【花燃ゆインタビュー】高良健吾 「高杉は繊細で優しいけど、思い切りぶっ飛ぶ力もある人」 奇兵隊を組織して活躍した高杉晋作役

2015年3月3日 / 17:45

 NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」で、師の吉田松陰(伊勢谷友介)から久坂玄瑞(東出昌大)と共に最も期待された高杉晋作を演じている高良健吾。松陰の死後、上海で欧米列強にむしばまれる中国の現状を目にし、帰国後、過激な尊王攘夷運動を展開する。映画を中心に難役に挑む高良が、幕末の男たちのゆるぎない思いと松陰との日々を語る。

 

高杉晋作役の高良健吾

-役作りはどのようにしましたか。

 とにかく資料を読みました。皆さんがよく知っているのは事を成し遂げた後の高杉かと思いますが、僕が演じるのは塾に入る前からの高杉。最初から高杉晋作は高杉晋作ではなかったんです。

-高良さんならではの高杉をどのように演じようと思っていますか。

 すごく繊細で優しい人でもあるのですが、思い切りぶっ飛ぶ力もある人。ただかっこいいだけではなく、ダサいところもある。みんなが動いているときに動けない高杉もいた。コンプレックスやいろいろと胸の中に秘めたものを、表現できたらと思います。

-松陰は高杉をどう見ていたのでしょうか。

 「少し頭が固いがそれがいい」と松陰先生は言っています。松陰先生と出会ったころの高杉は自分からあふれ出てくるものをどうしていいか分からなかったんでしょうね。

 -高杉の運命についてどう思いますか。

 病死なので、戦って死ねなかったことは悔しかったでしょうね。でもそれよりももっと悔しいのは変わった世界を見られなかったことでしょう。

-同世代の共演者がたくさんいますね。

  新鮮だし、同年代が多くいるだけで(気持ちが)上がりますね。井上(真央)さんは同年代でありながら中心にいるし、ずいぶん以前に出会っていた(仲の良い)東出(昌大)もいます。彼が高杉とライバル関係にある久坂役というのも、きっと何かの縁ですね。

-主演の井上真央さんはいかがですか。

 尊敬するほかないです。真央さんはみんなが言いづらいことを表に立ってまず言ってくれる。先頭を切ってみんなを連れていくというのではなくて、いつの間にかみんなの真ん中にいて、みんながその渦に巻き込まれていくという感じです。

-高良さんの役者人生の中で、今回の高杉晋作役をどう考えていますか。

 20代前半は勢いだけでできる役が多かったけれど、27歳になって感じるのは、心身からあふれてくるものだけではなく、それをちゃんと言葉や感情にして(明確に)意識し、ちゃんと体の中に流していくことが必要なんだと思います。声を張り上げて暴れていれば傍若無人な演技にはなりますが、それだけでは表現したくない。静かな時でも心の中から煮えたぎる何かが出ていればいいわけですから。

-長州弁はどうでした。

 イントネーションで困ったことはないです。それに長州弁はすごく優しい。特に(松陰の母役の)檀ふみさんの「せわーない(大丈夫)」には浄化されますね(笑)。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】ドラマ「FAKE MOTION-たったひとつの願い-」板垣瑞生 単独初主演ドラマで見せる、エモ度100パーセントの「芝居のぶつかり合い」

ドラマ2021年1月27日

 「恵比寿学園男子部(EBiDAN)」とマルチクリエーター「まふまふ」、漫画家「おげれつたなか」という布陣で2020年に始動した総合エンターテインメントプロジェクト「FAKE MOTION」。これまでにドラマ「FAKE MOTION-卓球の … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十二回「離れゆく心」光秀と信長の運命やいかに? 残り2回でさらに膨らむ本能寺の変への期待と止まらない妄想

ドラマ2021年1月26日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。放送は残り2回となり、最終回で描かれると公表されている本能寺の変に向け、いよいよ準備が整ってきた。現在、番組公式サイトで公開されている次回予告には、「ときは今あめが下知る五月かな」という、明智 … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「ウェイトレス」宮野真守 舞台では「見た目でもどれだけその人物をかたどれるか」を意識

舞台・ミュージカル2021年1月26日

 映画『ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた』をベースに制作された、ブロードウェーミュージカル「ウェイトレス」が、高畑充希の主演で3月9日から上演される。本作は、グラミー賞にノミネート歴があり、楽曲を手掛けたサラ・バレリスをはじめ、脚本、 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「喜劇 お染与太郎珍道中」八嶋智人 演劇は「人間らしく生きるために必要」

舞台・ミュージカル2021年1月26日

 渡辺えりと八嶋智人が喜劇で初共演する「喜劇 お染与太郎珍道中」2月1日から都内の新橋演舞場で上演される。本作は、作家の小野田勇が喜劇俳優・三木のり平とタッグを組み、落語や歌舞伎のエピソードを加えて作り上げた作品。江戸の街を舞台に、米問屋の … 続きを読む

【インタビュー】映画『ヤクザと家族 The Family』藤井道人監督「綾野剛さんと話したこと、一つ一つの中にヒントがあった」気鋭の映画監督が30代の今、思うことは

映画2021年1月26日

 綾野剛、舘ひろしら、豪華キャストが集結した『ヤクザと家族 The Family』が1月29日から全国公開となる。本作は、やくざの世界に足を踏み入れた山本賢治の波乱の生きざまを、1999年から2019年にわたる日本の世相を背景に描いた骨太な … 続きを読む

page top