【花子とアン インタビュー】鈴木亮平「歴史に残るプロポーズのシーンを楽しみに」 花子の夫・村岡英治役

2014年7月9日 / 17:00

 NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」で主人公の村岡花子(吉高由里子)の夫・英治を演じる鈴木亮平がインタビューに応じ、役に対するこだわりや思いを語った。

 鈴木演じる英治は印刷会社の御曹司。花子が再び上京したときに再会すると、その才能を確信し、サポートしていく。

花子の夫・村岡英治を演じる鈴木亮平

-ヒロインの相手役に決まったときの率直な感想をお聞かせください。

  オーディションに合格したと聞いたときはひたすらうれしかったです。その一方で伝統もあり影響力も大きい連続テレビ小説で、自分がヒロインの相手役として世間に認めてもらえるのだろうか、というプレッシャーも感じました。

-これまでの映画『HK/変態仮面』やテレビドラマ「彼岸島」などではアクティブな役が印象的でしたが。

  今までは素の自分から懸け離れた役が多かったのですが、今回は「素のままで演じてほしい」と言われています。自分の素の部分を出しながらも“その時代に生きている人”という存在感を出すように心掛けています。

-役作りで苦労された点は?

 演じるに当たっては“花子さんのことを好きになる”というのが第一条件でした。特に“道ならぬ恋”として二人の関係は進んでいくので、彼女への思いを消し去れなかった英治というのは、僕自身一番共感しづらかった部分でもあります。だからそれを凌駕するだけの花子さんへの思いを持っていかなければ演じられないと思い、そこは大変でした。

-そのように悩みながらも演じられてきて、これまでに手応えは感じられましたか。

  手応えはあります。特にプロポーズのシーンは、お互いが相手のことを考えて優しさをぶつけ合い、とても情熱的なシーンになっています。僕としては朝ドラの歴史に残るプロポーズシーンの一つになったのではと思っています。

-花子さんを演じている吉高さんの印象をお聞かせください。

  僕はずっと吉高さんのお芝居が好きでいつか共演したいと思っていました。彼女は状況や相手の出方によっても自在に変わっていく本当に素晴らしい女優さんです。

-実際に現場での吉高さんはどのような感じなのでしょうか。

  彼女は柔らかい雰囲気の持ち主で、現場が明るくなります。僕も吉高さんと同じスケジュールで撮影をしたのですが、休む時間もなくせりふ覚えも大変で僕は正直“参った”と思いましたが吉高さんは、そんな状況を半年間、顔に出さずにやっていたと思うとちょっと感動します。

-今後、花子と英治の夫婦をどう演じていきたいと思いますか。

  しっとりとした信頼関係を築く、というよりも、お互いにずっと恋しているような関係でいたいと思います。花子さん夫婦が実際にそうだったようですので、恋しているようなまなざしでいたいと思います。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『AI崩壊』賀来賢人「大沢たかおさんは、ゼロから何かを生み出せる人」岩田剛典「このプロジェクトに対する入江監督の思いがすごかった」

映画2020年1月29日

 1月31日(金)に全国公開となる『AI崩壊』は、2030年の日本を舞台に、社会に不可欠な存在となった人工知能=医療AI「のぞみ」の暴走が引き起こす危機を描いたサスペンス超大作だ。本作では、「のぞみ」の暴走を引き起こしたテロリストとして追わ … 続きを読む

【インタビュー】映画『嘘八百 京町ロワイヤル』武正晴監督「悪いやつを笑い飛ばすことこそ、映画の使命」

映画2020年1月29日

 あの骨董(こっとう)コンビが帰ってきた!古美術商・小池則夫(中井貴一)と陶芸家・野田佐輔(佐々木蔵之介)が、骨董品をめぐって一世一代の大勝負…! 俳優陣の名演と巧みなストーリーで全国を笑いの渦に巻き込んだコメディー『嘘八百』(18)の続編 … 続きを読む

【映画コラム】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ライアン・ジョンソン監督最新作 脚本が見事な『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』

映画2020年1月29日

 31日から公開されるミステリー映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』の舞台はニューヨーク郊外の大邸宅。世界的なミステリー作家ハーラン・スロンビー(クリストファー・プラマー)が、85歳の誕生日パーティの翌朝、遺体となって発見される。 … 続きを読む

【インタビュー】ダイワハウスSpecial地球ゴージャス二十五周年祝祭公演「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」岸谷五朗&寺脇康文が送る「地球ゴージャス ナンバーワン エンターテインメント」

舞台・ミュージカル2020年1月28日

 岸谷五朗と寺脇康文が主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」の結成25周年を記念した祝祭公演として、2009年に地球ゴージャス10作目の公演として上演された「星の大地に降る涙」が新演出版で上演される。今回の公演では、主演に新田真剣佑を迎え、 … 続きを読む

【インタビュー】映画『キャッツ』トム・フーパー監督 フランチェスカ・ヘイワード「人間が踊りを通じてこれだけのことができるということを見せる作品」

映画2020年1月24日

 1981年のロンドンでの初演以来、世界中で上演されているミュージカル劇「キャッツ」が映画化され、1月24日から全国公開となる。公開を前に来日したトム・フーパー監督と、主役のヴィクトリアを演じたバレリーナのフランチェスカ・ヘイワードに、映画 … 続きを読む

page top