生田斗真「広瀬すず史上、最強にかわいい」 初共演作を自信たっぷりにアピール

2017年9月26日 / 20:58

ヒロインの響を演じた広瀬すず

 映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』の完成披露イベントが26日、東京都内で行われ、出演者の生田斗真、広瀬すず、竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也、比嘉愛未、三木孝浩監督が登壇した。

 本作は、大ヒットコミック「先生!」を実写映画化。主人公の高校2年生・響(広瀬)は、ちょっと不器用でまだ恋を知らない17歳。そんな響が生まれて初めて恋をしたのは、口下手だけど生徒思いの世界史の教師・伊藤(生田)だった…。

 広瀬をエスコートしながらピンクカーペットを歩いた生田は「広瀬すず史上、最強にかわいい映画になっています」と自信たっぷりに宣言。「これは恐らく数年更新されることはないでしょう」とほほ笑むと「日本の男子諸君、覚悟して映画館に来るように」とアピールした。

 一方、広瀬も「本当に伊藤先生がかっこいいです。伊藤先生がいてくださったから、響を真っすぐに生きられたなと思う」と生田をべた褒め。これには生田も「今日は身内で褒め合っていこうというスタイルなんです」と照れ笑いを浮かべた。

 また本作で、(三木監督の)『僕等がいた』以来、5年ぶりに恋愛映画に出演した生田は、当時、三木監督から「10年後、30代になった時にまた生田斗真の映画を撮りたい」と言われていたと明かし、「意外とすぐにかなった。三木さんとの男の約束を果たせたという思いがある」としみじみとコメントした。

 実は「ここまで王道のズキュンとするラブストーリーは初めて」という広瀬も、「生田さんと監督の信頼関係がすごくて、この2人に付いていこうと思える現場でした。楽しかったです」と語った。

 2人が初めて会ったのは、それぞれ別の作品の撮影中だったという。生田は「僕は“某金髪の潜入捜査官”、(彼女は)“某チアリーディング”をやっている時。スタジオのメーク部屋でたまたま一緒になった」と回想。しかも当時、生田は「金髪でオールバックなのにモコモコのルームウエア」というコスプレ感満載のスタイルだったそうで「よく分からない出会い。ちょっと恥ずかしかった」と笑いながら明かした。

 広瀬も「これから伊藤先生(生田)がどんなふうに変わっていくのかな…?」とあまり本作のイメージが湧かなかった様子で、さらに2回目の出会いも「舞台を見に行かせてもらったのですが、バンパイア(役)だったので、そっちも何だかよく分からなくて…」と“コスプレ”続きの出会いに、苦笑いだった。

 映画は10月28日から新宿ピカデリーほか全国ロードショー。

(左から)健太郎、森川葵、広瀬すず、竜星涼、中村倫也


芸能ニュースNEWS

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

玉木宏、子どものため庭のプール環境を整備 見守り用にテントも設置し「完結させました」

映画2022年8月9日

 映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』大ヒット御礼舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、日本語吹き替えキャストの玉木宏と木村佳乃が登壇した。  スティーブン・スピルバーグ監督が製作総指揮を務めた本作は、約30年にわたり、恐竜と人類 … 続きを読む

「赤いナースコール」5話“恐怖の病院”の謎に考察多数 「“院長”鹿賀丈史に息子がいる?」「“老婆”藤夏子が母親?」

ドラマ2022年8月9日

 Sexy Zoneの佐藤勝利が主演するドラマ「赤いナースコール」(テレビ東京系)の第5話が、8日に放送された。  本作は、主人公の春野翔太朗(佐藤)が入院した病院で、奇妙な現象や連続殺人などの恐怖に見舞われる、“5分に1回の恐怖”をテーマ … 続きを読む

「競争の番人」“六角”加藤清史郎の決意に「カッコいい」 アレス電機編が解決「仲間との絆は大事だと思った」

ドラマ2022年8月9日

 坂口健太郎と杏がW主演するドラマ「競争の番人」(フジテレビ系)の第5話が、8日に放送された。  本作は、“公正取引委員会”を舞台に、天才で理屈っぽくひねくれ者の小勝負勉(坂口)と、実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓(杏)がバディを組 … 続きを読む

竹内涼真、初共演の横浜流星と「仲良くなれた」 「現場で互いのダサい部分をさらけ出す」

映画2022年8月9日

 映画『アキラとあきら』完成披露舞台あいさつが8日、東京都内で行われ、出演者の竹内涼真、横浜流星、高橋海人(King & Prince)、石丸幹二、ユースケ・サンタマリア、江口洋介と三木孝浩監督が登壇した。  池井戸潤氏の同名小説を … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top