【花子とアンインタビュー】 石橋杏奈「朝市さんは一生懸命で誠実な方。報われて良かったです」 花子の幼なじみ朝市と結婚するちづ江役

2014年10月15日 / 13:43

 NHK連続テレビ小説「花子とアン」のスピンオフドラマ「朝市の嫁さん」(10月18日放送)で、幼なじみの花子(吉高由里子)への思いがかなわなかった朝市(窪田正孝)が結婚するちづ江を演じる石橋杏奈。結婚に不安を抱いたちづ江は東京に花子や英治(鈴木亮平)らを訪ね、朝市の歴史を知ることで結婚への決意を固める。NHKのコント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」では多才なコメディエンヌぶりを発揮している石橋が、大ヒットドラマに参加したトキメキを語る。

 

朝市と結婚するちづ江を演じた石橋杏奈

-「花子とアン」はどんなふうに感じていましたか?

 英語が出てくるなど、新しいなという印象でした。本編では朝市が花子に結婚の報告に行くところが描かれていますが、実はそこに私がついて行っていたという裏設定があったんです。

 

-ちづ江役のお話を頂いた時の気持ちは?

 大役で不安もありましたが、こんな面白い作品に参加できるといううれしさもありました。

 

-ちづ江の魅力は?

 自分が思っていることを思うまま話してしまうところが魅力です。26歳の女性ですが、自分の思いに正直に行動するところがあるんですよね。

 

-朝市は女性から支持されているキャラクターです。実際、役を通して朝市に接してみて、どこが魅力だと感じましたか?

 とても一生懸命で誠実な方。でも喜怒哀楽もちゃんとあるのに誠実さにぶれがないところがすごい。朝市さんみたいなタイプは好きです。朝市が報われて良かったし、すてきです。

 

-甲州弁はどうでした?

 方言指導の先生に付きっきりで教えていただきました。最後の方は自分の言いたいことも甲州弁で言えるようになりました。花子さんは「教えてくりょう」と言っているのですけど、ちづ江は「くれちゃあ」。先生は「花子とちょっと変えてみました」とおっしゃっていました(笑)。そこも楽しみなところだと思います。

 

-撮影時のエピソードがあれば。

 最初のころの撮影で、みんなが「パルピだ」って言っていたんです。私は分からなくて黙っていたら、パルピテーションのことでした。ときめくシーンだったようです(笑)。

 

-視聴者にはコントでの印象が強いと思いますが、そこでの経験で女優としてできるようになったことはありますか?

リハーサルと本番の2回しかやらなかったりするし、5分ほどで全体のストーリーを表現する必要もあったりするので、気持ちが入りやすくなりました。芸人さんはリハでやらないことを結構本番でやってくるので、集中力もつきました(笑)。コントは間が一番大事で、相手の芝居を感じると自然に間ができる。コントでそのことを学べたのは大きかったです。

 

-窪田さんとのコンビネーションにはどんな工夫をしましたか?

 監督から「窪田さんは本当に良いお芝居をする役者さんですから、撮影前日まではじっくり台本を読んで考え、当日は窪田さんのお芝居を体で感じて演じてほしい」と言われていました。それを意識したことで、お芝居を(的確に)感じられていたような気がします。

 

-熱狂的なファンを生んだドラマなので、スピンオフも注目されていますね。

 いろいろ本編とつながっていますし、醍醐さん(高梨臨)と吉太郎さん(賀来賢人)との明かされなかった部分も出てくると思います。本編のような感覚で楽しめるので、皆さんの期待を裏切らない作品になっていると思います。

 


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「バーン・ザ・フロア BE BRAVE. NO LIMITS.」西川貴教「東京公演の初日はまさに燃えています」

舞台・ミュージカル2020年2月25日

 世界各国で観客を魅了し、日本では過去10 回の公演で観客を熱狂の渦に巻き込んできたダンスエンターテインメント「バーン・ザ・フロア」。ワルツやタンゴ、サンバにルンバをはじめ、ストリートダンスやコンテンポラリーダンスの要素まで、バラエティーに … 続きを読む

【インタビュー】映画『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』松岡茉優「デジモンは一緒に成長してくれる作品」

映画2020年2月21日

 シリーズ20周年を迎えた「デジモンアドベンチャー」。今回の舞台は最初の冒険から10年以上が経過した2010年。当時小学生だった八神太一は大学生になり、仲間たちもそれぞれ歩むべき道を見定め、自身の進路を進み始めていた。そんな中、世界中の“選 … 続きを読む

【映画コラム】テレビ局内のセクハラ騒動を描いた『スキャンダル』

映画2020年2月20日

 2016年、大統領選のさなかに、有力放送局FOXニュースから解雇されたグレッチェン・カールソン(ニコール・キッドマン)が、同局のCEOロジャー・エイルズ(ジョン・リスゴー)をセクハラの罪で告発した。この件に、売れっ子キャスターのメーガン・ … 続きを読む

「道三は先見性のあった人。『野心の塊』とは違う人間らしさを表現したい」本木雅弘(斎藤道三)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年2月16日

 好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。群雄割拠の戦国時代を舞台にした本作で、主人公・明智光秀(長谷川博己)の主君に当たるのが、美濃の守護代・斎藤道三(利政)である。下剋上を実践した戦国大名の代表的な存在として知られるが、研究が進んだことで … 続きを読む

【インタビュー】映画『フードロア:Life in a Box』齊藤工監督 世界的プロジェクトへの参加で「楽な気持ち」に… 安藤裕子 6年ぶりの映画出演は再びものづくりを楽しむチャンスに!

映画2020年2月14日

 アジアの八つの国の気鋭監督による“食”をテーマにした8エピソードからなるアンソロジーシリーズに監督として参加し、『フードロア:Life in a Box』を手掛けた齊藤工。本作に「神がかったキャスティング」によって出演するシンガーソングラ … 続きを読む

page top