ベネディクト・カンバーバッチ」に関連する13件の記事

大泉洋「カンバーバッチさんの芝居じゃ泣けなかった」 「『グリンチ2』を作ってほしい」

TOPICS2018年12月14日

 映画『グリンチ』の初日舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、吹き替え声優を担当した大泉洋、杏、横溝菜帆、宮野真守が出席した。  本作は、『ミニオンズ』を生み出したイルミネーションの新作アニメーション。家族も友達もいない超ひねくれ者のグリンチの物語。 ・・・続きを読む

【インタビュー】「ミス・シャーロック」竹内結子「シャーロックは、鍵のかかった部屋がたくさんある謎の多い人」

インタビュー2018年4月27日

 世界一有名な探偵、シャーロック・ホームズ。これまで何度も映像化されてきたこの名作ミステリーが、現代の東京を舞台によみがえる。しかも、主人公のシャーロックは女性だ。コナン・ドイルの原作をリスペクトしつつ、大胆な新解釈を加えたこの作品に主演したのは竹内結子・・・続きを読む

【インタビュー】『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』アンソニー・ルッソ監督「今まで見たことがないアイアンマンやソーを楽しんでもらえると思います」

インタビュー2018年4月17日

 『アベンジャー』シリーズの最新作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が、いよいよ4月27日から公開される。今回は無限大の力を得ることができるインフィニティ・ストーンを狙う“最強の敵”ラスボス・サノスを倒すため、アベンジャーズが集結。人類の命運を懸けた・・・続きを読む

【インタビュー】「第89回アカデミー賞授賞式」斎藤工と板谷由夏が作戦会議!? レッドカーペット取材の秘策はピコ太郎?

インタビュー2017年2月23日

 WOWOWで2月27日(日本時間)に放送する「生中継!第89回アカデミー賞授賞式」で、レッドカーペット・レポーターとして現地に赴く女優の板谷由夏と、スタジオゲストとして参加する俳優の斎藤工。映画界最大の祭典で熱気を伝えるべくレッドカーペット取材に望む板・・・続きを読む

映画『ドクター・ストレンジ』大ヒット記念! オリジナルノートブックを3名様にプレゼント

音楽ニュース2017年2月13日

 マーベル・スタジオ最新作の映画『ドクター・ストレンジ』の大ヒットを記念して、オリジナルノートブックをBillboard JAPAN読者3名様にプレゼントする。  『アベンジャーズ』『アイアンマン』シリーズ等のヒット作品を次々に生み出し、『ハリー・ポッター』シリーズや『ス・・・続きを読む

『ドクター・ストレンジ』ベネディクト・カンバーバッチにインタビュー、最近好きな歌は「ケーキの歌」?! 

音楽ニュース2017年1月23日

 日本公開を1月27日に控える、マーベル・スタジオ最新作『ドクター・ストレンジ』で主人公スティーヴン・ストレンジ/ドクター・ストレンジを演じたベネディクト・カンバーバッチが、1月上旬、忙しいスケジュールの合間を縫って電話インタビューに応じてくれた。  英TVシリ・・・続きを読む

カンバーバッチから謙虚な“下から目線”メッセージ到着、上下180度回転の特別映像も公開

音楽ニュース2017年1月21日

 2017年1月27日より公開のマーベル・スタジオ最新作『ドクター・ストレンジ』で主人公ドクター・ストレンジを演じたベネディクト・カンバーバッチから日本のファンにメッセージが届いた。  公開まであと1週間と迫った本作で、プライドが高く、上から目線の天才外科医ドクタ・・・続きを読む

俳優ベネディクト・カンバーバッチがD・ギルモア公演でピンク・フロイドを歌う

音楽ニュース2016年9月30日

 映画『ドクター・ストレンジ』(来年日本公開予定)ではスーパーヒーローを、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』では宇宙の悪党を、『フィフス・エステート/世界から狙われた男』では国際的な一匹狼を、そして『SHERLOCK/シャーロック』では希代の名探偵を演じて・・・続きを読む

【映画コラム】単なる昔話では終わらない『イミテーション・ゲーム~』と『博士と彼女のセオリー』

ほぼ週刊映画コラム2015年3月14日

 実話を基に映画化し、今年のアカデミー賞を争った『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』と『博士と彼女のセオリー』が、共に13日から公開された。  『イミテーション・ゲーム~』は、第二次大戦時、解読不可能とされたドイツ軍の暗号“エニグマ”に挑・・・続きを読む

【映画コラム】アカデミー賞に見る“実話映画”の流行について

ほぼ週刊映画コラム2015年2月28日

 23日(現地時間22日)に行われた「第87回アカデミー賞授賞式」では、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』が作品賞のほか、監督賞(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ)、脚本賞、撮影賞を受賞した。  だが興味深かったのは、今年も候補作の・・・続きを読む

【映画コラム】自由を奪われた者の壮絶な体験を描いた『それでも夜は明ける』

ほぼ週刊映画コラム2014年3月8日

 1841年、ニューヨーク在住のバイオリン奏者で“自由黒人”のソロモン(キウェテル・イジョフォー)は、演奏旅行の帰途にワシントンで誘拐され、奴隷商人を介して南部の農園に売られてしまう。  農園主たちから差別や虐待を受けながら生き抜いたソロモンの12年間の苦闘を・・・続きを読む

【映画コラム】 『パシフィック・リム』から『マン・オブ・スティール』まで。3D映画、真夏の大逆襲!?

ほぼ週刊映画コラム2013年8月10日

 2009年に公開された『アバター』の成功を機に、映画界を席巻した3D(立体)映画。新たな金の鉱脈発見かと騒がれたが、“猫もしゃくしも3Dで”という粗製乱造が災いし、ブームもすっかり下火になった感があった。ところが、猛暑が続く8月の日本で、3D大作が次々と公・・・続きを読む

B・カンバーバッチが宇宙から登場!? 『スター・トレック~』宇宙船内LIVE会見 

ニュース2013年7月16日

 映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』の宇宙船内LIVE記者会見が16日、東京都内で行われ、出演者のベネディクト・カンバーバッチが登場した。 本作は、世界的な大ヒットを記録した『スター・トレック』の続編。現在“英国の至宝”とうたわれるほどの人気を・・・続きを読む

  • 1

アクセスランキング RANKING

page top