【花燃ゆインタビュー】劇団ひとり 「一芸人が初代総理を演じていいのかとずいぶん悩みました」 松下村塾出身で、後に日本初の総理大臣になった伊藤利助(博文)役

2015年3月7日 / 08:54

 NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」で、貧しい農家の生まれながらも松下村塾で吉田松陰(伊勢谷友介)に師事し、明治維新後、日本初の総理大臣となった伊藤利助(後の博文)を演じている劇団ひとり。お笑い芸人だけでなく俳優としても活躍の場を広げ、発表した小説も話題を呼ぶなどマルチな才能を見せる劇団ひとりが、演技プランなどを語った。

 

伊藤利助(博文)役の劇団ひとり

-初登場シーンの撮影はいかがでしたか。

  率直に言って、おいしい登場シーンでした。派手でコミカルな、熱のあるシーンだったと思います。僕はせりふがあったんですけど、興奮のあまり大きなよだれが出てしまって、NGだと思っていたら、監督はOKをくれました(笑)。僕のパブリックイメージとそんなに懸け離れていないので、視聴者の方も違和感なく見られると思います。

-初めての大河ドラマですが。

 お話を頂いたときは正直ずいぶん悩みました。一芸人が初代総理を演じていいのかと。でもこの先の人生でこんな大役を頂けることはないだろうと思ってお受けしました。

-伊藤が総理になってからの演技プランはありますか。

 後半は格好をつけようと思っています。あの利助がここ(総理大臣)まで立派になられてという感じで見てもらえればと思います。ただ、(昔の)千円札に描かれていたような年齢まで演じるとしたら、あのコスプレをやるとちょっとコントになっちゃいますよね(笑)。

-松下村塾の雰囲気は?

 撮影の最初のころは知らない人ばかりでちょっと息苦しかったんですけど、今は自然に接しています。むしろ今はうるさいぐらいで、男子高校生的な雰囲気になってきています。

-井上真央さんはいかがですか。

 月9のドラマや映画『八日目の蝉』でも共演していますが、これまでは2、3枚壁がありました。でも、ようやく壁が1枚ぐらいになりました。その突破口は僕が差し入れで持ってきたフィナンシェなんです(笑)。井上さんも食べたことがあって意気投合しました。女子の心の扉を開けるのはスイーツなんだと明確に分かりました。

-お気に入りのシーンはありますか?

 伊藤は最初、ぼろぼろの格好で手あかもすごいんですが、ちょっとずつ少なくなってこぎれいになってきます。現場でも俳優もスタッフも誰一人気付いていなかったので、ぜひその辺りを見ていただきたい。自己満足でやっていてもしょうがないので。

-マルチな才能をお持ちですが

 そんなことないですが、やることを一つに絞れないのは悩みです。でもやりたいことがあるから、しょうがないです。ともかく常に創作物に関わってはいたいですね。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

page top