【花子とアン インタビュー】鈴木亮平「歴史に残るプロポーズのシーンを楽しみに」 花子の夫・村岡英治役

2014年7月9日 / 17:00

 NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」で主人公の村岡花子(吉高由里子)の夫・英治を演じる鈴木亮平がインタビューに応じ、役に対するこだわりや思いを語った。

 鈴木演じる英治は印刷会社の御曹司。花子が再び上京したときに再会すると、その才能を確信し、サポートしていく。

花子の夫・村岡英治を演じる鈴木亮平

-ヒロインの相手役に決まったときの率直な感想をお聞かせください。

  オーディションに合格したと聞いたときはひたすらうれしかったです。その一方で伝統もあり影響力も大きい連続テレビ小説で、自分がヒロインの相手役として世間に認めてもらえるのだろうか、というプレッシャーも感じました。

-これまでの映画『HK/変態仮面』やテレビドラマ「彼岸島」などではアクティブな役が印象的でしたが。

  今までは素の自分から懸け離れた役が多かったのですが、今回は「素のままで演じてほしい」と言われています。自分の素の部分を出しながらも“その時代に生きている人”という存在感を出すように心掛けています。

-役作りで苦労された点は?

 演じるに当たっては“花子さんのことを好きになる”というのが第一条件でした。特に“道ならぬ恋”として二人の関係は進んでいくので、彼女への思いを消し去れなかった英治というのは、僕自身一番共感しづらかった部分でもあります。だからそれを凌駕するだけの花子さんへの思いを持っていかなければ演じられないと思い、そこは大変でした。

-そのように悩みながらも演じられてきて、これまでに手応えは感じられましたか。

  手応えはあります。特にプロポーズのシーンは、お互いが相手のことを考えて優しさをぶつけ合い、とても情熱的なシーンになっています。僕としては朝ドラの歴史に残るプロポーズシーンの一つになったのではと思っています。

-花子さんを演じている吉高さんの印象をお聞かせください。

  僕はずっと吉高さんのお芝居が好きでいつか共演したいと思っていました。彼女は状況や相手の出方によっても自在に変わっていく本当に素晴らしい女優さんです。

-実際に現場での吉高さんはどのような感じなのでしょうか。

  彼女は柔らかい雰囲気の持ち主で、現場が明るくなります。僕も吉高さんと同じスケジュールで撮影をしたのですが、休む時間もなくせりふ覚えも大変で僕は正直“参った”と思いましたが吉高さんは、そんな状況を半年間、顔に出さずにやっていたと思うとちょっと感動します。

-今後、花子と英治の夫婦をどう演じていきたいと思いますか。

  しっとりとした信頼関係を築く、というよりも、お互いにずっと恋しているような関係でいたいと思います。花子さん夫婦が実際にそうだったようですので、恋しているようなまなざしでいたいと思います。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】悪徳総理が普通のおじさんになったら『記憶にございません!』

映画2019年9月16日

 三谷幸喜監督・脚本の最新作『記憶にございません!』が公開された。  史上最低の支持率を記録した総理大臣・黒田啓介(中井貴一)。ある日、一般市民の投げた石が頭に当たり記憶喪失に陥る。側近たちは、国政の混乱を避けるために、事実を隠して黒田に公 … 続きを読む

「今までにないぐらい、宮藤官九郎さんの心の熱い部分が出ている気がします」三宅弘城(黒坂辛作)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年9月15日

 1936(昭和11)年のベルリンオリンピックで、日本代表としてマラソンに出場した朝鮮出身の孫基偵選手が、金栗四三(中村勘九郎)以来の悲願だった金メダルを獲得。このとき、孫選手と3位の南昇竜選手が履いていたのが、金栗が東京のハリマヤ製作所の … 続きを読む

【映画コラム】バート・レイノルズの立派な遺作『ラスト・ムービースター』

映画2019年9月9日

 クリント・イーストウッドの『運び屋』、ロバート・レッドフォードの俳優引退作『さらば愛しきアウトロー』に続いて、今度はマッチョスターとして一世を風靡(ふうび)したバート・レイノルズの遺作となった『ラスト・ムービースター』が公開された。彼らは … 続きを読む

【インタビュー】「盤上の向日葵」千葉雄大 役者であれば“劣化”も必要 「内面をきちんと表現できる役者になりたい」

ドラマ2019年9月7日

 名駒と一緒に発見された白骨遺体の謎とともに、そこに秘められた、過酷な運命を背負いながらも将棋界で頂点を目指した異端の棋士・上条桂介の半生をあぶりだす本格ヒューマンミステリー「盤上の向日葵」。主演の千葉雄大は、本作で学園ドラマや恋愛映画など … 続きを読む

「なつよ…」「来週に続けよ」 意地で入れ続けたナレーションは失敗!? 大森寿美男(脚本家)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年9月7日

 記念すべき100作目の朝ドラ脚本という大役を成し遂げた大森寿美男。当初は放送が始まる前には書き終えるだろうと楽観視していたものの、ふたを開けてみれば1年半以上も本作に費やしていたのだとか。朝ドラ史上初となるドラマとアニメーションが融合した … 続きを読む

page top