【花燃ゆインタビュー】井上真央「文がようやく自分の足で歩き始めます」 兄・吉田松陰の死後も波瀾万丈の人生を生きたヒロイン文役

2015年5月15日 / 16:37

 NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」の主人公で、兄の吉田松陰(伊勢谷友介)を信じ続け、松下村塾の塾生だった久坂玄瑞(東出昌大)の妻となった文を演じている井上真央。兄が処刑され、夫も命を落とす悲運に見舞われながらも、文は家族や塾生を支え、自らも奥女中となって毛利家に仕え、藩主の嫡男の守り役を務める。井上がドラマの中盤に向けての抱負を語る。

 

 ドラマの中盤に向けての抱負を語った文役の井上真央

ドラマの中盤に向けての抱負を語った文役の井上真央

-松陰処刑の前後で、文の気持ちはどのように変化していくのでしょうか。

  文が野山獄に入った兄に最後にできたことは、兄を日常に戻してあげることだけでした。その後、文が坂本龍馬さんに自分の思いを吐露するシーンがあるんですが、そこで心の中でもやもやしていた部分が晴れて、ようやく文は前を向けた気がします。兄の志は塾生が引き継いでいくんだというように考えて、前を向く姿が描かれていくと思います。

-文の成長をどのように感じていますか。

  前半は、女性は待っているとか、おにぎりを持っていってあげるとか、そういうことしかできないのが歯がゆくもありました。国を変えるのだと意気込んでいる塾生たちに、日常の幸せを気付かせてあげるような役割しかできないものなのかとも思ったりもしました。でも徐々に女性なりの戦い方というものが増えていく中で、ようやく文が自分の足で歩いていく部分が出始めてきたところです。女性としての成長を感じます。

 -撮影現場や周りの雰囲気はいかがですか。

  家に帰ってもんもんと考えたり、台本とにらめっこをしたりすることもあります。でも現場へ行くと、そういうことも忘れて、いいものを作らなきゃと思えるし、楽しいと思わせてくれる現場なのでありがたいです。

 -女台場(外国船の砲撃に備えて長州藩士の妻らが築いた土塁)のシーンなど、女性だけのシーンも増えてきましたね。

  ええ、とてもいいですよね。男性が多い撮影だと「この役は史実ではこうだった」とか「筋肉のつけ方はどうする」とか、そんなことが話題なので、私が話に入っていけないことがあるんです(笑)。女性の間では足袋靴下がはやっていて、みんな気付いたら色違いのおそろいの足袋靴下を履いていたこともあったりして、とても楽しいんですよ。

-文はこれから奥御殿に入りますね。どんな心境ですか。

  杉家とは装いも違いますし、奥御殿には階級や激しい女の戦いもあります。まるで違う現場のようなので、どんなバトルをするのかちょっとドキドキしますね(笑)。

-文の生涯についてどう思いますか。

  出会った人たちが次々と亡くなり、旦那さまもいなくて、女の城に入り、そして夫の血を継ぐ子どもが現れたかと思えば、義兄と再婚と、本当に波瀾(はらん)万丈なんです。でも文は人と出会うことでいろんなことを吸収して成長していった人なのだと思います。

-井上さんご自身は文のどこが好きですか。

 相手を信じ切るのはすごく勇気や覚悟の要ること。その点、文の愛する人を信じる気持ちの強さはやはりすごいなと思います。

-頑張りを支えてくれるものは?

  例えば人で傷つくことはありますが、救ってくれるのも人。人の言葉や共演者の花燃ゆへの思いを聞くと救われますし頑張れます。めげてはいられないなと。甘い物には毎日頼っていますけど(笑)

-今後の「花燃ゆ」を主役としてどう考えていますか。

  なぜ文という無名の人を主人公にしたのか。ここから意味が出てくると思います。時代に翻弄(ほんろう)されながらも生き抜く強さが、「花燃ゆ」を見ている人たちへの勇気や励ましにつながればうれしいです。いろんな人の死があって、悲しいシーンが続きますが、それは避けられないこと。やるからには希望をちゃんと描いていきたいですし、吉田松陰の魂を引き継いで生きていくたくましさや強さを視聴者の方へ伝えたいですね。いろんな人の思いを背負って毛利家の奥御殿へあがりますが、その文の生き方は、通常の幕末物にはないものが描かれていくと思います。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『ラプラスの魔女』三池崇史監督 “バイオレンス監督”の称号に疑問…それでもバイオレンスを撮る理由とは?

映画2018年11月13日

 ベストセラー作家・東野圭吾の同名小説を、嵐の櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰ら豪華キャストで実写映画化した映画『ラプラスの魔女』のBlu-ray&DVDが11月14日にリリースされる。本作を手掛けたのは“バイオレンス映画の巨匠”三池崇史監督。劇 … 続きを読む

「若い頃の伊藤博文の写真が僕に似ていたので、自信が付きました」浜野謙太(伊藤博文)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月12日

 岩倉使節団の一員として欧米視察に出ていた大久保利通(瑛太)が帰国。朝鮮との外交問題を巡り、西郷隆盛(鈴木亮平)率いる留守政府組との対立が表面化する。そんな状況下、政府内に居場所を失った大久保に接近したのが元長州藩士たち。その中には、後の初 … 続きを読む

「長所も短所も、江藤と僕はものすごく似ています」迫田孝也(江藤新平)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月11日

 西郷隆盛(鈴木亮平)、大久保利通(瑛太)らを筆頭に、維新に功績のあった薩長土肥の旧藩士たちが中核を占める明治新政府。その中で、元佐賀藩士として活躍するのが、「維新の十傑」「佐賀の七賢人」にも挙げられた江藤新平だ。西郷と共に、欧米視察に出た … 続きを読む

【映画コラム】本物の4人がそこに映っているかのような錯覚に陥る『ボヘミアン・ラプソディ』

映画2018年11月10日

 1970年のメンバー同士の出会いから85年のライブエイドでのパフォーマンスまで、ロックバンド・クイーンの紆余(うよ)曲折の軌跡を、リードボーカルのフレディ・マーキュリーの屈折と葛藤を中心に描く『ボヘミアン・ラプソディ』が公開された。監督は … 続きを読む

【インタビュー】『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』矢野聖人 舞台「身毒丸」から8年…イメージを覆す好青年役に自信

映画2018年11月9日

 和歌山県に実在する「くじらの博物館」を舞台に、クジラと人間との交流を描いた映画『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』で、主人公の鯨井太一役を演じた矢野聖人。舞台「身毒丸」(11)で注目を浴びるも、その後はけがをしたこともあって伸び … 続きを読む

page top