溝端淳平「『うる星やつら』のラムちゃんと戦いたい」 原幹恵「男になったら女の子をナンパしたい」

2017年5月13日 / 19:00

(左から)山田裕貴、溝端淳平、原幹恵

 映画『破裏拳ポリマー』の公開初日舞台あいさつが13日、東京都内で行われ、出演者の溝端淳平、山田裕貴、原幹恵、柳ゆり菜、神保悟志、長谷川初範と坂本浩一監督が出席した。

 本作は、カンフーなどの格闘技の要素を大胆に取り入れたアクションと、その独特の存在感から“異端のヒーロー”として熱狂的なファンを獲得したテレビアニメ「破裏拳ポリマー」をタツノコプロ55周年記念作品として実写映画化したもの。

 この日、シースルーのセクシーな衣装で登場した原は、劇中のキーワードとなる「転身」にちなみ、「異性に転身した場合、まず何がしたい?」と尋ねられると「女の子をナンパしてみたい」と意外な願望を明かした。

 会場では、山田を女性役に“ナンパシーン”の実演も披露した原。改めて「(声を掛けるなら)真っすぐ言う。でも『デートしてください』とは言えないから、まずは『友達になってください』とやんわりとした言葉で言うかな…」と妄想を繰り広げた。

 これを聞いた溝端は「原さん自身も、こういうふうに男性から声を掛けられたい願望があるという解釈でよろしいですか?」と興奮気味に尋ねたが、原は「その解釈は違います」と苦笑いで否定した。

 続く柳は、同じお題に「パッと思い浮かんだのは匂いをかぎたい。男性になったら出す匂いも変わるので」と回答。原から「どこの匂い?」と聞かれた柳は「一番はこの鎖骨と谷間の三角形」と指で形を示しながら「個人的には、ここが一番フェロモンが出ている場所だと思うので、ここの匂いをかいで、自分が“いい男”なのかを確かめたい」と、珍回答で笑わせた。

 また、溝端と山田には「宇宙のヒーローに転身したら、どんな敵と戦いたい?」というお題が与えられた。山田は「近い公開で“宇宙のアライグマ”が暴れているので、あいつを倒しておけば『破裏拳ポリマー』が(興行収入)1位になれるかな」と『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』をライバル視したコメントを。

 一方、溝端は「なんやろうな。宇宙の敵といっても、エイリアンとか怖い敵は嫌なので、『うる星やつら』のラムちゃんとかがいい。電気ショックだったら耐えられそう。どうせやられるんだったら、あんなかわいい子がいい」とニヤケながら答えた。

(左から)神保悟志、柳ゆり菜、山田裕貴、溝端淳平、原幹恵、長谷川初範、坂本浩一監督

(左から)神保悟志、柳ゆり菜、山田裕貴、溝端淳平、原幹恵、長谷川初範、坂本浩一監督


芸能ニュースNEWS

浜辺美波「戻りたいのは平成時代」 「小学2年生の自分に食育したい」

2019年9月21日

 アニメ映画『HELLO WORLD』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、声優を務めた北村匠海、松坂桃李、浜辺美波、福原遥と伊藤智彦監督が登壇した。  本作は、ヒットメーカーの伊藤監督が新たに手掛けるSF青春ラブストーリー。  劇 … 続きを読む

吉岡里帆「見えない目撃者」に自信 ハワイ映画祭に出品「反応楽しみ」

映画2019年9月21日

 映画『見えない目撃者』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演の吉岡里帆、高杉真宙、浅香航大、田口トモロヲと森淳一監督が登壇した。  本作は、吉岡演じる視力を失った警察官が“目撃”した、連続猟奇殺人事件の謎に迫るR15指定(15 … 続きを読む

松本穂香、ふくだももこ監督と熱い抱擁 ふくだ監督「これからも、穂香ちゃんと一緒に映画を撮っていられるように」

映画2019年9月21日

 映画『おいしい家族』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の松本穂香、板尾創路、浜野謙太、笠松将、モトーラ世理奈、三河悠冴、柳俊太郎、ふくだももこ監督が登壇した。  本作では、都会の生活に疲れた主人公・橙花(松本)が、母の三 … 続きを読む

上白石萌音、フランス語で歌唱を披露し「ド緊張」 美術展の“音声ガイドナビゲーター”に就任

トレンド2019年9月20日

 「横浜美術館開館30周年記念 オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」の取材会が20日、神奈川県内で行われ、同展の音声ガイドナビゲーターを務める女優の上白石萌音が出席した。 続きを読む

中尾明慶、5歳息子から「パパすごい!」 「怪獣の番組の声、尊敬され鼻が高い」

アニメ2019年9月20日

 NHK Eテレミニアニメ「かいじゅうステップ ワンダバダ」の試写会が19日、東京都内で行われ、ナレーションを務めた中尾明慶、声優の久野美咲(ピグちゃん役)、福圓美里(カネちゃん役)、真堂圭(ダダちゃん役)と、キャラクターデザインを手掛けた … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top