マーゴット・ロビー」に関連する件の記事

【インタビュー】映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』マーゴット・ロビー「ハーレイの、ハチャメチャだけど実はいいことと悪いことの区別をちゃんと持っているところに引かれます」

インタビュー2020年3月18日

 『スーサイド・スクワッド』(16)のジョーカーの恋人ハーレイ・クインが、彼と別れて独り立ち。モラルのない暴れ方で、ゴッサムシティの悪党たちから次々と恨みを買う。そんな中、ハーレイは謎のダイヤを盗んだ少女を守るため、くせ者だらけの女性たちとチームを結成し、・・・続きを読む

【独占ニュース】『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』 ユアン・マクレガー「こんなに興味深い映画に参加したことはなかった」

コラム2020年3月16日

 『スーサイド・スクワッド』のジョーカーの恋人ハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)が、彼と別れて独り立ち。モラルのない暴れ方で、ゴッサムシティの悪党たちから次々と恨みを買う。そんな中、ハーレイは謎のダイヤを盗んだ少女を守るため、くせ者だらけの女性たちと・・・続きを読む

ゆきぽよ「今年絶対にはやる」 花澤香菜と“悪カワ”なコスプレで登場

TOPICS2020年3月5日

 映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』公開記念トークイベントが5日、東京都内で行われ、モデルでタレントの木村有希(ゆきぽよ)と、声優の花澤香菜が出席した。  『スーサイド・スクワッド』に登場する悪のカリスマ・ジョーカーの恋人“・・・続きを読む

【映画コラム】テレビ局内のセクハラ騒動を描いた『スキャンダル』

ほぼ週刊映画コラム2020年2月20日

 2016年、大統領選のさなかに、有力放送局FOXニュースから解雇されたグレッチェン・カールソン(ニコール・キッドマン)が、同局のCEOロジャー・エイルズ(ジョン・リスゴー)をセクハラの罪で告発した。この件に、売れっ子キャスターのメーガン・ケリー(シャーリー・・・続きを読む

【映画コラム】「2019年映画ベスト10」 洋画はまずまず、邦画はいまひとつ

ほぼ週刊映画コラム2019年12月31日

 今年も当コラムでさまざまな映画を取り上げてきた。その中から年末恒例のベスト10を選んでみた。 1.80歳を過ぎてイーストウッドが手にしたユーモアと余裕『運び屋』 2.異なる世界に住む2人の変化と理解、救済を描いた『グリーンブック』 3.タランティー・・・続きを読む

【映画コラム】タランティーノのハリウッドへの偏愛に満ちた『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

ほぼ週刊映画コラム2019年8月27日

 クエンティン・タランティーノ監督が虚実を入り乱れさせながら1969年のハリウッドを描いた『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が8月30日から公開される。  本作は、もし、1969年のロサンゼルス(ハリウッド)に、落ち目のテレビ西部劇スターのリッ・・・続きを読む

『スーサイド・スクワッド』ハーレイ役マーゴット・ロビーにインタビュー 「彼女には良心があるわ」

音楽ニュース2016年9月7日

 政府からの要請で強制的に世界を救うはめになった悪党たち“スーサイド・スクワッド”の活躍を描き、全米興収3週連続No.1を記録した『スーサイド・スクワッド』が、ついに9月10日より日本で公開される。8月下旬、本作プロモーションが最後となった日本にウィル・スミスや福原・・・続きを読む

ウィル・スミス、13回目の来日にファン熱狂! 斬新な“エスカレーター”演出にウィル感激!

TOPICS2016年8月25日

 映画『スーサイド・スクワッド』のジャパンプレミアが25日、東京都内で行われ、来日中のウィル・スミス、マーゴット・ロビー、福原かれんが登壇した。 長いエスカレーターを下り、約200人のファンが集うレッド・カーペットに降り立ったウィルは、サインや握手、記念・・・続きを読む

【映画コラム】 鮮やかにだまされる快感が味わえる『フォーカス』

ほぼ週刊映画コラム2015年5月2日

 ウィル・スミスが、口八丁手八丁の天才詐欺師に扮(ふん)した『フォーカス』が5月1日から公開された。  ニッキー(スミス)は、巧みな話術と手さばき、そして人間行動学に基づいた技能を駆使して人を欺く超一流の詐欺師。仲間を集めて大規模なコンゲーム(信用詐欺・・・続きを読む

  • 1

アクセスランキング RANKING

page top