ダイアモンド☆ユカイさん、カバーアルバム『Respect』発売

2012年7月30日 / 17:00

元レッドウォーリアーズのボーカルで、現在はバラエティー番組でも活躍中のダイアモンド☆ユカイさんが、7月、カバーアルバム『Respect』をリリースした。同アルバムのテーマはずばり、“男が泣ける男の歌”。心にぐっと迫る“昭和の男の歌”を厳選し、いずれも敬意を込めて自分色に染め直した。バラエティーでは会えない、ロック歌手・ダイアモンド☆ユカイの“シンガー”の魅力を堪能できる1枚だ。

昭和のあのころにはぐっとくる名曲があった

“昭和の男の歌”を厳選

Q 今回、カバーアルバムを制作したいきさつは?

A カバーアルバムって、世の中に出尽くした感があるけれど、これまでは女性の歌を男性が歌うものが多かったと思う。でも、俺の青春時代には、今どきの草食男子とは全然違う、男くさい歌がちまたに流れてたんだよ。だから、そういう曲に敬意を捧げるっていう意味も込めて、“昭和の男の歌”のカバーアルバムを作れたらいいんじゃないかなと思って。最近の歌を聴いてもあんまりぐっとこないんだけど、昭和のあのころには、ぐっとくる名曲があったんだよね。

Q ぐっとくる曲とこない曲の違いは?

A 世代からくる感覚の違いかもしれない。“サムシング”もあるけど。ヒップホップとかもいろいろ聴いていて、いいなぁとは思うんだけど、あんまり自分の人生の中には入ってこない感じなんだよね。まあ、しょうがないね。人生でぐっとくる曲に、何曲出合えるのか?っていうのがあるから。だから出合えるとうれしいよね。

Q アルバムには同世代の男性に向けた応援歌のような意味合いもある?

A そうだね。俺と同世代か、その上の人たちを応援する気持ちは大きいね。だけど、そこだけを目掛けているわけじゃなくて、もっと若い人にも聴いてほしいと思ってる。前にバラエティー番組に出たときに、AKBの子たちに「ユカイさんって歌も歌うんですか?」って言われてさ。俺、ロックバンドとしてデビューしていて、一応“歌手”なんだよね。でも、バラエティー番組で俺を見ている人は、そのことを知らないと思うんだ。若い人は、俺がバンドをやってたころにはまだ生まれてなかっただろうし。そういう若い人たちにも、俺が歌を歌っているところを見せたいと思うんだ。しかも、どうせ歌を聴かせるなら、俺が自分のフィールドで歌った歌を聴かせたいなって思ってさ。

Q 選曲はどのように?

A “男が泣ける曲”をテーマにして、いろんなスタッフの意見を取り入れて決めたんだよね。でも、1曲ぐらいは自分が歌いたい曲を選曲してもいいんじゃないかなと思って、「ちあきなおみさんの『紅い花』が歌いたい」って言った。でも、それを聞いたスタッフは、「え、女の人の歌だよね」ってポカーンとしちゃってさ。ところが、実はこれ、“男の歌”なんだよ。この歌を作曲した杉本真人さんが歌っていて、知る人ぞ知る名曲なんだけど、歌詞に一番ぐっときたんだよね。俺にとって「紅い花」は、レッドウォーリアーズの歌なんだよ。

Q 女性の曲といえば、松田聖子さんの「SWEET MEMORIES」も収録されていますね。

A スタッフに薦められたんだけど、これこそ“女の歌”だったからね。確かにいい曲だけど、俺、オカマじゃないしさ(笑)。でもまあ、ボーナストラックならいいかって思い始めて。しかも、デュエットにしたら、松田聖子さんとは違う、新しい「SWEET MEMORIES」ができるんじゃないかって思って。それで「じゃあ、デュエットにさせてくださいよ」って言ったんだよね。

Q デュエットのパートナーにYOUさんを指名した理由は?

A たまたまYOUの番組に出たときに、彼女が昔、バンドで歌っていたことを思い出してさ。フェアチャイルドのトンチンカンな感じが面白かったんだよね。一緒に歌ったら面白いんじゃないかなって思って誘ったら、YOUが「いいけど、声がガラガラよ」って。実際にやってみたら、本当にガラガラだったんだよね(笑)。それでも一生懸命歌おうとしていたから、「もっと軽く歌えばいいんじゃないの?」ってアドバイスしたの。そしたら昔を思い出したんだろうね。ウィスパーの歌い方になってさ。いいじゃん!って。YOUとも「ウィスパーって絶滅危惧種だよね。最近あんまり聞かないよね」って話したんだけど、そういう意味で、『Respect』は世界遺産になるアルバムだと思うよ。絶滅危惧種の人たち(の歌)がいっぱい入ってるから。世界遺産に登録した方がいいかもしれない(笑)。

Q 唯一、ザ・ブルーハーツの「情熱の薔薇」は同世代のアーティストのカバーでしたが。

A 同世代の人の曲を1つぐらいやれたらいいなって思ったときに、レッドウォーリアーズと同じころにデビューしたザ・ブルーハーツがいいと思って。この曲に関しても、リスペクトの意味を込めてアレンジを大幅に変えさせてもらった。

 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第三回「栄一、仕事はじめ」庶民の日常を見つめるドラマと大河ドラマらしいスケール感が一体化した作品の魅力

ドラマ2021年3月2日

 手塩に掛けて育てた藍葉が虫害に遭い、苦境に陥った家業を助けたい一心から、母・ゑい(和久井映見)に頼み込み、父・市郎右衛門(小林薫)に無断で、他の村から藍葉を買い付けてきた栄一(吉沢亮)。それを怒られるのではないかと、庭に積まれた藍葉の山を … 続きを読む

【インタビュー】舞台「陽だまりの樹」早乙女友貴 手塚治虫原作の「今の世の中の状況とリンクする物語」で挑む武士役

舞台・ミュージカル2021年3月2日

 手塚治虫の名作『陽だまりの樹』が舞台化され、3月5日から上演される。本作は、幕末を舞台に、ちゃらんぽらんな性格だが、医師としての情熱と優れた技術を持つ手塚良庵と、剣の才能に恵まれ、正義感が強い下級武士・伊武谷万二郎が、時に恋敵となり、時に … 続きを読む

【インタビュー】映画『半径1メートルの君~上を向いて歩こう~』秋山竜次&品川ヒロシ監督「笑いにくい時代だからこそ、笑わせたい」

映画2021年3月1日

 コロナ禍で人々の心が曇ってしまう今だからこそ、エンタメの力で人々の心を元気にしたい。そんな思いから、吉本興業が企画・製作した映画『半径1メートルの君~上を向いて歩こう~』が公開中だ。この企画には、岡村隆史、又吉直樹、近藤春菜、粗品、水川あ … 続きを読む

「泥くさく生き抜く渋沢栄一の強さを見てほしい」吉沢亮(渋沢栄一)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年2月27日

 2月14日の放送スタート以来、好調な滑り出しを見せるNHKの大河ドラマ「青天を衝け」。幕末から昭和にかけ、最後の将軍・徳川慶喜に仕えた後、実業家として500を超える企業に携わった“日本資本主義の父”渋沢栄一の激動の生涯を描く物語だ。主演を … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「お茶にごす。」 鈴木伸之&瀬戸利樹がヤンキーの茶道部員に 「2カ月間、お茶の稽古に励みました」

ドラマ2021年2月27日

 劇団EXILEの鈴木伸之が主演するドラマ「お茶にごす。」が、3月5日からAmazon Prime Videoで配信される。原作は『今日から俺は!!』などで知られる西森博之の同名コミック。中学最強の不良と恐れられ、“悪魔(デビル)まークン” … 続きを読む

amazon

page top