【インタビュー】『デメキン』山田裕貴 「一度は人生にふたをした…」挫折が開いた役者道を“ハート”を武器に突き進む

2017年12月4日 / 14:30

 『亜人』、『あゝ、荒野』、『HiGH&LOW』シリーズなど、本年度だけで12作の映画に出演し、注目を集めている実力派若手俳優・山田裕貴。彼の役者人生は決して平たんなものではなかったが、 人生にふたをするほどの大きな挫折を乗り越え、自分を信じて選んだ道を歩き続けている。そして今、「俳優王になりたい」と屈託のない笑みを浮かべる山田が、役者を目指すに至ったいきさつや、まさに役者のかがみともいえる驚きの私生活などを赤裸々に語った。

山田裕貴

 特撮ドラマ「海賊戦隊ゴーカイジャー」(11)のゴーカイブルー役でデビューし、役者として順調に滑り出した山田。数々の話題作に出演している他、主演経験もあり、順風満帆のようだが、いまだ手応えを感じていないようで、9月に行われた映画『二度めの夏、二度と会えない君』の舞台あいさつでは「跳ねたいな…」と思わず本音を吐露した。

 しかし、その真意は単に「売れたい」ということではなかった。山田は「自由に、悔しさを感じずに、自分を試せる日が来たら、跳ねたと感じるのかな」と推測すると、「漫画『ワンピース』の主人公ルフィが『支配なんかしない。この海で一番自由なやつが海賊王だ!』と言っていたように、やりたい役をやって、好きな監督や役者と自由に映画を作れるようになったら俳優王!」とあどけない表情を浮かべながら語った。

 ところで、山田が役者を目指すきっかけとは? 実は、父は元プロ野球選手の山田和利(現広島東洋カープ コーチ)で、山田は周囲の期待を背負い、小学生の頃から野球選手を目指して練習に励んだ。ところが、野球センスに恵まれず、「いろんなうまいやつを目の当たりにして、もう頑張れないと高校で諦めて、一度は人生にふたをした…」と告白する。さらに、居場所を失った山田は「学校生活では生き残らなきゃ。そのためにもみんなから好かれなきゃ」という強迫観念めいたものにとらわれた学生時代を送ったという。

 その中で巡り会った役者業は、山田いわく「ハートの職業」。「生まれ持った運動能力とかは関係なく、必要なものは誰もが持つ人間性。だったらフェアだと思った。それに、人間性は自分次第でいくらでも磨けるし、他人の気持ちを考えることもできれば絶対にうまくいく。何があっても全てを自分のせいにして戦う!」と奮起。エキストラから始め、ぞんざいに扱われて悔しい思いもしたが、それすらも原動力に変えていった。

 そんな山田の最大の魅力は、少女コミックに登場するようなキラキラした高校生やギラついた凶暴な男など、どんな役をもナチュラルにこなす演技力。それは、演出家の前田司郎からもらった「役作りは役半分、自分半分。自分の中にある感情を掘り起こせば、その役になれる」という言葉を胸に、「役を生きる」ことに徹しているからこそ生み出される。

 それ故、日常のさまざまな場面で湧き起こる感情や行動をストックすることは大事な作業で、例えば「ゲーム中にムカついてコントローラーを投げつけてしまったときでさえ『この怒りは使える』と思う」のだとか。そうやって意識を張り巡らせた1日が終わると疲れ切っていることもあるというから、その役者魂には脱帽だ。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元インタビュー】映画『メサイア』最新作、杉江大志が最先端アクションで見せる「一瞬の緊張感」

映画2018年11月14日

 高殿円の小説『MESSIAH -警備局特別公安五係』を原案とし、テレビドラマや舞台、実写映画などのメディアミックスを展開している「メサイア・プロジェクト」の映画シリーズ4作目となる『メサイア -幻夜乃刻-』が11月17日から公開される。本 … 続きを読む

【インタビュー】『ラプラスの魔女』三池崇史監督 “バイオレンス監督”の称号に疑問…それでもバイオレンスを撮る理由とは?

映画2018年11月13日

 ベストセラー作家・東野圭吾の同名小説を、嵐の櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰ら豪華キャストで実写映画化した映画『ラプラスの魔女』のBlu-ray&DVDが11月14日にリリースされる。本作を手掛けたのは“バイオレンス映画の巨匠”三池崇史監督。劇 … 続きを読む

「若い頃の伊藤博文の写真が僕に似ていたので、自信が付きました」浜野謙太(伊藤博文)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月12日

 岩倉使節団の一員として欧米視察に出ていた大久保利通(瑛太)が帰国。朝鮮との外交問題を巡り、西郷隆盛(鈴木亮平)率いる留守政府組との対立が表面化する。そんな状況下、政府内に居場所を失った大久保に接近したのが元長州藩士たち。その中には、後の初 … 続きを読む

「長所も短所も、江藤と僕はものすごく似ています」迫田孝也(江藤新平)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月11日

 西郷隆盛(鈴木亮平)、大久保利通(瑛太)らを筆頭に、維新に功績のあった薩長土肥の旧藩士たちが中核を占める明治新政府。その中で、元佐賀藩士として活躍するのが、「維新の十傑」「佐賀の七賢人」にも挙げられた江藤新平だ。西郷と共に、欧米視察に出た … 続きを読む

【映画コラム】本物の4人がそこに映っているかのような錯覚に陥る『ボヘミアン・ラプソディ』

映画2018年11月10日

 1970年のメンバー同士の出会いから85年のライブエイドでのパフォーマンスまで、ロックバンド・クイーンの紆余(うよ)曲折の軌跡を、リードボーカルのフレディ・マーキュリーの屈折と葛藤を中心に描く『ボヘミアン・ラプソディ』が公開された。監督は … 続きを読む

page top