【花燃ゆインタビュー】優香 「幕末のわくわく感、感じ始めています」 杉家の次女、杉寿役

2015年1月18日 / 08:02

 NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」で、主人公の文(ふみ=井上真央)や吉田松陰(伊勢谷友介)をきょうだいに持つ杉家の次女、杉寿を演じている優香。家族に迷惑をかけ続けた松陰を批判することもあるが、家族を守り、後に松陰の盟友、小田村伊之助(大沢たかお)と結婚する。女優としての進境が著しい優香が、寿の複雑な思いを語る。

 

杉家の次女、杉寿役の優香

-大河ドラマに出演が決まった時はいかがでしたか。

  和の物が好きなので、かつらをつけて着物が着られるだけでうれしかったです。

-寿について何か調べましたか。

  全く知らなかったので、長門市三隅二条窪の伊之助と寿が2年間住んでいた集落を訪れました。二人はここで村の方々を集めていろんなことを教えていたんですが、今も住んでいらっしゃる12世帯ぐらいの方々は、幕末からこれほどたっているのに、いまだに伊之助と寿のことが大好きで、愛情がものすごいんです。ですので、しっかりと演じていかなければいけないと、より身が引き締まる思いでした。

-寿はどんな女性なんですか。

  文が穏やかで天真らんまんなのに対して、寿さんは思ったことをまっすぐ言うし、言い方も少しきついところがあります。正直、最初は戸惑うことも多かったです。でも寿が言っていることは正しいことだし、まっすぐで芯の強い女の子だということが段々分かってきて、今では本当に思いをもって演じさせていただいています。また、寿さんの持つちょっとした寂しさもうまく出せたらいいなと思っています。

-優香さん自身のイメージと違う役に挑戦している感じですね。

  プロデューサーの土屋さんからも「イメージと違う役を演じるから面白いんじゃないか」と言われています。「視聴者の気持ちを一番代弁しているのは寿なんだ」とも。

-寿さんの松陰への思いはどんなものだと思いますか?

  みんなが寅兄(松陰)を応援するから、「なんで? 間違っているのに」って怒っているんです。寿は兄の脱藩で結婚が破談になってしまうし、しかもその心配を誰もしてくれない。でも兄をすごく慕っている小田村さんの気持ちを知るうちに兄のことも理解していく。分かりにくいけど、寿もお兄ちゃんのことを慕っていたんです。

-長兄の梅太郎(原田泰造)の妻を演じる久保田磨希さんの一言で優香さんの寿を見る目が変化したそうですね。

  緊張しながら収録していたころ、久保田さんが「寿かわいいよね。寿の応援団だからね」って言ってくださったんです。心強かったし、「寿ってすごくかわいい人なんだ」と思うことができて、後に「幕末の烈婦」と呼ばれる部分と、真っすぐ過ぎて翻弄(ほんろう)されてしまうというかわいらしい面も出そうと思えたんです。いろいろ悩んでいましたが、久保田さんの一言で救われました。

 -杉家の家族の共通点は?

  みんな癒やし系なんです。お父さん役の長塚(京三)さんはふっと笑ったときに本当に優しい顔をされるので、つい笑顔がほしくて、話し掛けたりしています。お母さん役の檀ふみさんは、空気が穏やかで、でも芯が強い。それにお肌がつるつるなんですよ(笑)。

-兄や妹役の方々はいかがですか?

  原田さんはバラエティーで昔からお世話になっていますが、原田さんがいると空気がより柔らかくなります。伊勢谷さんはイメージと違って、ずっと楽しくしゃべっています(笑)。井上さんはすごく自然で、しっかりしている。撮影の合間は一緒になって変な掛け合いをしたりして、ふざけ合っています。

-大沢さんとは夫婦役ですね。

  冒頭のシーンを撮った時にプロデューサーの土屋さんが「いい夫婦に見えた」と言ってくださったので、安心しました。

 -幕末という時代について、どう思いますか。

  みんなすごく幕末好きだなって感じます。今回、幕末物をやるということで(舞台でご一緒した)三谷幸喜さんがくださった漫画を今読んでいて、いろんな出来事があって、魅力的な人が集まっている。そんな幕末のそのわくわく感をちょっとずつ感じ始めているところです。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「マシーン日記」大倉孝二「ユーモアは僕の第一優先事項」

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 シアターコクーン芸術監督の松尾スズキが、話題のクリエーターたちを指名し、自身の過去の作品を新演出でよみがえらせるシリーズ、COCOON PRODUCTION 2021「マシーン日記」が、2月3日から上演される。本作は、松尾が1996年に書 … 続きを読む

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

page top