山田裕貴「いい奥さんになれたら…」 健太郎の親友役「気持ちは女房役」

2017年12月2日 / 18:19

山田裕貴(左)と健太郎

 映画『デメキン』の公開初日舞台あいさつが2日、東京都内で行われ、出演者の健太郎、山田裕貴、原作者でお笑い芸人の佐田正樹(バッドボーイズ)、山口義高監督ほかが登壇した。

 本作は、佐田の自伝小説を映画化したもの。幼少期から“デメキン”と呼ばれ、いじめられた正樹(健太郎)が、けんか無敗と、数々の伝説を作り出し、福岡最大勢力の暴走族の総長へと上り詰めていく姿を描く。

 髪を赤く染めて登場した健太郎は「本日は数多くある作品から『デメキン』を選んでいただきありがとうございます」とあいさつした。

 本作が初主演映画となった健太郎は「ここにいるメンバーで無事、初日を迎えられたことがすごくうれしい。いろんな人に見ていただきたい作品なので、ここにいない子たち(出演者)の気持ちも背負って頑張っていきたい」と語った。

 正樹の親友役を演じた山田は「“探偵がバーにいる”わけでもないし、“錬金術”が使えるわけでもないですが、燃え上がる熱いハートの映画を選んでいただいて本当にうれしいです」と元気にあいさつした。

 演じる上では「佐田さんの“生きた証し”を、僕らが代わりに生きる」、「“本当にあったことを僕らが見せなきゃいけない”という思いを持って臨んだ」といい、主役を支えるという意味では「健太郎のいい奥さんになれたら…みたいな(心境)だった」と説明した。

 会場のざわつきをよそに、山田は「『私、寄り添うわ…』といった女房役です」とマイペースで話を続け、これには健太郎も「女房役…!?」と苦笑いだった。

 健太郎と山田は、司会者に「せっかくの初日なので」と促され、壇上で“お互いへの思い”をぶつけ合うことに。最初は、お互いへの不満などを漏らしていたが、不意に山田が「俺は愛してるよ」と告げると、健太郎も「いや、俺も本当にみんなのことが大好きだし、俺も愛してるよ…」と“相思相愛ぶり”を披露。まさかの展開に、会場は「カップル成立~!」と大盛り上がりを見せた。

『デメキン』初日舞台あいさつの登壇者たち

 


芸能ニュースNEWS

井澤勇貴「高崎さんはおそ松そのもの」 「おそ松さん on STAGE」の舞台裏を語る

舞台・ミュージカル2019年4月19日

 劇場版『えいがのおそ松さん』舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、舞台「おそ松さん on STAGE」からおそ松役を演じている高崎翔太とF6おそ松役の井澤勇貴が登壇した。  プライベートで1度映画を見たという高崎は「年齢層が幅広くてびっ … 続きを読む

堤真一「橋本良亮が泣き出して…」と暴露 橋本「ご心配をお掛けしました」

舞台・ミュージカル2019年4月19日

 俳優とオーケストラのための戯曲「良い子はみんなご褒美がもらえる」初日前会見&公開舞台稽古が19日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、橋本良亮(A.B.C-Z)、演出家のウィル・タケット氏ほかが登場した。  ソビエトと思われる独裁国家の精神 … 続きを読む

広瀬すず「本当にうれしく、幸せに思います」 自分の顔がラッピングされた機体と対面

イベント2019年4月19日

 連続テレビ小説「なつぞら」特別塗装機お披露目会が19日、東京都内で行われ、同ドラマでヒロインの奥原なつを演じている女優の広瀬すずが出席した。  JALは、この日から「なつぞら」の特別塗装機(ボーイング737-800型機)を国内線に就航させ … 続きを読む

中田英寿「外国人の友達から評価が高い」 自身主催の“SAKE”イベントを開催

トレンド2019年4月19日

 「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2019」「ご当地キットカット ペアリングBAR」オープニングセレモニーが19日、東京都内で行われ、元サッカー日本代表の中田英寿氏が登場した。 続きを読む

崎山つばさ、舞台初主演で「テンション上がりすぎた」 ゲネプロで負傷アクシデント

舞台・ミュージカル2019年4月19日

 舞台「幕末太陽傳 外伝」の公開ゲネプロおよび囲み取材が18日、東京都内で行われ、出演者の崎山つばさ、入江甚儀、中野あいみ、武藤十夢、愛原実花、柳亭小痴楽ほかが出席した。  本作は、日活クラシック映画を代表する故・川島雄三監督の生誕百年記念 … 続きを読む

page top