【気になるPERSON2013】新川優愛 ドラマ「衝撃ゴウライガン!!」

2013年10月2日 / 19:27

雑誌「Seventeen」の専属モデルとして活躍し、4日スタートの「衝撃ゴウライガン!!」(テレビ東京系)では霊感が強い女子高校生を演じている新川優愛さん。今回は真冬に行われたという撮影でのエピソードや、自称「ホラー大好き!」な優愛さんの怪談話(?)などについて伺いました。カワイらしい一面が満載です!

――この物語について聞いたときは、どう思いましたか?

 新しいなと思いました。普通、「特撮」って聞いたら人が変身をするというのが一般的だと思うんですけど、この物語に関しては全然違っていて。兆真界(ちょうしんかい)の人々が特殊な姿のままで普通に家事をしたり、食事をしたりしているんです(笑)。最初に聞いたときはそれがすごくシュールだなと思いました。

――演じるヒトミはどういう女の子ですか?

 小さいころから霊感が強くて、そのせいで人と関わることがあまり好きではなくなってしまった女の子です。楽しみといえば一人で落語を聴いているときだけ、というような。でもとってもいい子で、おばあちゃん思いな子でもあるので、私はすごく好きですね。

――お芝居で難しかったのはどんな部分ですか?

 私には霊感が全く無くて、変なものが見えるということのつらさが分からなかったので、そこは難しいなと思いました。でも何か分からないものがふとした時に見えるのはすごく悲しいし、それは落ち込んじゃうだろうなと思って、撮影のときは控室で1回自分のテンションを落としてから現場に入る、ということをしていましたね。

――撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

 物語は夏の設定なんですけど、実際に撮影していたのが去年の11月から1月ごろだったんです。そんな中、夏服でいるのはすっごく寒くて! 演技ではなるべく表情に出さないようにはしていたんですけど、自然と顎などが震えちゃうんですよね。メーキング映像などでは私、多分「寒い」しか言ってないと思います(笑)。でも現場自体はすごく楽しかったですよ。街中を光人(ひかりびと)に追い掛け回されるシーンなどもあって、私は必死に逃げているんですけど走るのが遅いから、すぐに追い付かれてしまったこともあったりして(笑)。あとオフの時間では現場の端っこに光人の脱げ殻が置いてあって、そういう図も面白かったです。みんな素材が違うので、つい触ってみたくなるんですよね。

――抜け殻を触ってみたんですか? 

 触ってました。でも1回ボールみたいな柔らかい部分を思い切り押したら、戻らなくなちゃって(笑)。「ごめんなさい! やばい! どうしよう!」って大慌てになったんですけど、スタッフさんと二人でこっそり違う所から空気を入れたりして何とか元に…。いやぁ、あのときはテンパりましたね。でもセーフです、誰にもバレずに済みましたから(笑)。

――ちなみに新川さん自身はホラー物、得意?

 DVDなどを見るのは大丈夫ですし、よく見ますよ。でもいざ怖いシーンが流れ出すと、(手で目隠しをして)こうやってます。

――それは「見てる」とは言わないんじゃ…。

 友達からもよく言われます(笑)。お化け屋敷なんかも目を閉じた状態で友達に連れて行ってもらうんですよ。でも偶然、目を開けたりしたときに突然手がバンッと目の前に出てきちゃったりすると、すごい叫んじゃうんです(笑)。

――最後に「ここを見てください!」という部分を教えてください。

 ヒトミは最初みんなに心を開かないことが多かったんですけど、兆真界の光人たちと関わることによって、ちょっとずつ明るく成長していくんです。そんなヒトミの姿を通して一歩踏み出す勇気を皆さんにも感じていただけたらなと思います。ぜひ楽しんで見てください!

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「気負わず、僕なりの坂本龍馬を演じていきたい」小栗旬(坂本龍馬)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年8月19日

 倒幕のために動き出した西郷吉之助(鈴木亮平)は、幕府と敵対する長州との連携を模索する。やがて薩長同盟となって実を結ぶ両藩の橋渡し役を務めるのが、幕末の風雲児・坂本龍馬だ。幕末の英傑の中でも一際人気の高いこの人物を演じるのは、これが7度目の … 続きを読む

「見ている方に楽しんでもらえることを常に心掛けています」高橋光臣(海江田武次)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年8月18日

 一橋慶喜(松田翔太)と決別し、いよいよ倒幕に向けて動き出した西郷吉之助(鈴木亮平)。その幼なじみで、若い頃から行動を共にしてきたのが、薩摩藩士・海江田武次だ。弟たちが桜田門外の変で命を落とし、薩英戦争の引き金となった生麦事件の当事者になる … 続きを読む

【インタビュー】藤田玲&佐藤流司 2.5次元では見せない新たな顔『ダブルドライブ』

映画2018年8月17日

 数々の正統派ミュージカルから2.5次元作品や舞台、「絶狼〈ZERO〉」シリーズなどの映像作品とマルチな才能を見せる藤田玲。ミュージカル『刀剣乱舞』などで知られ、2.5次元ミュージカルで不動の人気を誇る佐藤流司。今、注目を集める2人の俳優が … 続きを読む

【芸能コラム】生活保護、出産…。社会の問題と向き合う漫画原作ドラマ 「健康で文化的な最低限度の生活」「透明なゆりかご」

ドラマ2018年8月14日

 興行ランキングをにぎわせる大ヒット映画から視聴率が話題となる人気テレビドラマまで、今や日本の映像文化は漫画原作なしには成立しない。その中でも特に注目を集めるのは、やはり華やかなエンターテインメント作品。だが、一口に「漫画原作」といってもそ … 続きを読む

地味な弟から頼もしい食堂の3代目店長へ!斜め上行く展開に「人生いろいろあるな…」上村海成(楡野草太)【「半分、青い。」インタビュー】

ドラマ2018年8月13日

 子どもの頃は一つ違いの快活な姉・鈴愛(永野芽郁)に隠れて目立たなかったが、大学生活を経て就職、結婚し、今ではつくし食堂の3代目店長になるほど頼もしい存在となった草太役を好演している上村海成。斜め上いくキャラクター展開に驚きながらも、丁寧に … 続きを読む

page top