野村麻純「吉高由里子さんの懐の深さに甘えています」 大河ドラマ初出演で主人公まひろの友人さわを好演【「光る君へ」インタビュー】

2024年4月14日 / 20:45

野村麻純(C)エンタメOVO

-まひろ役の吉高さんとの共演はいかがですか。

 一緒にお芝居できることが、本当に幸せです。すごくチャーミングで、いつも現場を楽しく盛り上げてくださって。その上、常に気にかけてくださるので、さわがまひろにグイグイ行くように、私も吉高さんの懐の深さに甘えて、いろんな相談に乗ってもらっています。吉高さんもそれにきちんと答えてくださいますし、どんなお芝居も受け止めてくださるので、ものすごく安心感があって。感情的になったさわがまひろに思いをぶつけるシーンでは、「カット」がかかった後も涙が止まらずにいたら、吉高さんが「こんなに泣いて…」と、親指で涙を拭いてくださったんです。思いがけないことで感激しました。

-視聴者として「光る君へ」の魅力をどう感じていますか。

 私も第一回から欠かさずオンエアを見ていますが、皆さんと同じように、まひろと道長の関係にはやきもきしっぱなしです。台本を読んで話は知っているはずなのに毎回新鮮で、テレビに向かって「くるよ、くるよ…」とか「ダメ、ダメ!」みたいな感じで突っ込みながら見ています(笑)。直秀(毎熊克哉)が亡くなるときは、知っていても誰にも言えなかったので、「この苦しい思いを、どうしたらいいの…?」と悶々として。オンエアも「死なないで!」と、ものすごく感情移入しながら見ていましたが、直秀が亡くならないとさわの出番が来ないので、すごく複雑でした。

-お気に入りの登場人物を教えてください。

 登場人物全員が魅力的ですが、中でも私のお気に入りは、(源倫子の飼い猫の)小麻呂と藤原実資(秋山竜次)さんです。

-初めての大河ドラマの現場を経験して、役者として学んだことは?

 役者は自分の力だけで役を演じられるわけではなく、皆さんの協力があって初めて、カメラの前に立つことができるんだなと痛感しました。もちろんそれはどの作品でも同じですが、大河ドラマは携わる方が多い分、よりそれを実感して。現場では美術スタッフの方が素晴らしいセットを用意してくださいますし、所作指導に加えて小道具も、琵琶から筆の使い方まで、一つ一つ指導してくださる先生がいらっしゃいます。その上、練習期間も含めて多くの時間と人が関わり、ほかのキャストやスタッフの皆さんにいろんなことを相談し、毎日その積み重ねの中から作品が生まれていく。撮影も、皆さんが現場で見守っていてくださるので、リハーサルでは緊張しても、カメラが回ると不思議と緊張が解け、余計なことを考えずにお芝居ができるんです。そういうことまで含めて、皆さんのおかげだなと、改めて思いました。

-演じる上で、現場ではどんなことを心掛けていますか。

 私自身としては、大河ドラマだからといって、気負いすぎるのも良くないので、普段通り自分が演じる人物の役割だけを意識するようにしています。プレッシャーを感じているからこそ、余計なことはしないようにと。ぶれそうになったら、さわとしての役割を思い出すようにしています。

-ところで、第十五回で仲たがいしてしまったさわとまひろの今後が気になるところですが…。

 第十六回では、今までため込んでいたまひろに対するさわの思いが一気に吹き出すことになります。でもそれは、まひろのことが好きで、信頼しているからこそ。第十五回と十六回でさわは「本当に同一人物なの?」と思うくらい、いろんな感情や表情を見せますが、そこには、自分にうそをつくことができず、正直に生きるさわらしさがよく表れています。それを皆さんがどんなふうに楽しんでいただけるのか、私も楽しみです。

(取材・文・写真/井上健一)

写真提供=NHK

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十四回「忘れえぬ人」“忘れえぬ人”への思いに突き動かされる人々のドラマ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月16日に放送された第二十四回「忘れえぬ人」では、思いがけない藤原宣孝(佐々木蔵之介)からの求婚と宋人の周明(松下洸平)への思いの間で揺れる主人公まひろ(吉高由里子)を中心に、さまざまな人間模 … 続きを読む

【週末映画コラム】70年代にこだわった『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』/とにかく草笛光子が素晴らしい『九十歳。何がめでたい』

映画2024年6月21日

『九十歳。何がめでたい』(6月21日公開)    数々の文学賞を受賞してきた作家の佐藤愛子(草笛光子)は、90歳を過ぎた現在は断筆宣言をして人付き合いも減り、鬱々(うつうつ)とした日々を過ごしていた。  そんな彼女のもとに、中年の … 続きを読む

森公美子、「天使にラブ・ソングを…」は「心の成長を描いたストーリー」 ブロードウェー来日版の上演に「本物に触れていただきたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月20日

 ウーピー・ゴールドバーグ主演の大人気コメディー映画『天使にラブ・ソングを…』を原作としたミュージカルの来日版、ブロードウェイ・ミュージカル「天使にラブ・ソングを…(シスター・アクト)」が7月3日から上演される。ウーピー・ゴールドバーグ自身 … 続きを読む

Matt「自分が自然のままの自分でいられるのが音楽」 吹奏楽部での経験から学んだこと【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月19日

-吹奏楽は室内で演奏するイメージがありましたが、日焼けもするんですね。  マーチングもやっていたので。マーチングの練習は校庭でやりますし、体力、肺活量が大事なので毎日、走っていました。それに、野球部の応援にも行っていましたね。野球の応援は、 … 続きを読む

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

Willfriends

page top