溝端淳平、平祐奈とキスシーン? 「彼女のピュアさに随分助けられている」

2017年3月21日 / 16:09

恋模様も演じる平祐奈(左)と溝端淳平

 BS時代劇「立花登青春手控え2」の試写会が21日、東京都内で行われ、出演者の溝端淳平、平祐奈、宮崎美子、古谷一行が登壇した。

 本作の主人公は、正義感が強く、柔術の腕も抜群の若き牢医者・立花登(溝端)。一人前の医者になるために、叔父の小牧玄庵(古谷)を頼り秋田から出てきた登は、獄の内外で起こるさまざまな事件を、持ち前の正義感で解決していく。宮崎は玄庵の妻・松江を演じ、平はその娘で、登に思いを寄せるちえを演じる。

 パート2の放送開始について溝端は「本当にありがたい。京都のスタッフさんやキャストの方に久しぶりにお会いして、迎えてくれる空気がありながらも、“溝端はこの1年弱の間、どういうふうに生きてきたのか”と試されているような気もして、すごく緊張しながら撮影が始まったことを覚えています」とコメントした。

 溝端は「5話あたりで、照明技師の方に『なんかちょっと成長したな』と言われてすごくうれしかった記憶があります」とほほ笑み「僕はパート3もやる気満々。登の成長が自分の成長でもあると思っているので、皆さん、末永く応援してください」と意欲的に語った。

 パート1に続いて、ちえと登の恋の行方も気になるところ。溝端は「登は医者としては優秀ですが、女性に関しては子どもっぽいところがある」と分析した上で、2人のシーンでは「彼女の持っている明るさやピュアさに随分助けられている」と吐露。「年上の僕が言うのもなんですが、引っ張ってくれたなと。そういうシーンに関しては、平祐奈の真骨頂が出ていると思います」と褒めた。

 平も「ちえは前回は飲み歩いたりしていたけど、今回は落ち着いておうちのお手伝いをしていたりと成長している。登への思いも強くなっていると思う」とニッコリ。

 これを受けて溝端は「台本にあったシーンで、登とちえに関してはちょっと(関係が)深くなり過ぎているんじゃないか…?と、物議を醸した場面もあったんです。でもいざやってみると祐奈ちゃんがいるだけで全部がかわいらしくキュートになった。本当に助けられました」とエピソードを披露した。

 そんな2人を見守る玄庵役の古谷は「2人の関係もステージが上がりましたが…最後はキスしましたっけ?」とまさかの質問も。これに溝端が「一行さん。ネタバレになりますから」と慌てふためき「ドラマというのは順序がありまして…。どうなったかは乞うご期待ということで」と場を収めようとするも、古谷は「そこだけが気がかりでして。そういうシーンもあるそうですよ」とマイペースに語り、笑わせた。

 ドラマは、4月7日午後8時からNHKBSプレミアムで毎週金曜日に放送。

(左から)平祐奈、溝端淳平、宮崎美子、古谷一行

(左から)平祐奈、溝端淳平、宮崎美子、古谷一行


芸能ニュースNEWS

菅田将暉、松坂桃李との不思議な関係を語る 「他の先輩陣とは違う距離感」

ドラマ2019年5月20日

 ドラマ「パーフェクトワールド」のスペシャルナイトが20日、東京都内で行われ、出演者の松坂桃李、山本美月、瀬戸康史、中村ゆり、木村祐一、菅田将暉が出席した。  本作は、有賀リエ氏の同名コミックを実写ドラマ化。大学時代の事故で車いす生活を送る … 続きを読む

稲村亜美“自転車の魅力”をアピール 「自転車で海や川に行っています」

トレンド2019年5月20日

 「令和元年度 自転車活用推進功績者表彰式」が20日、東京都内で行われ、自転車アンバサダーを務めるタレントの稲村亜美が登場した。 続きを読む

永瀬廉、共演者に“褒め言葉”の復唱をおねだり 「ちょっと聞こえへんかったわ」

映画2019年5月18日

 映画『うちの執事が言うことには』の公開記念舞台あいさつが18日、東京都内で行われ、出演者でKing & Princeの永瀬廉と神宮寺勇太、清原翔、優希美青、神尾楓珠と久万真路監督が登壇した。  本作は、名門・烏丸家第27代当主となる主人公 … 続きを読む

長澤まさみ、小手伸也に“東宝シンデレラ”を譲る?! 小手「この1年で僕の生活が激変した」

映画2019年5月18日

 映画『コンフィデンスマンJP』の初日舞台あいさつが17日、東京都内で行われ、出演者の長澤まさみ、東出昌大、小日向文世、小手伸也、織田梨沙、竹内結子、三浦春馬、江口洋介、田中亮監督が登壇した。  本作は、昨年放送の“月9ドラマ”「コンフィデ … 続きを読む

松坂桃李「本当にうれしく思う」 『居眠り磐音』公開に安堵

映画2019年5月18日

 映画『居眠り磐音』の初日舞台あいさつが17日、東京都内で行われ、出演者の松坂桃李、木村文乃、芳根京子、柄本佑、本木克英監督ほかが登壇した。  本作は、佐伯泰英氏の人気シリーズ小説が原作で、松坂にとっては時代劇初主演映画となる。麻薬取締法違 … 続きを読む

page top