健太郎」に関連する10件の記事

【インタビュー】『デメキン』山田裕貴 「一度は人生にふたをした…」挫折が開いた役者道を“ハート”を武器に突き進む

インタビュー2017年12月4日

 『亜人』、『あゝ、荒野』、『HiGH&LOW』シリーズなど、本年度だけで12作の映画に出演し、注目を集めている実力派若手俳優・山田裕貴。彼の役者人生は決して平たんなものではなかったが、 人生にふたをするほどの大きな挫折を乗り越え、自分を信じて選んだ道を歩き続けて・・・続きを読む

山田裕貴「いい奥さんになれたら…」 健太郎の親友役「気持ちは女房役」

TOPICS2017年12月2日

 映画『デメキン』の公開初日舞台あいさつが2日、東京都内で行われ、出演者の健太郎、山田裕貴、原作者でお笑い芸人の佐田正樹(バッドボーイズ)、山口義高監督ほかが登壇した。  本作は、佐田の自伝小説を映画化したもの。幼少期から“デメキン”と呼ばれ、いじめられた・・・続きを読む

【芸能コラム】大河ドラマのNHKと黒島結菜の出会いが生んだ軽快なタイムトラベルラブコメディー「アシガール」

ほぼ週刊芸能コラム2017年10月30日

 平成生まれの女子高生・速川唯(黒島結菜)が、弟・尊(下田翔大)の発明したタイムマシンで戦国時代にタイムスリップ。そこで出会った戦国大名・羽木家の跡取り“若君様”こと忠清(健太郎)に一目ぼれ。恋する気持ちに突き動かされた唯は若君様を守るため、足軽の唯之・・・続きを読む

広瀬すず、生田斗真にドキドキ“生告白” キスシーンの前に「カレーを食べました」

TOPICS2017年10月28日

 映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』の公開初日舞台あいさつが28日、東京都内で行われ、出演者の生田斗真、広瀬すず、竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也、三木孝浩監督が登壇した。  河原和音氏の人気少女コミック『先生!』を実写映画化した本作は、高校・・・続きを読む

広瀬すず、高校卒業以来の制服姿を披露 現役女子中高生を前に「ドキドキしています」

TOPICS2017年10月10日

 映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』恋愛応援スペシャル試写会イベントが9日、東京都内で行われ、出演者の広瀬すず、竜星涼、森川葵、健太郎が劇中で着用した制服姿で出席した。  河原和音氏の人気少女コミック『先生!』を実写映画化した本作は、高校2・・・続きを読む

生田斗真「広瀬すず史上、最強にかわいい」 初共演作を自信たっぷりにアピール

TOPICS2017年9月26日

 映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』の完成披露イベントが26日、東京都内で行われ、出演者の生田斗真、広瀬すず、竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也、比嘉愛未、三木孝浩監督が登壇した。  本作は、大ヒットコミック「先生!」を実写映画化。主人公の高校・・・続きを読む

黒島結菜「足軽は女の子ができない役」 「頑張って落ちたり、走ってよかった」

TOPICS2017年9月19日

 NHK土曜時代ドラマ「アシガール」試写会および会見が19日、東京都内で行われ、出演者の黒島結菜、健太郎ほかが出席した。  ドラマは、森本梢子氏の同名コミックを原作に、脚力だけが取りえの女子高生・速川唯(黒島)が戦国時代にタイムスリップし、愛する若君・羽・・・続きを読む

野村周平「何か嗅覚が働くんですよ」 “いざこざ回避能力”を語るも共演者は反論

TOPICS2017年3月25日

 映画『サクラダリセット 前篇』の公開初日舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の野村周平、黒島結菜、平祐奈、健太郎、玉城ティナ、恒松祐里と深川栄洋監督が出席した。 本作は、さまざまな能力を持った人々が暮らす咲良田という街を舞台に、取り戻せない過・・・続きを読む

野村周平、「かわいい!」の声援に「知ってる知ってる」 「普段がバカみたいな」扱いに不満も

TOPICS2017年2月9日

 映画『サクラダリセット 前篇』完成披露試写会舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の野村周平、黒島結菜、平祐奈、健太郎、玉城ティナ、恒松祐里と深川栄洋監督が出席した。 この作品は、河野裕氏によるライトノベル「サクラダリセット」シリーズを実写映画化・・・続きを読む

浅川梨奈「唾を10回ぐらい吐きました」 1980年代のヤンキー役に挑戦

TOPICS2016年12月24日

 映画『14の夜』の公開初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の犬飼直紀、青木柚、中島来星、河口瑛将、浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)、健太郎、光石研、足立紳監督が登壇した。 『百円の恋』の脚本家・足立氏の監督デビュー作となった本作は、198・・・続きを読む

  • 1

page top