映画のタ・・・続きを読む

福山雅治、老眼を嘆く 「時計の文字盤が小さ過ぎて見えない」

TOPICS2020年1月10日

 映画『ラストレター』レッドカーペットイベント&舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の松たか子、広瀬すず、森七菜、神木隆之介、福山雅治が登壇。岩井俊二監督はインフルエンザのため欠席した。   本作は、手紙の行き違いをきっかけに始まった二つの世代の・・・続きを読む

広瀬すず「ずっと好きだった」と告白される 「ドキドキして余計にしゃべれなくなった」

TOPICS2019年12月20日

 映画『ラストレター』完成披露試写会が19日、東京都内で行われ、出演者の松たか子、広瀬すず、森七菜と岩井俊二監督が登壇した。  本作は、手紙の行き違いをきっかけに始まった二つの世代の男女の恋愛と、それぞれの心の再生と成長を描いたラブストーリー。  『四月・・・続きを読む

松たか子「アナとエルサがスタート地点に立った」 神田沙也加「姉さん大変です。大変な曲になっています」

TOPICS2019年12月3日

 映画『アナと雪の女王2』大ヒット記念イベントが2日、東京都内で行われ、日本語吹き替え版でエルサを演じた松たか子と、アナ役の神田沙也加が登壇した。  2人がそろってイベントに登壇するのは今回が初。神田は「松さんと一緒にステージに立っていられるということが・・・続きを読む

松たか子、『アナと雪の女王2』楽曲「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」先行配信開始

音楽ニュース2019年11月16日

 松たか子が、『アナと雪の女王2』楽曲「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」の先行配信を各音楽配信サービスで開始した。 この楽曲は、前作で“ありのまま”の自分を受け入れたエルサが“このままでいられない”と迷いを感じながら、自分の心に従って未知の旅へと心のまま・・・続きを読む

岡田准一「つかみどころのない役は難しかった」 「他のみんながうらやましかった」

TOPICS2018年12月8日

 映画『来る』の公開初日舞台あいさつが7日、東京都内で行われ、出演者の岡田准一、黒木華、小松菜奈、青木崇高、松たか子、妻夫木聡、中島哲也監督が登壇した。  本作は、第22回日本ホラー小説大賞受賞作『ぼぎわんが、来る』を映画化したもの。“あれ”に狙われた人々・・・続きを読む

【映画コラム】本当の意味での奇跡は人との出会いにある『泣き虫しょったんの奇跡』

ほぼ週刊映画コラム2018年9月8日

 実在の棋士・瀬川晶司五段の自伝的同名小説を映画化した『泣き虫しょったんの奇跡』が公開された。  本作は、小学生時代から将棋に熱中し、長じてプロ棋士の登竜門である奨励会に入会するも、「26歳までに四段に昇格できなければ退会」という規定をクリアできず、・・・続きを読む

松田龍平、初段の免状を贈呈され笑顔 「弱いんですけど…大丈夫ですかね?」

TOPICS2018年9月8日

 映画『泣き虫しょったんの奇跡』の公開記念舞台あいさつが8日、東京都内で行われ、出演者の松田龍平、永山絢斗、渋川清彦、新井浩文、松たか子、窪塚愛流、原作者の瀬川晶司五段、豊田利晃監督が登場した。  本作は、瀬川五段の自伝的小説を映画化。小学生から将棋一筋・・・続きを読む

松たか子「椎名林檎さんに優しく鋭く追い込まれながら歌いました」カルテット主題歌収録のNEWアルバム発表

音楽ニュース2017年10月18日

 松たか子が、12月6日に約8年ぶりとなるオリジナルアルバム『明日はどこから』を発売する。  今作は2009年に発売された『Time for music』以来となるオリジナルアルバムで、10月2日の初回放送視聴率が東西とも20%(ビデオリサーチ調べ)を超える好スタートを切ったNHK連・・・続きを読む

菅田将暉、広瀬すずの声は「エロい」 小悪魔ヒロインに翻弄される中学生役

TOPICS2017年7月11日

 映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の製作報告会見が11日、東京都内で行われ、声優を務める広瀬すず、菅田将暉、宮野真守、松たか子、原作の岩井俊二氏ほかが登壇した。  本作は、1993年にフジテレビで放送された名作ドラマをアニメ映画化したも・・・続きを読む

吉岡里帆「カルテット」の現場エピソードを披露 「一生さんと家森さんは、すごく似ているところがある」

TOPICS2017年3月11日

 TBS火曜ドラマ『カルテット』×弦楽四重奏 コラボレーションイベントが11日、東京都内で行われ、ドラマに出演中の吉岡里帆が登場した。 本作は、松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平が演じる、“偶然”出会った4人の男女がカルテットを組み、ひと冬の共同生活を・・・続きを読む

【芸能コラム】俳優陣の好演と脚本の魅力を高める巧みな色の演出 「カルテット」

ほぼ週刊芸能コラム2017年3月11日

 冬の軽井沢を舞台にしながらも、積もった雪にまぶしい白さはなく、青空も“抜けるような”という表現が不似合いな少しくすんだ色合い…。 「カルテット」(TBS系/毎週火曜午後10時放送中)を見て、映像の雰囲気が他のテレビドラマと少し違うと感じた人も多いだろう。 偶然・・・続きを読む

椎名林檎書き下ろし×松たか子/松田龍平ら歌唱 火曜ドラマ『カルテット』主題歌「おとなの掟」配信スタート

音楽ニュース2017年2月7日

 1月17日よりスタートした毎週火曜よる10時~放送中のTBS系 火曜ドラマ『カルテット』。このドラマ主題歌「おとなの掟」が配信スタートとなった。  同ドラマは「最高の離婚」「Woman」などの話題ドラマを手がけてきた脚本家・坂元裕二の最新作で完全オリジナル作品であり、・・・続きを読む

満島ひかり、共演の高橋一生に鋭い指摘 「女心を分かった上でお芝居をしている」

TOPICS2017年1月9日

 TBS連続ドラマ「カルテット」の舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平が登壇した。 本作は「最高の離婚」「Woman」など、数々のヒット作を手掛けた坂元裕二氏の完全オリジナル作品で、冬の軽井沢を舞台に巻き・・・続きを読む

スキマスイッチ、奥田民生や小田和正らをプロデューサーに迎えたリアレンジアルバム完成!

音楽ニュース2016年12月21日

スキマスイッチが、ニューアルバム『re:Action』(リアクション)を来年2月15日にリリース! 同作を携えた全国ツアー「スキマスイッチTOUR 2017“re:Action”(仮)」が開催されることも発表となった。 2003年のデビュー以来、数々のヒット曲を生み出し、幅広い世代の・・・続きを読む

レキシのツアー千秋楽に松たか子、キュウソネコカミ、チャットモンチーら豪華ゲストが参戦

音楽ニュース2016年8月19日

レキシのツアーファイナル公演「レキシツアー 遺跡、忘れてませんか?〜大きな仏像の下で〜」が、8月17日(水)に東京・日本武道館にて開催された。 今回のツアーは、ニューアルバム『Vキシ』を引っさげて7月1日の福岡サンパレス公演を皮切りに9都市10公演にわたっ・・・続きを読む

とにかく安まりたい! そんな人のための“いい歌”5選

音楽ニュース2016年2月8日

2月ですね。日々の暮らしがお正月から通常モードに戻る中、大物ミュージシャンの訃報、スキャンダラスなニュース、不毛な国会答弁などが相次ぎ、忙しない毎日に拍車を掛けてしまっている人も多いのでは? ということで、今回は聴いている間くらいは心が安まる“いい歌”、ピッ・・・続きを読む

小田和正、15回目となる『クリスマスの約束』は地元・横浜で実施

音楽ニュース2015年11月27日

12月24日(木)の深夜23:53〜25:53、TBS系列にて小田和正が出演する至極の音楽番組『クリスマスの約束』の放送が決定した。 2015年で15回目を迎える“クリスマスの約束"は小田の地元・横浜赤レンガ倉庫での実施となった。横浜での実施は5年ぶりの2度目となる。番組・・・続きを読む

『HERO』のブルーレイ&DVDの発売日が決定 木村拓哉と松たか子が“再会”した話題作

TOPICS2015年11月10日

 興行収入46億円を突破し、2015年実写日本映画のナンバーワンヒット(※10月19日時点興行通信社調べ)となった『HERO』映画第2弾のブルーレイ&DVDの発売が、16年1月20日(水)に決定した。  驚異的な視聴率を記録した連続ドラマ「HERO」は、ス・・・続きを読む

page top