野村周平「何か嗅覚が働くんですよ」 “いざこざ回避能力”を語るも共演者は反論

2017年3月25日 / 14:51

主演の野村周平

 映画『サクラダリセット 前篇』の公開初日舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の野村周平、黒島結菜、平祐奈、健太郎、玉城ティナ、恒松祐里と深川栄洋監督が出席した。

 本作は、さまざまな能力を持った人々が暮らす咲良田という街を舞台に、取り戻せない過去の再生を願いながら未来へと向かっていく少年と少女を描いた青春ミステリー。

 驚異的な記憶保持の能力を持つ高校生浅井ケイを演じた野村は「ずっと宣伝してきたので、今日が初日という実感が湧かないというか…。僕たちは(作品を)送り出したらもう編集も何もできない。これで勝負しなきゃいけないので、口コミとつぶやき、皆さんよろしくお願いします」と観客にアピールした。

 また、撮影中の“忘れられないこと”を尋ねられた健太郎は「いい意味でも悪い意味でも、野村くんからのイジりというか、いじめ…。時にそれがいい意味合いだったりするけれど、基本それがつらかった」と苦笑交じりに告白した。

 この日も、登壇する前にずっと「おまえ、何か取り返しのつかないことをやれよ」とあおられていたそうで「意味が分からない」とボヤいた。

 さらに“自身の特殊能力”として「どこでも寝られる能力」を挙げた健太郎。平から「今ここで寝てみて」とむちゃ振りされるも「布団を敷いてもらえれば寝られます」と豪語した。

 しかし野村から「おまえ、布団敷くスペース要るやないかい。どこでもちゃうやないかい」と関西弁で突っ掛かられ、「ここの場合は必要です」とタジタジの様子だった。

 その野村は自身の特殊能力として「この人仲良くなれるな…とか、この人には近づいちゃいけないな…とかが分かります」と回答。

 つまりは「運がいい」とし「運も能力のうちでしょ? いろいろ、いざこざとかに巻き込まれない能力。いざこざの起こる前に帰っていたり、その(危険な)人を見分けて普段の感じで(自分から)近づいてはいなかったり、なんか嗅覚が働くんですよ」と自己分析した。

 これに対して健太郎が「自分でいざこざをブワァーッて起こして、いなくなるからそうなっているだけ」と異を唱えると、平も「絶対そうだよ」と指摘。周囲の思わぬ反論に野村も「(俺が)嵐の中心だったわけね」と苦笑していた。

(左から)深川栄洋監督、玉城ティナ、平祐奈、野村周平、黒島結菜、健太郎、恒松祐里

(左から)深川栄洋監督、玉城ティナ、平祐奈、野村周平、黒島結菜、健太郎、恒松祐里


芸能ニュースNEWS

妻夫木聡、当選金の10億円で「家を建てたい」 今年の漢字1文字は「耐」

CM2020年11月24日

 「年末ジャンボ宝くじ」「年末ジャンボミニ」発売記念イベントが24日、東京都内で行われ、CMキャラクターを務める妻夫木聡、吉岡里帆、成田凌、矢本悠馬、今田美桜が出席した。  1等・前後賞合わせて10億円と超豪華賞金が魅力の「年末ジャンボ宝く … 続きを読む

「監察医 朝顔」“桑原”風間俊介の不倫疑惑に衝撃 ともさかりえが新キャストで登場

ドラマ2020年11月24日

 上野樹里が主演するドラマ「監察医 朝顔(第2シーズン)」(フジテレビ系)の第4話が、23日に放送された。  本作は、法医学者の朝顔(上野)と刑事の父(時任三郎)の姿を描くヒューマンドラマ。今回は、マンションの一室で遺体となって発見された若 … 続きを読む

玉木宏主演の「極主夫道」第7話 「龍と酒井の本気のネオポリスガールに爆笑」

ドラマ2020年11月23日

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第7話が、22日に放送された。  本作は、裏社会に数々の伝説を残した元極道の龍(玉木)が“専業主夫”となり、愛する家族や町のために奮闘する姿を描く任侠コメディー。  今回は、妻・ … 続きを読む

「危険なビーナス」視聴者の犯人予想が加速 麻生祐未に「悪役をやらせたらピカイチ」の声も

ドラマ2020年11月23日

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「危険なビーナス」(TBS系)の第7話が、22日に放送された。  今回は、伯朗(妻夫木)の父・手島一清(R‐指定)と母・禎子(斉藤由貴)の過去、そして佐代(麻生祐未)との関係が明らかになった。 … 続きを読む

水川あさみ「自分は突っ込みのつもりで…」 関西弁で傷つけた過去を告白

映画2020年11月20日

 映画『滑走路』初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の水川あさみ、浅香航大、寄川歌太と大庭功睦監督が登壇した。  本作は、32歳の若さで命を絶った歌人・萩原慎一郎のベストセラー歌集を映画化。非正規、いじめ、過労、自死…。現代を … 続きを読む

page top