【インタビュー】映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』マーゴット・ロビー「ハーレイの、ハチャメチャだけど実はいいことと悪いことの区別をちゃんと持っているところに引かれます」

2020年3月18日 / 10:01

 『スーサイド・スクワッド』(16)のジョーカーの恋人ハーレイ・クインが、彼と別れて独り立ち。モラルのない暴れ方で、ゴッサムシティの悪党たちから次々と恨みを買う。そんな中、ハーレイは謎のダイヤを盗んだ少女を守るため、くせ者だらけの女性たちとチームを結成し、悪の親玉ブラックマスク(ユアン・マクレガー)と全面対決をすることになる。“悪カワ”のヒロインが大活躍する映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』が、3月20日から全国ロードショー公開される。『スーサイド・スクワッド』に続いてハーレイを演じたマーゴット・ロビーに、キャラクターへの思いや、映画の舞台裏について聞いた。

マーゴット・ロビー (c)KaoriSuzuki

-本作では『スーサイド・スクワッド』とは、またひと味違ったハーレイが見られました。

  演じるたびに違うハーレイなのが、彼女を演じる醍醐味(だいごみ)です。ハーレイはいろいろな面を持ったキャラクターなので、それぞれの監督が彼女のどこに目をつけるかで、全く違う面白さが引き出されるんです。今回のキャシー・ヤン監督は、ハーレイの弱い部分や感じやすい部分、いいことを理解できる部分や優しい部分に引かれたのだと思います。だからハーレイは、カサンドラ・ケインが演じた女の子を救ったのです。でも、それはハーレイにとっては、とても居心地が悪い状態なんです。なぜなら、自分の中にある、感じやすく優しい部分を知ってしまったら、思い切り悪事をすることができなくなるからです。

-今回は製作も兼ねていますが、『スーサイド・スクワッド』に続いて、ハーレイを演じたいと思った理由を教えてください。また、ハーレイのどんなところに引かれますか。

 アクターとしては、ハーレイを演じるのは最高に楽しいので、またハーレイを演じたいという思いがありました。彼女の、ハチャメチャだけど実はいいことと悪いことの区別をちゃんと持っているところに引かれます。一方、プロデューサーとしては、今の男性優位の映画業界の状況を是正する一歩に関わりたいという思いがありました。

 例えば、この映画のような、女性のアンサンブルによるアクション映画は、キャメロン・ディアスたちの『チャーリーズ・エンジェル』(00)以来ではないでしょうか。女性のアンサンブルで痛快に悪をやっつけるというストーリーはほとんどないと思います。だから、女性たちが悪を負かすのを見るのは同性としては気持ちがいい。痛快なガールズアクションは見ている人の気分を高揚させてくれると思います。

 私が子どもの頃は、女性だけのアクション映画はほとんどありませんでした。だから、アンサンブルキャストではありませんでしたが、女性ヒーローが活躍する『ワンダーウーマン』(17)を見て映画館から出てきたときは、すっきりして気分がよかったです。自分がとても強くて大きくなったような感じがしました。だから、この映画を見た人たちが、そんなフィーリングを感じてくれたらありがたいと思います。私が感じた「ワオー、強くて大きくなった」というような感覚を体験してほしいと思います。

-このところ『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』と『スキャンダル』、そして本作と、全く違うキャラクターを演じていますが、役柄を演じ分けるコツはありますか。

 実は、1~2カ月の間、この映画のハーレイと『スキャンダル』のケイラの間を行ったり来たりしていたことがありましたが、それはかなりクレージーな体験でした(笑)。『スキャンダル』のケイラを1日中楽しく演じた後、オフィスに戻ってハーレイの準備と役作りをしたのです。

 一方、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のシャロン・テートは、他の役とオーバーラップさせることは極力避けました。シャロンには、軽い雰囲気を出すことが必要だったからです。とても性格がよくて汚れがなくて、空気よりも軽い感じがするのがシャロン。だから、ハーレイの暗さや重さ、悪の部分が、少しでもシャロンに影響を与えたら大変なので、シャロンにハーレイは近づけないようにしました。

 また、ケイラにも結構重いところあったので、これもシャロンとは重ならないように気を付けました。シャロンはシャロンだけで演じないとうまくいかないと感じていました。ケイラとハーレイは違うキャラクターですが、両立できると思いました。この三つの全く違う役ができたのは、女優としては夢のような出来事でした。クレージーな何カ月間だったけれど、とてもやりがいのある時間でした。『大当たり!』っていう感じかな(笑)。

 シャロンは別として、ケイラとハーレイを並行して演じることができたのは、ハーレイのメーキャップをし、コスチュームをつけると、即座にハーレイになれるマジックがあったからです。ハーレイはハチャメチャだから、楽しく演じられるし、いい発散材料にもなりますが、とても疲れるキャラクターでもあります。ただ、ハーレイの場合、彼女のイライラや確執は表に出せるものなので、やりやすいところもあります。内に秘めた確執だと、もっと重い感じになるので。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

源頼朝、運命の第25回に込めた思い「厳かにみとるような回に」三谷幸喜(脚本)【「鎌倉殿の13人」インタビュー】

ドラマ2022年6月26日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。6月26日に放送された第25回「天が望んだ男」では、主人公・北条義時(小栗旬)の主君で、これまで物語をけん引してきた鎌倉幕府初代将軍・源頼朝(大泉洋)に死が迫る様子が描かれた。大きな節目を迎え … 続きを読む

お互いをリスペクトし合う関係が映画ヒットの鍵? オールCG初挑戦の内野聖陽が、映画撮影中に山田涼介に感じた座長としての意識の高さ【インタビュー】『鋼の錬金術師』

映画2022年6月26日

 錬金術が存在する架空の世界を舞台とした大人気ダーク・ファンタジー作品『鋼の錬金術師』。2017年にHey!Say!JUMPの山田涼介が主人公のエドワード・エルリックを演じ、話題になった実写映画が5年ぶりにスクリーンに帰ってきた。エドワード … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「鎌倉殿の13人」第24回「変わらぬ人」源範頼と大姫、2人の悲劇から考察したサブタイトルの意味

ドラマ2022年6月25日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。6月19日に放送された第24回「変わらぬ人」では、源頼朝(大泉洋)の弟・範頼(迫田孝也)と娘の大姫(南沙良)の死という一見、無関係な二つの悲劇が、三谷幸喜の巧みな脚本で一つのドラマにまとめ上げ … 続きを読む

横山だいすけ、歌のお兄さんを卒業後も「歌が好きで、子どもが好きだという思いは一生変わらない」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年6月25日

 NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」の第11代目歌のお兄さんを2017年まで務め、絶大な人気を誇った横山だいすけ。歌のお兄さんを卒業後は、数々のテレビ番組やミュージカルを中心に幅広い活動を続けている。7月25日から上演される、ミュージカ … 続きを読む

『神は見返りを求める』吉田恵輔監督「自分は何か欠けているものが好きなんだなと」映画界注目の監督がYouTuberの世界を描く異色のラブストーリーに込めた思い【インタビュー】

映画2022年6月23日

 底辺YouTuberのゆりちゃん(岸井ゆきの)と彼女を献身的に支える中年男性・田母神(ムロツヨシ)。信頼で結ばれていた2人の関係が、壮絶な愛憎劇に発展するさまをシニカルでポップなタッチでつづった『神は見返りを求める』が6月24日から公開さ … 続きを読む

amazon

page top