小関裕太、音声ガイドの自己評価は「85点」 「イメージしたのはフィンランドの大自然」

2022年9月16日 / 16:08

展覧会ナビゲーターを務める小関裕太 (C)エンタメOVO

 「イッタラ展 フィンランドガラスのきらめき」取材会が16日、東京都内で行われ、展覧会ナビゲーターを務める小関裕太が出席した。

 フィンランド政府観光局は、ライフスタイルブランド「イッタラ」の創立140 周年を記念した「イッタラ展」を開催。会場では、陶器や磁器など、世界中で愛され続ける製品450点を紹介する。

 “大のイッタラファン”という小関は、一足先に会場を見学し、「もちろん展示も見応えがあるし、歴史も感じるのですが、何よりも照明と相まってすごくきれいだなという印象を受けました。いろんなカラーガラスもあれば、陶器や、『こんなものもイッタラにあったんだ』と思うようなものもあり、どれもとてもきれいでした」と笑顔で話した。

 本展の音声ガイドも担当した小関は「挑戦でした。皆さんが自分の声を聞きながら(会場を)巡るんだと思うと、緊張しました」といい、「完成度は?」と自己評価を求められると、「うーん、自分の今後への期待も込めて85点」と回答。

 「『ここはうまくいったな』と思うところもあれば、『ここはもっとサラッと言った方がよかったな』と思うところもあったので、自分に厳しく85点。高いかな…?」と苦笑しつつ、「音声ガイドはまだ始めて間もないので、これからも勉強だなと思いました」と語った。

 声を入れる際にイメージしたのは、「フィンランドの大自然」だという。「フィンランドに行ったときに、目の前に湖がある環境でサウナ小屋に入ったんです。体が温まり切ってから、そのまま湖に飛び込んだ。桟橋で寝転がりながら深呼吸をして、そのときに聞こえてきた風の音や水の音、遠くで遊んでいる男の子たちの笑い声。それが鮮明に残っているので、そのときの思いを大事にやってみました」と振り返った。

 また、実際にイッタラの製品を集めているという小関は「花瓶もいくつかありますし、『KURU(クル)』という、割と小ぶりなお皿があって、そこに鍵とか、財布とか、毎日自分が持ち歩くものを置いて使っています。生活の一部になっています」と話した。

 本展は、都内・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで9月17日~11月10日に開催。

 


芸能ニュースNEWS

「東京タワー」“透”永瀬廉の濃厚ラブシーンにもん絶 「私の全細胞が興奮した」「美し過ぎて心臓が持たない」

ドラマ2024年4月21日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第1話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、江國香織氏の同名恋愛小説が原作。愛を知らない医大生・小島透(永瀬)が20歳上の大人の女性・浅野詩史(板谷由夏)との許さ … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平にハマる視聴者続出 「“沼”な匂いしかしない」「ほわほわした役が最高過ぎる」

ドラマ2024年4月21日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第1話が、19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、19歳、29歳、39歳…各年代のラストイヤー“9ボーダー”の3姉妹がモヤり、焦りながら自分の生きる道を模索するヒューマン … 続きを読む

北山宏光主演の「きみけも」ラストの展開が「すごく怖い」 「闇が深くて目が離せない」「神崎も宮ノ森も危ない」

ドラマ2024年4月20日

 北山宏光が主演するドラマ「君が獣になる前に」(テレビ東京系)の第3話が、19日に放送された。  本作は、さの隆氏の同名漫画を原作に、ドラマオリジナルの脚本で実写化。人が持つ闇や獣性を描き、人間の暗部をとことんえぐる戦慄のノワール・サスペン … 続きを読む

「季節のない街」「キャッツを超えた!」「訳分からんパワーがすごい」

ドラマ2024年4月20日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第三話「半助と猫」が、19日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに、舞台 … 続きを読む

「Re:リベンジ」“大友郁弥”錦戸亮の“見せつけキス”に注目集まる 「悪い男だけれど、カッコ良い」「脳裏から離れない…」

ドラマ2024年4月19日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第2話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、巨大病院で巻き起こる権力争いをきっかけに、さまざまな事件が起こり、登場人物たちの「野心」と「復讐 … 続きを読む

Willfriends

page top