【気になるPERSON2013】新川優愛 ドラマ「衝撃ゴウライガン!!」

2013年10月2日 / 19:27

【10問10答】

この業界に入ったきっかけは?

小学3年生のころから、俳優やタレントさんなどメディア系のお仕事に興味があって、テレビに出たいなと思っていたので、小学6年生の時に勇気を出して両親に相談したのがきっかけです。親からは「いいよ! でもやるんだったら中途半端にはするな」と言われた記憶があります。

尊敬する人、目標とする人は?

おばあちゃん。私のことを時には厳しく怒ってくれて。私が人間として成長できていない間もずっと見守っていてくれるんです。おばあちゃん自身は朝早く起きて遠くのゴミ拾いを行ったりしているみたいで。本当にすごい方だなと思います。

好きなテレビは?

バラエティー番組がすごく好きです。過去で言うと「ワンナイR&R」(フジテレビ系)で、あとは「爆笑オンエアバトル」(NHK総合)などのコント系もすごく好きでしたね。私、売れて人気になる前の芸人さんが好きなんです。劇場などにもよく行ってましたよ。NON STYLEさんは「M‐1グランプリ」を取る前から好きでしたし、パンサーさんも3人がそれぞれ別のコンビを組んでた時から注目していて…って、止まらなくなっちゃうので、次の質問をお願いします(笑)。

好きな映画は?

『ONE PIECE』の『エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち』が好きです。『ONE PIECE』は単行本も持っていますし、アニメも映画も全部見ています。後は『エスター』という洋画も好きです。少しだけホラーっぽい感じなんですけど、すごく好きでしたね。ただカメラを振った際に怖い顔が出てきたりするので、そのときは目隠しをしていましたけど(笑)。

お気に入りの場所は?

自分のお部屋です。一番落ち着きますね。自分の匂いがするというか。帰ってきてベッドに転がって、「ふぁ~」ってなる瞬間が好きです。

落ち込んだときの立ち直り法は?

お風呂の中でシャワーを浴びながら泣きます。シャワーの音などがしていると家族に泣いていることがバレないじゃないですか。それで「よし! 泣きやんだ」ってスッキリしてお風呂を出ます。私はあまり自分の感情の起伏を周囲の人に見せないんです。本当にうれしい事は人に言わなかったりするかも。

自分の好きなところは?

爪。「爪がちゃんとしているね」って言われます。比較的、縦に長いみたいです。爪や指を褒められる事が多いのでクリームを塗ったりなどの簡単なケアは日頃から心掛けるようにしています。

自分の嫌いなところ、直したいところは?

いっぱいあるなぁー(笑)。一番は忘れっぽいところでしょうか。大事なことを忘れて、逆に忘れてもいいようなことをずっと覚えているんですよね。おばあちゃんにもよく注意されています。

マイブームは?

バジルソースが好きで。パスタやピザ、焼き肉など、いろんなものにつけて食べています。焼き肉にバジルソースの組み合わせはオススメですよ。あと洋食系には結構なんでも合うので、とにかくつけてみちゃいます。

座右の銘は?

「人のふり見てわがふり直せ」です。マナーの悪い人はあまり好きではないので、反面教師にするようにしています。例えば電車の中で電話をしていたり、優先席で携帯電話をいじっていたりする人を見ると「あーゆう人にはならないようにしよう」って思って気を付けるようにしてます。あと自分に悪気はなくても他人を不快にさせてしまうこともあると思うから、自分が言われてうれしくないことは、あんまり人に言わないようにしています。

撮影◎金井堯子

 

【番組情報】
衝撃ゴウライガン!!
テレビ東京 ほか
毎週金曜 深1.23~1.53 ほか

【プロフィール】
しんかわ・ゆあ 1993年12月28日生まれ、埼玉県出身。雑誌『Seventeen』の専属モデルとして活躍中。主な出演作に、ドラマ「GTO」(フジテレビ系)、「35歳の高校生」(日本テレビ系)、映画『今日、恋をはじめます』など。11月13日からは出演舞台「鬼切姫 第二章 来るべき日」が控える。

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『青の帰り道』清水くるみ「台本を読んで、母親とぶつかった反抗期の自分を思い出しました」

映画2018年12月10日

 夢への挑戦、挫折、葛藤…。誰もが経験する青春の痛みと成長を、真野恵里菜、横浜流星ら注目の若手俳優総出演で描いた群像劇『青の帰り道』が、12月7日に全国公開された。母親との関係に悩みながら、さまざまな経験を経て成長していく少女キリを演じたの … 続きを読む

「学芸員の先生が『桂久武は井戸田さんにピッタリ』と言ってくれたおかげで、気持ちよく演じることができました」井戸田潤(桂久武)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年12月9日

 名門・島津家の血筋に生まれ、家老を務めるなど、幕末から明治初期にかけて活躍した元薩摩藩士・桂久武。西郷隆盛(鈴木亮平)とは若い頃から深い親交を結び、西南戦争にも同行することとなった。演じたのは、人気お笑いコンビ、スピードワゴンの井戸田潤。 … 続きを読む

「新八を演じたこの1年、とても貴重な経験をさせていただきました」堀井新太(村田新八)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年12月9日

 ついに幕を開けた西南戦争。新政府軍と反乱士族たちの争いであると同時に、幼なじみである西郷隆盛(鈴木亮平)と大久保利通(瑛太)にとっては苦渋の戦いとなった。そしてもう1人、西郷と共に戦う道を選んだ幼なじみが、村田新八である。かつては共に島流 … 続きを読む

【映画コラム】実話を基にしたアジア映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』『暁に祈れ』

映画2018年12月8日

 今回は相次いで公開された、実話を基にしたアジア映画を2本紹介する。  まずは、インド映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』から。こちらは、愛妻を楽にしたい一心で始めた工夫が、安全で安価な生理用品の普及につながったというひょうたんから駒 … 続きを読む

【インタビュー】「炎上弁護人」真木よう子 初挑戦の弁護士役は「演じやすい」 ネット社会に対する憂いも吐露

ドラマ2018年12月4日

 アウトローな弁護士・美帆と、火事の映像をネットにアップしたことで炎上し、彼女に助けを求める主婦・朋美が世間に立ち向かいながら、やがて固い絆で結ばれていく姿を描いたヒューマンドラマ「炎上弁護人」。本作で主人公・美帆役を演じる真木よう子が、初 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top