「自由に映像を撮れることを楽しんでいる作品だと思います」 山本奈衣瑠『走れない人の走り方』【インタビュー】

2024年4月18日 / 10:00

 映画監督の小島桐子はロードムービーを撮りたいと思っているが、限られた予算や決まらないキャストなど、数々のトラブルに見舞われる。理想と現実がずれていく中で、彼女はある選択をする。台湾出身で日本に留学し、東京藝術大学大学院映像研究科で学んだ蘇鈺淳(スー・ユチュン)監督が、卒業制作として手掛けた長編デビュー作『走れない人の走り方』が4月26日から公開される。本作で主人公の映画監督を演じた山本奈衣瑠に話を聞いた。

山本奈衣瑠(メーク:kika/スタイリスト:佐藤奈津美)(C)エンタメOVO

-まず、この映画に出演することになった経緯からお願いします。

 この映画の前に、(蘇鈺淳)監督が『鏡』という短編作品を作った時に初めてご一緒しました。ただ、藝大のような学校関係の映像作品には出たことがなかったし、私は大学には行っていないし、映像関係の学校の情報も全く知らなかったので、どういう環境で撮影するのだろうと思っていました。それで、監督と初めて会った時に、とてもすてきな方だったし、面白そうな脚本が届いたので、「やります」と。その後、監督から「年末に長編も撮るので、また一緒にやってくれませんか?」と言われて。だから今回の話ができる前からやることが決まっていた感じですね。

-では、脚本もだんだんと変わっていった感じですか。

 ベースは変わってないですが変化の過程は見ていました。初めて脚本をもらった時から、監督と脚本家のお二人とはお互いに意見を出し合うような、確認のラリーをずっとしていました。決定稿が出来るまで一緒に作っていった感じです。だから、キャストをどういう人にするかも一緒に考えました。

-監督の前で監督を演じるというのはどんな感じなのでしょう。何か不思議な感じがしましたか。

 不思議なところもありましたが、「監督ってめっちゃきつい」と思いました。みんなから「この後どうするの?」と常に聞かれるわけじゃないですか。一応プロデューサーや助監督の方もいるけれど、監督が何十人かの人を仕切って、結局どうしたいのかは監督が決めるわけですから。監督がすごく明るい人だったら現場も明るくなるし、落ち着いていたら現場もそうなるし、人間の体で言えば監督が脳みそ。だからそれを思ったら、「えっ、私がそれをやるの。桐子ってめっちゃつらそうで大変そう」と思いました。大変というのは、この子が抱えている問題のことです。でも大変だからこそ迷いがあって、だからこそ頑張っているとも言えます。その必死さみたいなものは、すごく演じがいがあると思ったし、一生懸命さみたいなところや、それがうまくいかないところなどは、自分ともちょっと似ているかなと思ったので、桐子と一緒に走っていこうと思いました。

-桐子にはちょっと自分勝手なとこもありますが、共感できましたか。

 割と共感できました。確かに、桐子は自分勝手だと思う。でも私にも、こだわりが強いとか、譲れないことが多いなど、自分勝手なところはあります。その分、自分にはない考えを持っている早織さんが演じたプロデューサーや周りのみんなには感謝しなきゃいけないと。そんな気持ちはありました。

-監督には映画を撮る喜びとプレッシャーがあると思いますが、演じていてそうしたことを感じたりはしましたか。

 どうですかね。でも、自分が桐子をやりながら監督を見ていて思ったのが、「まさに桐子と同じことを言われている」と(笑)。自分が違う現場に行った時に「あっ桐子だ」と思う人がいたりもしました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

松本穂香&犬飼貴丈&関口メンディー ドラマ「95」主演の高橋海人は「唯一無二の魅力的な人」【インタビュー】

ドラマ2024年5月20日

 高橋海人が主演するドラマ「95」がテレ東系で放送中だ。早見和真氏の青春小説が原作の本作は、大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆け抜けた高校生たちの熱き青春群像劇。  本作で高橋が演じる … 続きを読む

市村優汰、憧れは父・市村正親のような俳優 「プリンス・オブ・マーメイド」で舞台初主演に「死ぬ気で頑張る」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年5月19日

 俳優・市村正親の長男で、ミュージカル「オリバー!」で本格俳優デビューを果たした市村優汰が、8月8日から上演される海の音楽劇「プリンス・オブ・マーメイド~海と人がともに生きる~」で舞台初主演を果たす。市村が演じるのは、人魚の王子タリク役。石 … 続きを読む

「光る君へ」第十九回「放たれた矢」華やかな宮廷劇の傍らで巧みに描かれたまひろの父の出世劇【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年5月18日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。5月12日に放送された第十九回「放たれた矢」では、権力の頂点に立った藤原道長(柄本佑)の活躍を軸に、藤原伊周(三浦翔平)・隆家(竜星涼)兄弟との確執や、図らずも実現した主人公まひろ(吉高由里子) … 続きを読む

「時代劇には無限の可能性があると思います」『碁盤斬り』白石和彌監督【インタビュー】

映画2024年5月17日

 身に覚えのない罪をきせられ、故郷の彦根藩を追われ浪人となった柳田格之進(草なぎ剛)は、娘のお絹(清原果耶)と江戸の貧乏長屋で暮らしていた。そんなある日、旧知の藩士からかつての事件の真相を知らされた格之進は復讐(ふくしゅう)を決意する。古典 … 続きを読む

【週末映画コラム】新作のラインアップに時代劇が並ぶ喜び『碁盤斬り』/『鬼平犯科帳 血闘』

映画2024年5月17日

『碁盤斬り』(5月17日公開)  柳田格之進(草なぎ剛)は、身に覚えのない罪をきせられた上に妻も失い、故郷の彦根藩を追われ浪人となった。今は娘のお絹(清原果耶)と一緒に江戸の貧乏長屋で暮らしている。  何ごとにも実直で、曲がったことが許せな … 続きを読む

Willfriends

page top