【花燃ゆインタビュー】東出昌大「文と久坂の愛情はきらきらしていて本物で、青春だったはず」 吉田松陰門下では一番の秀才。妹の文と結婚する久坂玄瑞役

2015年2月22日 / 08:57

 NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」で、吉田松陰(伊勢谷友介)に師事した塾生の中で、高杉晋作(高良健吾)と共に松陰に最も期待された久坂玄瑞を演じている東出昌大。松陰の妹、文(井上真央)と結婚するものの、討幕運動に身を投じ、悲しい運命にのみ込まれてしまう。2013年の連続テレビ小説「ごちそうさん」でも鮮烈な演技を見せた若手俳優が、大河ドラマ初出演に熱い思いを語る。

 

久坂玄瑞役の東出昌大

-大河ドラマに出演オファーがあった時の心境は?

 もともと歴史好きということもあり、素直にうれしかったですね。同い年の高良健吾くんや、伊勢谷友介さんら他のキャスト陣の名前も聞いて心強く感じました。芸歴も4年目に入ったので、「挑戦、挑戦」とばかり言ってないで、しっかり地に足を着けてできればと思って腹をくくった形です。

-久坂玄瑞をどう思いますか。

 (司馬遼太郎の)『世に棲む日日』などいろんな小説を読む中で、長州藩の急先鋒で、一番過激な人というイメージがあったんですが、勉強すると決してそれだけではありませんでした。だからもっと掘り下げて、久坂玄瑞という人を皆さんに知ってもらえるように演じたいです。

-参考にしたものは?

 博物館で久坂の書状を見せていただいたり、あとは古川薫先生の『花冠の志士』とか、久坂や松陰、松下村塾についての本を読んだりしました。

 -初めて知った久坂の一面というのはありますか。

  吉田稔麿(瀬戸康史)が、暴れ牛とかみしもを着けて座っている人物と、木刀と棒切れを描いた一枚の絵を山県有朋に見せて「これは何か」と聞いたそうなんです。稔麿は「暴れ牛は高杉晋作で、建物の中にかみしもを着けて座らせていてもちゃんと絵になる男は久坂玄瑞。木刀は入江九一で、おまえが棒切れだ」と言ったとか。久坂は仲間内でも尊敬されていたと思いました。それに文の兄の梅太郎に無心する書状を送っていたりして、ちゃんと生きていた人間的な部分も描けたらいいなと思います。

-今回は高良さんとも一緒の出演ですね。

 もともと役者、モデルになる前から、16歳のころからの知り合いです。共演が決まって事前に勉強会をしてクランクインの前日を迎えました。そうしたら夜になって高良くんから電話があり「緊張して寝られない」って。なんとも高良くんらしいなと思いました。

-勉強会とはまさに松下村塾のワンシーンみたいですね。

 アドリブで議論する場面などが結構あり、共通認識を持っていた方がやりやすかったりするので、今後もやっていきたいです。松陰先生は「高杉は久坂を失ってはならない」と二人を並べて評したそうなので、僕にとっても現場で高良くんの存在は大きいです。お芝居は決して勝ち負けではないんですけど、ライバル関係というかそういう二人に通ずる感情がドロドロと流れている気がします。

―松下村塾を見てどう思いましたか?

  狭いですよね。すごい人口密度です。そのすごい熱量がドラマの映像として絵にならないといけないなって。それに萩という土地が奇跡的なものに思えます。萩で久坂の家から松下村塾までの距離を歩いてみたんですが、海が見えて山も川もあるその3、4キロの田舎道を若い久坂が一人で歩きながら日本を変えようと思っていたというのは、並大抵のスケールじゃない。奇跡的な人たちが集まった土地、時代だったんだなと感じました。

-久坂の生涯をどう思いますか?

 命を懸けた久坂に続けとその後討幕派が影響を受けた部分もあるので、無念だったという言葉では語りたくないところがありますね。志を持って生きた方です。

-プレッシャーはありますか?

 やらねばならぬという感じ。

-文との結婚生活。どんな夫婦関係を描きたいですか。

 文は後に楫取素彦(小田村伊之助)と結婚した時、久坂と交わした手紙を持って嫁いでいったのですが、楫取はそれを「涙袖帖(るいしゅうちょう)」というものにまとめて保存するように取り計らったんです。それはきっと文と久坂の愛情がきらきらしていて本物で、青春だった。そんなすてきなものだったから保存しておこうと考えてくださったのだと思います。久坂にとって文は掛け替えのない存在だったし、そういう意味でも久坂という人物をしっかり生きないといけないなと思います。

-「イケメン大河」という呼び声もあり、期待されている方へのメッセージを。

 みんな本気の人たちなので、見たら大河の印象が変わると思います。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『キャッツ』トム・フーパー監督 フランチェスカ・ヘイワード「人間が踊りを通じてこれだけのことができるということを見せる作品」

映画2020年1月24日

 1981年のロンドンでの初演以来、世界中で上演されているミュージカル劇「キャッツ」が映画化され、1月24日から全国公開となる。公開を前に来日したトム・フーパー監督と、主役のヴィクトリアを演じたバレリーナのフランチェスカ・ヘイワードに、映画 … 続きを読む

【インタビュー】映画『シグナル100』小関裕太 デスゲーム映画に歓喜「ようやく好きなジャンルに携われる」

映画2020年1月23日

 “かわいいイケメン”で朗らかな性格、たまに繰り出す天然発言などで人気を集め、ドラマ「ごめんね青春!」で演じたトランスジェンダーの男子高生・村井守役や、連続テレビ小説「半分、青い。」でのアメリカ育ちの陽気な青年・健人役同様のほんわかしたイメ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「KING OF PRISM ‐Shiny Rose Stars‐」橋本祥平インタビュー 第2弾ではお風呂シーンもパワーアップ!「楽しみにしていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月21日

 歌、ダンス、ジャンプなどのパフォーマンスで観客をどれだけ魅了できるかを競う「プリズムショー」に挑む男子プリズムスタァたちの成長と輝きを描いた、劇場版『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』、劇場版『KING OF … 続きを読む

【インタビュー】映画『キャッツ』葵わかな「真っ白な状態の猫なので、純粋さを失いたくないという思いを込めました」

映画2020年1月21日

 ミュージカルの金字塔「キャッツ」がついに実写映画化され、1月24日から全国公開される。監督は、『英国王のスピーチ』(10)や『レ・ミゼラブル』(12)で知られるトム・フーパー。主人公の白猫ヴィクトリア役を、英国ロイヤルバレエ団のプリンシパ … 続きを読む

【インタビュー】「エブリ・ブリリアント・シング~ありとあらゆるステキなこと~」佐藤隆太「覚悟を決めて挑んで、必死に戦えば、今までとは違う自分が見えてくる」

舞台・ミュージカル2020年1月20日

 今年デビュー20周年を迎える佐藤隆太が、海外で旋風を巻き起こした一人舞台「エブリ・ブリリアント・シング~ありとあらゆるステキなこと~」に挑戦する。本作は、上演前にキャストから直接手渡されたカードを持っている観客が、自分の番号が呼ばれたら、 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top