【気になるPERSON2013】根岸拓哉 ドラマ「ウルトラマンギンガ」

2013年7月8日 / 14:35

 7月10日スタートの「ウルトラマンギンガ」で、新世代のウルトラマンを演じる根岸拓哉さん。「絶対に10代のうちに特撮ヒーローものをやりたい」と願っていたという彼の思いが、ついにかなった形だ。NEWヒーローを演じる根岸さんの、その素顔を探ってみました。

――演じるヒカルはどういう人物ですか?

 正義感にあふれていて何事にも好奇心旺盛、どんなことにも物おじしないというか。みんなの中心に立って引っ張っていく存在ですね。でもちょっと恋愛に不器用なところもあって、自分のことになると意外に弱いタイプです(笑)。

――演じている中で難しい点は?

 僕は体の線が細いので、ちょっと気を抜くとナヨッとした弱い印象の動きに見えてしまうことが多いんです。だから常に男らしくというか、ドンと強そうに見えるように心掛けましたね。電車に乗って現場に向かっているときも、ずっと意識してガニ股でいるとか。

――撮影ではその成果が出ました?

 そうですね。監督のアベ(ユーイチ)さんが先日メガホンを取られた際に「おう、ヒーローっぽくなってんじゃん!」と言ってくださったので、すごくうれしかったです!

――もともとヒーロー作品には思い入れがあったんですか?

 僕、幼稚園の頃から「ヒーローになりたい!」という憧れを抱いていまして。こういうお仕事をさせていただいてからも「絶対に10代のうちに特撮ヒーローものをやりたい」って思っていたんです。そうした中で「ギンガに受かりました~!」っていう報告をもらったので、素直にうれしかったですね。

――オーディションに受かる自信はありました?

 これまでもいろいろなオーディションを受けてきましたが、うまくいくことってそうそうないんですよね。だから今回もオーディションの前日までは「また受からないのかな…」というテンションでいたんですけど、でもいざ1次審査を受けてみたら「あ、これは受かるかもしれない」っていう、何だか自信のようなものが湧いてきたんです(笑)。そうしたら本当に1次が通って2次審査に呼ばれて、気付いたら最終審査にも行って。もう「はい、いただきましたぁ!」って感じでしたね(笑)。こんな感覚になったのは初めてだったので、ある意味この作品に出会えたのは僕にとって運命だったのかなと思います。

――撮影にもスムーズに参加できましたか?

 それが…いざ決まって台本を読ませていただくと、ページをめくっても、めくっても、ヒカル(の出番)なわけですよ(笑)。本当にプレッシャーというか「ウルトラマン」の偉大さと主演の重みをひしひしと感じて「あ、これは僕には無理だ」と。それからは本読みをしても全然役がつかめなくて、「ヒカルってどういう人間なんだろう」ってずっと悩み続けてしまって…。でも監督やキャストのみんなと話をしていくうちに「そうか、自分一人じゃないんだな」と思えたんですよね。主演ということにばかり重みを感じているのではなく、みんなで作っていく中で、自分なりのものが出せるんじゃないのかなって。それからは開き直ったというか、僕の中で新しい感覚が生まれたというか。本編のクランクイン時には力まずにヒカルを演じられるようになっていました。

 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元インタビュー】西銘駿、舞台「ダンガンロンパ3」主演に「ワクワクが大きい」

アイドル2018年7月16日

 「ダンガンロンパTHE STAGE〜希望の学園と絶望の高校生〜」(初演14、再演16)、「スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE〜さよなら絶望学園」(初演15、再演17)に続く、舞台化シリーズ第3弾となる「ダンガンロンパ3 THE … 続きを読む

「僕と小栗さんの関係が、西郷さんと坂本龍馬に似ていると思いながら演じています」鈴木亮平(西郷吉之助)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年7月15日

 吉之助が島から召還され、物語が大きく動き始めた大河ドラマ「西郷どん」。京に上った吉之助は、坂本龍馬(小栗旬)、勝海舟(遠藤憲一)、岩倉具視(笑福亭鶴瓶)、桂小五郎(玉山鉄二)といった英傑たちと出会い、明治維新に向かって突き進んでいく。通称 … 続きを読む

【映画コラム】オリジナルへの回帰的な側面もある『ジュラシック・ワールド/炎の王国』

映画2018年7月14日

 前作『ジュラシック・ワールド』(15)から3年後を舞台した『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が公開された。  恐竜たちが放置されたままのイスラ・ヌブラル島の火山が噴火の兆候を示し始める。恐竜たちを見捨てるのか、保護するのかの議論が行われ … 続きを読む

【2.5次元インタビュー】佐奈宏紀&長江崚行、バカリズムが描く「ひらがな男子」は「新しい波の中にある作品」

アイドル2018年7月13日

 日本テレビで放送中のバラエティー番組「アイキャラ」で、バカリズムの原案によって生まれた、ひらがなを擬人化したキャラクター「ひらがな男子」。ゲームアプリ、そして劇場版上映とメディアミックスで展開される中、7月20日からは舞台版が上演される。 … 続きを読む

劇中映画も自ら撮影!映画監督役に感じる「大きな必然」斎藤工(元住吉祥平)【「半分、青い。」インタビュー】

ドラマ2018年7月9日

 漫画家の夢破れた鈴愛(永野芽郁)の新たな人生を描く「人生・怒涛 編」で、鈴愛が出会う“魅惑のだめんず”の一人で、いっこうに新作が撮れない芸術家肌の映画監督・元住吉祥平を演じる斎藤工。今年公開された初の長編監督映画『blank13』で映画監 … 続きを読む

page top