【映画コラム】テレビ局内のセクハラ騒動を描いた『スキャンダル』

2020年2月20日 / 17:38

 2016年、大統領選のさなかに、有力放送局FOXニュースから解雇されたグレッチェン・カールソン(ニコール・キッドマン)が、同局のCEOロジャー・エイルズ(ジョン・リスゴー)をセクハラの罪で告発した。この件に、売れっ子キャスターのメーガン・ケリー(シャーリーズ・セロン)と、キャスターの座を狙う若手のケイラ(マーゴット・ロビー)は激しく動揺する。

(C)Lions Gate Entertainment Inc.

 秘密とうそ、野望と嫉妬が入り乱れるテレビ局を舞台にした映画には、『ネットワーク』(76)『ブロードキャスト・ニュース』(87)など、名作が多数あり、いかにもハリウッド好みの題材なのだが、本作は実際にあったスキャンダルを基に描いている。

 その点、脚本のチャールズ・ランドルフが『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(15)同様、雑多な人物が登場する実話を、フィクションや架空の人物(ケイラ)も交えて、巧みに整理してみせたと言えるだろう。

 ただ、まだ事件の記憶が生々しく、ほとんどの登場人物が健在な中で、こうした映画が現れてくることを、ハリウッドの底力の証という言い方もできるが、本作が製作された背景には、ハリウッドの大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインのセクハラ騒動の影響があることは明らかだ。だから本作に登場する女性たちは皆感情的で、いささか女性側の主張が強過ぎるのでは、と感じさせられるのは否めない。

 さて、本作は『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(17)でアカデミー賞のメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞した日本人のカズ・ヒロ(旧名:辻一弘)の特殊メークの力を借りて、セロンやキッドマン、そしてリスゴーが実在の人物に成り切っており、カズ・ヒロは再び同賞を受賞した。

 
  • 1
  • 2

page top