【花子とアン インタビュー】窪田正孝 「ハッピーに終われて良かった」 40歳になって結婚した花子の幼なじみの朝市役

2014年10月17日 / 17:08

 NHK連続テレビ小説「花子とアン」のスピンオフドラマ「朝市の嫁さん」(10月18日放送)で、幼なじみのはな(=花子)(吉高由里子)を慕いながらも成就せず、40歳になって14歳も年下のちづ江(石橋杏奈)と結婚する朝市を演じた窪田正孝。

  その誠実な人柄から「朝市にも幸せになってほしい」という視聴者からの声が急増。映画、ドラマと話題作への出演が続く窪田が、急きょ実現したスピンオフドラマに出演した思いを語る。

 

「朝市の嫁さん」に主演した窪田正孝

-「花子とアン」を演じ切った今、感じることは?

  本当に現場が楽しくて優しい気持ちにさせてくれた作品でした。(終わって)寂しい気持ちはありますが、残っていく作品だと思います。笑えるシーンもつらいシーンも苦しいシーンもあって、そういうのがみんな詰まっていたなあと感じています。

-今回のスピンオフは朝市が中心ですね。

 まだ本編を撮影していた最初のころ、朝市は結婚しないと聞いていたので、はなに結婚の報告に行ったシーンがあったのには驚きました。それがさらにスピンオフドラマになり、朝市と嫁さんがメーンと知って、えっ?って。既に出来上がっているチームに後から入る石橋杏奈さんの方が相当なプレッシャーを感じていたんじゃないかと思います。でも石橋さんは、緊張していたとしてもそれを見せず、りんとした態度でお芝居をされていて、間近で見ていてすごくドキドキしました。

-スピンオフであらためて朝市を演じてみていかがでしたか。

  はな以外には好きだという気持ちを伝えることをしてこなかったので、すごく緊張もしました。でもとてもいい空気感でした。一番に好きだったのはもちろんはなだったけど、それを乗り越える人と出会えた。ハッピーに終われて良かったなと思っています。「花子とアン」の良いところは、笑えるところは本当に笑えるし、真剣なところは気持ちが入ってせりふの一つ一つにすごく魂が入るところなんです。スピンオフドラマでも同じで、ちゃんとみんながつながっていて、みんなが信頼し合っていて、スタッフさんも含めて、いいチームだなと感じていました。

-特にこういうところを見てほしいというところは?

  そうですね、ちづ江がはなの家を訪ねて2人が向き合うシーンです。1年間朝市を演じてきた僕からすると、自分が大好きになった2人の女性が向かい合ったときに、2人の女優さんがどういうお芝居をするのかというのに興味がありました。はなとちづ江は似ている面もあるけど、はなの方が年上だから生きてきた経験が備わっていると思います。はなにすれば、ちづ江に若い時の自分を見ている感じなのかなと。

-視聴者の方にメッセージを。

 1年間見てくださって感謝しています。僕自身もこの作品と出会えたことに感謝していて、やっと朝市くんに春がやって来て、うれしいです。今回のスピンオフでは、また違った“花アン”というのを楽しんでもらいたいです。「朝市のお嫁さんが見たい」という視聴者の方からの声を頂いていたこともすごくうれしいですし、「花子とアン」の本編の時と同じように、また笑顔になってくれたらうれしいなって思います。本当にこれが最後なので、最後まで楽しんで見ていただきたいです。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【芸能コラム】サバイバルの時代が生んだ究極のゴジラ 『GODZILLA 怪獣惑星』

映画2017年12月16日

 1954年、水爆実験の恐怖の象徴として生まれたゴジラは、その後も時代を反映してさまざまな脅威のメタファーとしてスクリーンに登場してきた。1984年の『ゴジラ』では、東西冷戦を背景にした核戦争の危機、昨年公開の『シン・ゴジラ』では、現代日本 … 続きを読む

「希望にあふれ、明日に向けて軽やかな気持ちになれる最終回に」岡本幸江(制作統括)前編【「おんな城主 直虎」インタビュー】

ドラマ2017年12月16日

 NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」がいよいよ今週、最終回を迎える。過酷な運命に立ち向かい、戦乱の世を、知恵と勇気で生き抜いた主人公・井伊直虎(柴咲コウ)に魅了され、近づく別れを惜しんでいる視聴者も多いことだろう。そこで今回は、本作の企画 … 続きを読む

【映画コラム】今回の“裏主役”はルーク!『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

映画2017年12月15日

 『スター・ウォーズ』シリーズ続3部作の第2章に当たる『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が公開された。  オープニングで、ジョン・ウィリアムズ作曲のファンファーレが鳴り響くと、一気にその世界に引き込まれる。これは1977年から連綿と積み重 … 続きを読む

【インタビュー】「僕だけがいない街」古川雄輝「原作のファンにもとても喜んでいただけると思っています」

ドラマ2017年12月14日

 「ヤングエース」(KADOKAWA)に2012年~16年まで連載された人気漫画『僕だけがいない街』。16年のテレビアニメ化、実写映画化を経て、Netflixオリジナルドラマとして12月15日から世界190カ国以上で配信される。母親を殺害し … 続きを読む

【インタビュー】『ビジランテ』大森南朋「こういう映画はずっとあり続けてほしい」鈴木浩介「篠田麻里子さんからは母性の強さを感じました」桐谷健太「監督の中の“毒”みたいなものが映画になった」

映画2017年12月12日

 『22年目の告白-私が殺人犯です-』(17)の大ヒットも記憶に新しい入江悠監督が、自らのオリジナル脚本で挑んだ『ビジランテ』が12月9日から全国公開された。入江監督の地元・埼玉県深谷市でロケを行ない、父の死をきっかけに再会した一郎、二郎、 … 続きを読む

page top