【花子とアンインタビュー】 石橋杏奈「朝市さんは一生懸命で誠実な方。報われて良かったです」 花子の幼なじみ朝市と結婚するちづ江役

2014年10月15日 / 13:43

 NHK連続テレビ小説「花子とアン」のスピンオフドラマ「朝市の嫁さん」(10月18日放送)で、幼なじみの花子(吉高由里子)への思いがかなわなかった朝市(窪田正孝)が結婚するちづ江を演じる石橋杏奈。結婚に不安を抱いたちづ江は東京に花子や英治(鈴木亮平)らを訪ね、朝市の歴史を知ることで結婚への決意を固める。NHKのコント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」では多才なコメディエンヌぶりを発揮している石橋が、大ヒットドラマに参加したトキメキを語る。

 

朝市と結婚するちづ江を演じた石橋杏奈

-「花子とアン」はどんなふうに感じていましたか?

 英語が出てくるなど、新しいなという印象でした。本編では朝市が花子に結婚の報告に行くところが描かれていますが、実はそこに私がついて行っていたという裏設定があったんです。

 

-ちづ江役のお話を頂いた時の気持ちは?

 大役で不安もありましたが、こんな面白い作品に参加できるといううれしさもありました。

 

-ちづ江の魅力は?

 自分が思っていることを思うまま話してしまうところが魅力です。26歳の女性ですが、自分の思いに正直に行動するところがあるんですよね。

 

-朝市は女性から支持されているキャラクターです。実際、役を通して朝市に接してみて、どこが魅力だと感じましたか?

 とても一生懸命で誠実な方。でも喜怒哀楽もちゃんとあるのに誠実さにぶれがないところがすごい。朝市さんみたいなタイプは好きです。朝市が報われて良かったし、すてきです。

 

-甲州弁はどうでした?

 方言指導の先生に付きっきりで教えていただきました。最後の方は自分の言いたいことも甲州弁で言えるようになりました。花子さんは「教えてくりょう」と言っているのですけど、ちづ江は「くれちゃあ」。先生は「花子とちょっと変えてみました」とおっしゃっていました(笑)。そこも楽しみなところだと思います。

 

-撮影時のエピソードがあれば。

 最初のころの撮影で、みんなが「パルピだ」って言っていたんです。私は分からなくて黙っていたら、パルピテーションのことでした。ときめくシーンだったようです(笑)。

 

-視聴者にはコントでの印象が強いと思いますが、そこでの経験で女優としてできるようになったことはありますか?

リハーサルと本番の2回しかやらなかったりするし、5分ほどで全体のストーリーを表現する必要もあったりするので、気持ちが入りやすくなりました。芸人さんはリハでやらないことを結構本番でやってくるので、集中力もつきました(笑)。コントは間が一番大事で、相手の芝居を感じると自然に間ができる。コントでそのことを学べたのは大きかったです。

 

-窪田さんとのコンビネーションにはどんな工夫をしましたか?

 監督から「窪田さんは本当に良いお芝居をする役者さんですから、撮影前日まではじっくり台本を読んで考え、当日は窪田さんのお芝居を体で感じて演じてほしい」と言われていました。それを意識したことで、お芝居を(的確に)感じられていたような気がします。

 

-熱狂的なファンを生んだドラマなので、スピンオフも注目されていますね。

 いろいろ本編とつながっていますし、醍醐さん(高梨臨)と吉太郎さん(賀来賢人)との明かされなかった部分も出てくると思います。本編のような感覚で楽しめるので、皆さんの期待を裏切らない作品になっていると思います。

 


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「日本中が心から応援する気持ちが『前畑がんばれ!』という言葉になった。とても素敵なことだと思いました」上白石萌歌(前畑秀子)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

インタビュー2019年9月22日

 第36回、1936(昭和11)年のベルリンオリンピックで、ついに日本初の女性金メダリストが誕生。実況アナウンサーによる「前畑がんばれ!」の絶叫と共に、時代を超えて語り継がれる前畑秀子の二百メートル平泳ぎだ。80年以上の時を超えて甦った歴史 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「相対的浮世絵」石田明「舞台に出れば出るほど、それが漫才にも生きてくる」

インタビュー2019年9月20日

 2004年、2010年に上演され、大好評を博した土田英生の傑作コメディ「相対的浮世絵」が9年ぶりに、青木豪演出で上演される。主演を務めるのは、成長目覚ましい山本亮太(宇宙Six/ジャニーズJr.)。伊礼彼方、石田明(NON STYLE)、 … 続きを読む

【インタビュー】「オイディプス」黒木瞳 市川海老蔵・森山未來と挑むギリシャ悲劇は「心に刺さる何かがある」

舞台・ミュージカル2019年9月20日

 ギリシャ悲劇の最高傑作ともうたわれる「オイディプス王」を英国演劇界の実力派マシュー・ダンスターの翻案と演出で送る「オイディプス」が10月にBunkamuraシアターコクーンで上演される。主役のオイディプスを演じるのは、2020年に13代目 … 続きを読む

【インタビュー】『おいしい家族』松本穂香・板尾創路・ふくだももこ監督 「どんな形でも、つながっていれば家族。『あなたはあなたでいい』と伝えたい」

映画2019年9月19日

 仕事も結婚生活もうまくいかず、都会の生活に疲れた橙花(とうか)は、母の三回忌をきっかけに、離島にある実家へと帰る。ところが、そこで彼女を待っていたのは、亡き母の服を着て「母さんになろうと思う」と告げる父・青治(せいじ)の姿。しかも実家には … 続きを読む

【2.5次元】リアルファイティング「はじめの一歩」The Glorious Stage!!インタビュー 後藤恭路&滝澤諒&松田凌「お客さまをゾクゾクさせたい」

舞台・ミュージカル2019年9月19日

 森川ジョージによる漫画「はじめの一歩」が舞台化され、リアルファイティング「はじめの一歩」The Glorious Stage!!として2020年1月に上演される。主人公の幕之内一歩を務めるのは、オーディションで抜擢された後藤恭路。そして、 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top