【気になるPERSON2013】新川優愛 ドラマ「衝撃ゴウライガン!!」

2013年10月2日 / 19:27

雑誌「Seventeen」の専属モデルとして活躍し、4日スタートの「衝撃ゴウライガン!!」(テレビ東京系)では霊感が強い女子高校生を演じている新川優愛さん。今回は真冬に行われたという撮影でのエピソードや、自称「ホラー大好き!」な優愛さんの怪談話(?)などについて伺いました。カワイらしい一面が満載です!

――この物語について聞いたときは、どう思いましたか?

 新しいなと思いました。普通、「特撮」って聞いたら人が変身をするというのが一般的だと思うんですけど、この物語に関しては全然違っていて。兆真界(ちょうしんかい)の人々が特殊な姿のままで普通に家事をしたり、食事をしたりしているんです(笑)。最初に聞いたときはそれがすごくシュールだなと思いました。

――演じるヒトミはどういう女の子ですか?

 小さいころから霊感が強くて、そのせいで人と関わることがあまり好きではなくなってしまった女の子です。楽しみといえば一人で落語を聴いているときだけ、というような。でもとってもいい子で、おばあちゃん思いな子でもあるので、私はすごく好きですね。

――お芝居で難しかったのはどんな部分ですか?

 私には霊感が全く無くて、変なものが見えるということのつらさが分からなかったので、そこは難しいなと思いました。でも何か分からないものがふとした時に見えるのはすごく悲しいし、それは落ち込んじゃうだろうなと思って、撮影のときは控室で1回自分のテンションを落としてから現場に入る、ということをしていましたね。

――撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

 物語は夏の設定なんですけど、実際に撮影していたのが去年の11月から1月ごろだったんです。そんな中、夏服でいるのはすっごく寒くて! 演技ではなるべく表情に出さないようにはしていたんですけど、自然と顎などが震えちゃうんですよね。メーキング映像などでは私、多分「寒い」しか言ってないと思います(笑)。でも現場自体はすごく楽しかったですよ。街中を光人(ひかりびと)に追い掛け回されるシーンなどもあって、私は必死に逃げているんですけど走るのが遅いから、すぐに追い付かれてしまったこともあったりして(笑)。あとオフの時間では現場の端っこに光人の脱げ殻が置いてあって、そういう図も面白かったです。みんな素材が違うので、つい触ってみたくなるんですよね。

――抜け殻を触ってみたんですか? 

 触ってました。でも1回ボールみたいな柔らかい部分を思い切り押したら、戻らなくなちゃって(笑)。「ごめんなさい! やばい! どうしよう!」って大慌てになったんですけど、スタッフさんと二人でこっそり違う所から空気を入れたりして何とか元に…。いやぁ、あのときはテンパりましたね。でもセーフです、誰にもバレずに済みましたから(笑)。

――ちなみに新川さん自身はホラー物、得意?

 DVDなどを見るのは大丈夫ですし、よく見ますよ。でもいざ怖いシーンが流れ出すと、(手で目隠しをして)こうやってます。

――それは「見てる」とは言わないんじゃ…。

 友達からもよく言われます(笑)。お化け屋敷なんかも目を閉じた状態で友達に連れて行ってもらうんですよ。でも偶然、目を開けたりしたときに突然手がバンッと目の前に出てきちゃったりすると、すごい叫んじゃうんです(笑)。

――最後に「ここを見てください!」という部分を教えてください。

 ヒトミは最初みんなに心を開かないことが多かったんですけど、兆真界の光人たちと関わることによって、ちょっとずつ明るく成長していくんです。そんなヒトミの姿を通して一歩踏み出す勇気を皆さんにも感じていただけたらなと思います。ぜひ楽しんで見てください!

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『青の帰り道』清水くるみ「台本を読んで、母親とぶつかった反抗期の自分を思い出しました」

映画2018年12月10日

 夢への挑戦、挫折、葛藤…。誰もが経験する青春の痛みと成長を、真野恵里菜、横浜流星ら注目の若手俳優総出演で描いた群像劇『青の帰り道』が、12月7日に全国公開された。母親との関係に悩みながら、さまざまな経験を経て成長していく少女キリを演じたの … 続きを読む

「学芸員の先生が『桂久武は井戸田さんにピッタリ』と言ってくれたおかげで、気持ちよく演じることができました」井戸田潤(桂久武)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年12月9日

 名門・島津家の血筋に生まれ、家老を務めるなど、幕末から明治初期にかけて活躍した元薩摩藩士・桂久武。西郷隆盛(鈴木亮平)とは若い頃から深い親交を結び、西南戦争にも同行することとなった。演じたのは、人気お笑いコンビ、スピードワゴンの井戸田潤。 … 続きを読む

「新八を演じたこの1年、とても貴重な経験をさせていただきました」堀井新太(村田新八)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年12月9日

 ついに幕を開けた西南戦争。新政府軍と反乱士族たちの争いであると同時に、幼なじみである西郷隆盛(鈴木亮平)と大久保利通(瑛太)にとっては苦渋の戦いとなった。そしてもう1人、西郷と共に戦う道を選んだ幼なじみが、村田新八である。かつては共に島流 … 続きを読む

【映画コラム】実話を基にしたアジア映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』『暁に祈れ』

映画2018年12月8日

 今回は相次いで公開された、実話を基にしたアジア映画を2本紹介する。  まずは、インド映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』から。こちらは、愛妻を楽にしたい一心で始めた工夫が、安全で安価な生理用品の普及につながったというひょうたんから駒 … 続きを読む

【インタビュー】「炎上弁護人」真木よう子 初挑戦の弁護士役は「演じやすい」 ネット社会に対する憂いも吐露

ドラマ2018年12月4日

 アウトローな弁護士・美帆と、火事の映像をネットにアップしたことで炎上し、彼女に助けを求める主婦・朋美が世間に立ち向かいながら、やがて固い絆で結ばれていく姿を描いたヒューマンドラマ「炎上弁護人」。本作で主人公・美帆役を演じる真木よう子が、初 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top