【映画コラム】女性のアンサンブルによるアクション映画の系譜に連なる『ガンパウダー・ミルクシェイク』

2022年3月17日 / 06:30

『ガンパウダー・ミルクシェイク』(3月18日公開)

 ネオンきらめくクライム・シティ。暗殺組織に所属するすご腕の殺し屋サム(カレン・ギラン)は、ターゲットの娘エミリー(クロエ・コールマン)をかくまったために組織を追われ、命を狙われることになる。

 サムは、かつて殺し屋だったマデリン(カーラ・グギーノ)、アナ・メイ(アンジェラ・バセット)、フローレンス(ミシェル・ヨー)が仕切る図書館に飛び込む。そこに行方不明だったサムの母スカーレット(レナ・ヘディ)も加わり、女たちはジェーン・オースティンやバージニア・ウルフの名を冠した武器を手に、組織との激しい戦いへと身を投じていく。

(C)2021 Studiocanal SAS All Rights Reserved.

 監督・脚本はイスラエル出身の鬼才ナボット・パプシャド。赤を基調にしたポップで独特な色遣いが印象に残る。

 また、子どもをかくまう殺し屋という設定は『グロリア』(80)や『レオン』(94)、ユーモアとバイオレンスを合体させたアクロバティックなアクションシーンは『キック・アス』(10)や『キングスマン』シリーズ、女性グループ中心のアクション映画としては『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』(20)、そのほか、『レザボア・ドッグス』(92)『キル・ビル』(03)をはじめとするクエンティン・タランティーノの映画や、マカロニウエスタンからの影響も感じさせる。音楽も『続・夕陽のガンマン』(66)のエンニオ・モリコーネ風だ。

 その中の、『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒~』公開時に、主演のマーゴット・ロビーにインタビューをした。

 そのとき彼女は、「例えば、『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒~』のような、女性のアンサンブルによるアクション映画は、キャメロン・ディアスたちの『チャーリーズ・エンジェル』(00)以来ではないでしょうか。女性のアンサンブルで、痛快に悪をやっつけるというストーリーはほとんどないと思います。だから、女性たちが悪を負かすのを見るのは同性としては気持ちがいい。痛快なガールズアクションは、見ている人の気分を高揚させてくれると思います」と語っていた。

 この映画もそうした系譜に連なるのだろう。

(田中雄二)


amazon

page top