【吉原裏同心 インタビュー】野々すみ花、元宝塚のトップ娘役が遊女の頂点に  「薄墨太夫は人のために生きられる女性」

2014年7月8日 / 18:10

 6月26日からスタートしたNHK木曜時代劇「吉原裏同心」で、吉原3千人の遊女の頂点に立つ薄墨太夫を演じる野々すみ花。2009年に宝塚歌劇団宙組のトップ娘役に就任、12年に退団してからは、女優として舞台、テレビなどで幅広く活躍している。

 原作は佐伯泰英氏の同名小説。江戸の遊郭・吉原を陰で守る神守幹次郎と妻・汀女が遊女たちに舞い込む事件を情愛を持って颯爽と解決していく痛快時代劇。

 野々にとって初の連続ドラマ出演となる本ドラマに対する思いを語ってもらった。

初の時代劇で薄墨太夫を演じる野々すみ花

 

- 初めて連続ドラマに出演した感想はいかがでしたか?

 連続ドラマも初めてでしたし、時代劇も初めてで、テレビの世界ではまだ新人です。時代劇はずっと憧れで、いつか挑戦したいと思っていましたが、こんなに早く時代劇に出演できるとは思っていなかったので、とてもうれしいのと同時に緊張しています。しかも太夫の役ということで、とんでもないことになってしまったなと(笑)。でも、自分にできる限りのことをやりたいと思っています。

 

-宝塚時代はトップ娘役、今回の薄墨太夫も頂点に立つという点では同じですが、何か共通するものはありますか?

 遊郭も宝塚も外から見ると華やかな世界ですが、そこには光と陰があります。そこに至るまでの努力も必要ですし、自分の大切な何かを犠牲にしても、その世界に全てを懸けるという覚悟も必要だと思います。その点はとても共感できます。女性として大変な決断をし、人のために生きられる強さと誇りを併せ持つ太夫はとてもすてきです。

 

-日本舞踊の花柳流の名取でもいらっしゃいますが、どのような役作りをされましたか?

 昨年末に名取を取らせていただいたのですが、その直後にこの役をいただき、何かご縁のようなものを感じました。ただ太夫の所作は日本舞踊の動きとはちょっと違い、しなだれかかるような、しなやかさを表現しなければなりません。最初のころは、まず江戸時代の女性の暮らし方を体で覚えようと自宅でずっと着物で過ごしたりもしましたし、太夫の曲線の美しさを研究するために浮世絵画もたくさん見にいきました。時代劇のDVDも見ましたし、書道や…いろいろな習い事にも通いました。

 

-共演した小出恵介さん(神守幹次郎)、貫地谷しほり(幹次郎の妻・汀女)さんはどのような印象でしたか?

 小出さんは、とても穏やかな方です。肩の力が抜けていて、小出さんがいらっしゃるだけで場の雰囲気がなんだか和む気がします。それにいろんなことをさりげなく教えてくださるんです。例えばあるとき助監督さんが「白味を挟みます」(芝居の途中で回想などのカットを挟むシーンを撮るとき、その分の間を空けること)とおっしゃったのですが、私が意味が分からずあたふたいていると、小出さんがそれを察して、丁寧に教えてくださったり。貫地谷さん演じる汀女さんは遊女たちの手習いの師匠でもあり、現場でもいつも笑顔でいらっしゃってムードメーカーのような存在です。小出さんと貫地谷さんお二人は、何も会話をしていないのに同じ空気感があり、信頼し合っている関係がこちらにも伝わってきて本当の夫婦のようで、とてもすてきです。

 

-今後の見どころを教えてください。

 吉原という浮世離れした世界の中で幹次郎さんと汀女さんというピュアな人々が、明るく生きていこうとする姿、そして薄墨太夫の人のために生きられるという真の強さ、そこを見ていただけたらきっと勇気をもらえると思います。たくさんの方に楽しんでいただきたいです。

 

 ドラマはNHK総合テレビで毎週木曜午後8時から。全12回。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「スタンレーの魔女」石井凌&唐橋充「この作品で伝えたいことは、笑っていた人たちが急にいなくなるという切なさ」

舞台・ミュージカル2019年7月18日

 舞台「スタンレーの魔女」が7月28日から上演される。本作は、『銀河鉄道999』など数々のヒット作を生み出してきた松本零士による「ザ・コクピットシリーズ」に収録されている短編漫画を原作とした舞台で、2006年に初めて舞台化。その後、今回の脚 … 続きを読む

【インタビュー】『アンダー・ユア・ベッド』高良健吾、30代で迎えた変化 「キツくて嫌だった」ハードな役が「ご褒美」に

映画2019年7月16日

 『殺人鬼を飼う女』『呪怨』などの作家・大石圭の原作を基に、『バイロケーション』『氷菓』の安里麻里が監督を務めるミステリー映画『アンダー・ユア・ベッド』。さて、どんな話だろうと資料を手に取ると、「のぞいていたい。このままずっと―」のキャッチ … 続きを読む

「森山未來さんと初共演で夫婦役を演じさせていただくことができ、とても光栄です」夏帆(おりん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年7月16日

 次のロサンゼルスオリンピックでの必勝を期して、着々と日本水泳チームの強化を図る田畑政治(阿部サダヲ)。一方、真打ちに昇進した美濃部孝蔵(森山未來)は、メチャクチャな振る舞いが災いし、相変わらず鳴かず飛ばずの日々を送っていた。貧しい暮らしの … 続きを読む

【映画コラム】ロバート・レッドフォードの俳優引退作『さらば愛しきアウトロー』

映画2019年7月15日

 度重なる銀行強盗と16回の脱獄を繰り返しながら、誰もあやめなかった74歳の紳士的なアウトロー、フォレスト・タッカーの“ほぼ真実の物語”。タッカーを演じたロバート・レッドフォードの俳優引退作でもある『さらば愛しきアウトロー』が公開された。原 … 続きを読む

【インタビュー】男劇団 青山表参道X 第2回公演「ENDLESS REPEATERS―エンドレスリピーターズ―」栗山航&西銘駿&塩野瑛久&定本楓馬「1年間の成長を見て」

舞台・ミュージカル2019年7月13日

 オスカープロモーション初の男性エンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」(以下、O―AOX)による第2回公演「ENDLESS REPEATERS―エンドレスリピーターズ―」が7月20日に開幕する。今回は、O―AOXのメンバーが3チー … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top