西田敏行「ライバルは役所広司と村上虹郎」 4度目の優秀助演男優賞で「最優秀、取りたい」

2018年1月15日 / 15:08

「第41回 日本アカデミー賞」授賞式の司会を務める西田敏行(左)と宮沢りえ

 「第41回 日本アカデミー賞」優秀賞発表記者会見が15日、東京都内で行われ、3月2日の授賞式で司会を務める俳優の西田敏行と女優の宮沢りえが会見した。

 5年連続8度目の司会となる西田は『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で優秀助演男優賞も受賞した。こちらも4度目の受賞となったが「最優秀賞、取りたいなあ。今年こそ、期待を胸に、頑張って司会をしたい」と声を弾ませた。

 西田は、『関ヶ原』と『三度目の殺人』でダブル受賞した役所広司と、『武曲 MUKOKU』の村上虹郎をライバルに挙げ、「役所くんは2作品だから迫ってくるんだろうなあ。私がどれだけの脚力でいけるか。虹郎くんも若いのに手ごわいかな」と分析した。

 そして「あとは大丈夫っすね」と、『家族はつらいよ2』の西村雅彦と『探偵はBARにいる3』の松田龍平は眼中にないことを強調し、笑いを誘った。

 一方、前年『湯を沸かすほどの熱い愛』で最優秀主演女優賞に輝いた宮沢は、2年ぶり3度目となる司会の大役に「華やかで特別な1日になると思う。緊張と喜びがあるが、現場に携わっている人間だからこそ分かる、受賞者の方の苦労や喜びの言葉を引き出したい」と意欲を見せた。

 宮沢は、29年前には新人俳優賞を受賞しており「仲の良い後藤久美子ちゃんと一緒で、おそろいの衣装を決めて2人で買いに行きました。でも、授賞式では頭が真っ白で何を言ったか全く覚えていません」と照れながら振り返った。

 なお、優秀作品賞は『君の膵臓をたべたい』、『三度目の殺人』、『関ヶ原』、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』、『花戦さ』の5作品が選ばれた。また、最多受賞は『三度目の殺人』で、10部門10受賞だった。


芸能ニュースNEWS

浜辺美波“学生たちの青春写真”に涙 「もっと楽しんでおけばよかった」

映画2020年8月14日

 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』初日舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二と三木孝浩監督が出席した。  本作は、男女4人の高校生の恋愛模様を描いた青春ラブストーリー。  劇中に登場する夏祭 … 続きを読む

石原さとみ主演「アンサング・シンデレラ」 がん患者と家族の物語に「涙腺やられた」

ドラマ2020年8月14日

 石原さとみが主演するドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)の5話が、13日に放送された。本作は、患者のために奮闘する総合病院の薬剤師の活躍を描く。  今回は、主人公の葵みどり(石原)が見守るがん患者とその家族 … 続きを読む

長澤まさみ「まさか。本当にうれしい」 映画『コンフィデンスマンJP』第3弾製作決定

映画2020年8月14日

 映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』大ヒット御礼舞台あいさつが13日、東京都内で行われ、出演者の長澤まさみ、東出昌大、小手伸也、関水渚、ジャッキーちゃんと田中亮監督が登壇。小日向文世はリモートで出演した。  本作は、コンフィデンス … 続きを読む

観月ありさ、ヤンキーに絡まれた中学時代を回顧 「『おまえ、放課後に時計台に来いよ』とか…」

テレビ2020年8月13日

 女優の観月ありさ、鈴木蘭々が12日に放送されたバラエティー番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に出演。「〇〇な練馬女」をテーマにトークを展開した。  練馬区の大泉学園に住んでいたという観月は、中学時代を振り返り、「ヤンキーが多かっ … 続きを読む

浜辺美波&横浜流星「私たちはどうかしている」スタート 「美男美女過ぎて破壊力がエグい」

ドラマ2020年8月13日

 浜辺美波と横浜流星のW主演ドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系)の初回が、12日に放送された。  本作は、15年前に老舗和菓子屋・光月庵の若旦那が殺害された事件を巡り、憎み合うようになった七桜(浜辺)と椿(横浜)が、過酷な運命に … 続きを読む

page top