小関裕太&岡宮来夢、念願のロミオ役に「プレッシャーも力に変えて頑張りたい」【インタビュー】

2024年4月19日 / 08:00

 上演の度に大きな話題を呼ぶミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の3年ぶり6度目の上演が決定。5月16日に東京・新国立劇場 中劇場で幕を開ける。

 本作は、2001年にフランスで生まれ、世界20カ国以上で600万人以上を動員したメガヒットミュージカルだ。日本では、10年に小池修一郎演出により宝塚歌劇団によって初演された。その後、11年に新たに〈日本オリジナルバージョン〉が誕生し、以降、再演を重ねている。今回の公演でロミオ役を務める小関裕太と岡宮来夢に本作への思いや公演への意気込みを聞いた。

(左から)岡宮来夢(左/ヘアメーク:村田樹/スタイリスト:能城匠)と小関裕太(ヘアメーク:Emiy(エミー)/スタイリスト:能城匠) (C)エンタメOVO

-岡宮さんは、スケジュールが厳しい中、ご本人たっての希望でオーディションに参加されたと聞いています。改めて出演が決まった心境を教えてください。

岡宮 元々別の仕事が決まっていたので、稽古になかなか出られなくてご迷惑をかけてしまうことになるのではないかという思いがあったのですが、「受けずに終わるのは嫌だ。落ちてもいいから受けてみたい」と思い、無理を言って歌を聞いていただいたのがきっかけでした。ずっと出演したいと思っていた作品だったので、出演が決まったときは本当にうれしかったです。分かっていたことですが、すごく過酷で大変なスケジュールになりますし、たくさんの方にご迷惑をかけてしまうと思いますが、出演が決まったからにはプレッシャーも力に変えて頑張りたいと思っています。

-この作品のどんなところに引かれて、出演したいと思っていたのですか。

岡宮 恥ずかしながら、この作品がどんなストーリーなのかを知ったのは、俳優として活動をし始めた頃に受けたワークショップで「ロミオとジュリエット」の戯曲を読ませてもらったときでした。そこで「ロミオとジュリエット」から派生した作品がたくさんあることを知って、俳優として人生を送っていく中で、原点ともいえるロミオという役をいつか演じてみたいという思いを持つようになりました。そうした中、21年の公演で大好きな(黒羽)麻璃央くんがロミオを演じられるというので公演を見に行かせていただいたら、楽曲がすてきで、小池先生の演出もすばらしくて、衝撃を受け、この舞台に立ちたいと強く思ったんです。それで、今回、あきらめきれずにオーディションに参加し、出演させていただくことになりました。

-小関さんはいかがですか。 

小関 僕もオーディションを受けました。出演が決まったときはうれしかったです。オーディションを受ける前は、少年ならではの情熱と青春が描かれたこの作品で、16歳のロミオを実年齢28歳の僕が演じられるのかと考えました。ただ、作品と向き合えば向かい合うほど、きっとこのタイミングでしか演じられないのではないかと思うようになりました。この作品の楽曲の難しさ、作品やロミオへの理解力という意味でも、「今」で良かったのかもしれないと感じています。

-小関さんは、「ロミオ&ジュリエット」やシェークスピア作品に出演することについては、どのような思いがありますか。

小関 まず、僕はミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の初演と再演を実際に劇場で観劇しているんです。初演のときは、僕はまだ高校生でしたが、あの美しい世界は今でも鮮明に覚えています。その後も、佐藤健さんが出演されたストレートプレーの「ロミオ&ジュリエット」も観劇しました。出演が決まってからは映像で蜷川幸雄さんが演出された藤原竜也さん主演の作品も見ました。(ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の)2021年の後輩の甲斐翔真さんが出ていた公演も、麻璃央くんが出ていた公演も、古川雄大さんがロミオを演じていた年も見ています。見比べると面白いんです。そうしてたくさんの作品を見たので、理解もだいぶ深まっていると思います。

 それから、この作品がシェークスピアの戯曲を原作とした作品であるということは、僕がこの作品に携わってみたいと思った大きな理由の1つです。23年に出演した舞台「キングダム」で、壤晴彦さんとご一緒させていただいたとき、シェークスピア作品についてお話をたくさん聞かせていただきました。壤さんは、「ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー」と交流があったり、蜷川さんの舞台にもご出演されていたので、とてもお詳しくて。そうしたお話を聞く中で、シェークスピアの作品を知ることによって理解が深まることも多いんだろうと興味を持ち始めたタイミングで、オーディションのお話をいただいたので、これはある種、運命だなと思って受けさせていただいた経緯があります。なので、僕もこの作品に今、とても前のめりになっています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第十九回「放たれた矢」華やかな宮廷劇の傍らで巧みに描かれたまひろの父の出世劇【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年5月18日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。5月12日に放送された第十九回「放たれた矢」では、権力の頂点に立った藤原道長(柄本佑)の活躍を軸に、藤原伊周(三浦翔平)・隆家(竜星涼)兄弟との確執や、図らずも実現した主人公まひろ(吉高由里子) … 続きを読む

「時代劇には無限の可能性があると思います」『碁盤斬り』白石和彌監督【インタビュー】

映画2024年5月17日

 身に覚えのない罪をきせられ、故郷の彦根藩を追われ浪人となった柳田格之進(草なぎ剛)は、娘のお絹(清原果耶)と江戸の貧乏長屋で暮らしていた。そんなある日、旧知の藩士からかつての事件の真相を知らされた格之進は復讐(ふくしゅう)を決意する。古典 … 続きを読む

【週末映画コラム】新作のラインアップに時代劇が並ぶ喜び『碁盤斬り』/『鬼平犯科帳 血闘』

映画2024年5月17日

『碁盤斬り』(5月17日公開)  柳田格之進(草なぎ剛)は、身に覚えのない罪をきせられた上に妻も失い、故郷の彦根藩を追われ浪人となった。今は娘のお絹(清原果耶)と一緒に江戸の貧乏長屋で暮らしている。  何ごとにも実直で、曲がったことが許せな … 続きを読む

柏木悠&石川凌雅&福澤侑「昭和のヤンキーはおしゃれで渋みがある」 ドラマ「ゴーストヤンキー」【インタビュー】

ドラマ2024年5月16日

 現在放送中のドラマ「ゴーストヤンキー」。本作は、陸上選手の夢を絶たれ、人生に絶望した少年・風町トゲルが、ひと癖もふた癖もある“幽霊の昭和ヤンキー”集団「わんぱく団」と出会い、人生が大きく変わっていくオリジナルストーリー。霊界で起こる不思議 … 続きを読む

藤原大祐「寝る前に毎日15分、ほっこりしてもらえたら」注目の若手俳優がテレビドラマ初主演 NHK夜ドラ「柚木さんちの四兄弟。」

ドラマ2024年5月16日

 5月27日から放送開始となるNHKの夜ドラ「柚木さんちの四兄弟。」は、藤沢志月氏の同名コミックを原作に、2年前に事故で両親を亡くした男だけの柚木家四兄弟の日常を描いた温かな物語だ。本作で、高校教師として働く四兄弟の長男・柚木隼を演じてテレ … 続きを読む

Willfriends

page top