【花燃ゆインタビュー】劇団ひとり 「一芸人が初代総理を演じていいのかとずいぶん悩みました」 松下村塾出身で、後に日本初の総理大臣になった伊藤利助(博文)役

2015年3月7日 / 08:54

 NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」で、貧しい農家の生まれながらも松下村塾で吉田松陰(伊勢谷友介)に師事し、明治維新後、日本初の総理大臣となった伊藤利助(後の博文)を演じている劇団ひとり。お笑い芸人だけでなく俳優としても活躍の場を広げ、発表した小説も話題を呼ぶなどマルチな才能を見せる劇団ひとりが、演技プランなどを語った。

 

伊藤利助(博文)役の劇団ひとり

-初登場シーンの撮影はいかがでしたか。

  率直に言って、おいしい登場シーンでした。派手でコミカルな、熱のあるシーンだったと思います。僕はせりふがあったんですけど、興奮のあまり大きなよだれが出てしまって、NGだと思っていたら、監督はOKをくれました(笑)。僕のパブリックイメージとそんなに懸け離れていないので、視聴者の方も違和感なく見られると思います。

-初めての大河ドラマですが。

 お話を頂いたときは正直ずいぶん悩みました。一芸人が初代総理を演じていいのかと。でもこの先の人生でこんな大役を頂けることはないだろうと思ってお受けしました。

-伊藤が総理になってからの演技プランはありますか。

 後半は格好をつけようと思っています。あの利助がここ(総理大臣)まで立派になられてという感じで見てもらえればと思います。ただ、(昔の)千円札に描かれていたような年齢まで演じるとしたら、あのコスプレをやるとちょっとコントになっちゃいますよね(笑)。

-松下村塾の雰囲気は?

 撮影の最初のころは知らない人ばかりでちょっと息苦しかったんですけど、今は自然に接しています。むしろ今はうるさいぐらいで、男子高校生的な雰囲気になってきています。

-井上真央さんはいかがですか。

 月9のドラマや映画『八日目の蝉』でも共演していますが、これまでは2、3枚壁がありました。でも、ようやく壁が1枚ぐらいになりました。その突破口は僕が差し入れで持ってきたフィナンシェなんです(笑)。井上さんも食べたことがあって意気投合しました。女子の心の扉を開けるのはスイーツなんだと明確に分かりました。

-お気に入りのシーンはありますか?

 伊藤は最初、ぼろぼろの格好で手あかもすごいんですが、ちょっとずつ少なくなってこぎれいになってきます。現場でも俳優もスタッフも誰一人気付いていなかったので、ぜひその辺りを見ていただきたい。自己満足でやっていてもしょうがないので。

-マルチな才能をお持ちですが

 そんなことないですが、やることを一つに絞れないのは悩みです。でもやりたいことがあるから、しょうがないです。ともかく常に創作物に関わってはいたいですね。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

【2.5次元】松岡充「華やかで優しくて男らしいステージをお届けしたい」 舞台「私のホストちゃん THE LAST LIVE」~最後まで愛をナメんなよ!~ インタビュー

舞台・ミュージカル2019年12月6日

 人気モバイルゲームからドラマ化、そして2013年には舞台化された「私のホストちゃん」。ホストのきらびやかで厳しい世界を、歌やダンス、実際に観客を口説くシーンなど、臨場感あふれる演出で描き、大きな話題を呼んだ作品だ。以降、シリーズ化され、こ … 続きを読む

page top