吉高由里子、平安貴族役に慣れ「袖をさばくしぐさが癖になりすぎ、私服のときもやってしまう」柄本佑、町田啓太、ファーストサマーウイカと共にファンの前でトーク 大河ドラマ「光る君へ」ファンミーティング

2024年3月19日 / 08:25

大河ドラマ「光る君へ」のファンミーティング。左から伊東敏恵アナウンサー、町田啓太、吉高由里子、柄本佑、ファーストサマーウイカ 写真提供=NHK

 3月18日、東京都内のNHKホールで、大河ドラマ「光る君へ」のファンミーティングが開催され、出演者の吉高由里子(紫式部/まひろ役)、柄本佑(藤原道長役)、町田啓太(藤原公任役)、ファーストサマーウイカ(清少納言/ききょう役)が出席。約8倍の抽選をくぐり抜けたファン2438人を前に、トークを繰り広げた。

 登壇した4人は「自分の役柄について」「お互いの印象について」などテーマに合わせてトークを展開。「平安時代の衣装を着こなす苦労」という話題では、吉高が「慣れてきたんですけど、袖をさばくしぐさが癖になりすぎ、私服のときもやってしまう。ないじゃん(笑)」と告白。袖の扱いには柄本も苦労している様子らしく、これに対して、ウイカは十二単(ひとえ)で撮影に臨む苦労を次のように語った。

 「20キロ近くあるので、本当に重くて、板の間に正座するとき、自分の体重+20キロが足の甲にかかってくる。それが痛くて、痛くて」

 一方、烏帽子(えぼし)が似合い過ぎ、「元々かぶっていたかのような」と指摘された町田は、「元々身長が高いので、これをかぶると3メートルぐらいになってしまう(笑)」と語り、長身の出演者が多いため、「よく見ると、ちょっと中腰で歩いているときがある」と裏話を明かした。

 「平安貴族を演じるとき、稽古で大変なことは?」というテーマでは、毎回のようにある文字を書くシーンが話題に。本来左利きの吉高は、右手で書く練習をしたそうで、「震えながら書いている」という。

吉高由里子(C)エンタメOVO

 また、各キャラクターが書く文字も、性格などに合わせて異なる書体が用意されているらしく、道長用の「道長フォント」について、柄本は、「僕しか書けないような感じの線」とその印象を語ると同時に、道長の書いた手紙は現存しているため、「それを参考にさせてもらいました」とのこと。しかも字体は年代に応じて変わり、和歌と漢詩でも異なるという。

柄本佑(C)エンタメOVO

 書道の経験があるウイカも、「清少納言はみんなが知っているから、ちょっとでも下手だと、めちゃくちゃたたかれるんじゃないかと思って、一生懸命練習した」と打ち明けた。

ファーストサマーウイカ(C)エンタメOVO

 また、前回の放送で藤原兼家(段田安則)を訪ねたまひろが「虫けらが迷い込んできた」と言われたことを踏まえ、吉高が「いいんですか? 私、貴族と名乗って」と遠慮すると、ウイカが「ここから、ここから」と励ます一幕も見られた。

 さらに話題は、男性陣の見せ場となった第7回の打毬(だきゅう)のシーンへ。柄本も町田も事前に練習を積んだらしいが、一昨年の10月ごろから馬の練習を始め、徐々に練習を積んでいったと語る柄本に対して、町田は、「乗馬の稽古に行っていたが、いくら稽古をしても馬が全く走らない」状態だったらしく、「走らないでやるのかな?」とまで思ったという。そしてそのまま本番を迎えたところ、「お馬さんが大先輩で、もうキャリアがすごいんで、乗ってるだけでやってくれる」と馬の様子が一変したことを明かした。これに柄本が、「初めて走って、ああやって絶対にできないよ」と驚くと、吉高、ウイカらも「すごいよね!」と賛同。客席からも大きな拍手が湧いた。

 大いに盛り上がったトークは、予定時間をオーバー。最後に登壇者が観客と一緒に写真撮影を行い、イベントは終了した。

 なお、「光る君へ」ファンミーディングの模様は、4月7日(日)午後5:30からNHK総合でも放送される。


芸能ニュースNEWS

「ブルーモーメント」 SDMに立ちはだかる謎の政治家が登場 「大丈夫。彼も海猿、分かってくれる」

ドラマ2024年6月13日

 山下智久が主演するドラマ「ブルーモーメント」(フジテレビ系)の第8話が、12日に放送された。(※以下、ネタバレあり)   本作は、同名コミックが原作。 内閣府直属チームSDM(特別災害対策本部)気象班統括責任者・晴原柑九朗(通称ハルカン、 … 続きを読む

「さっちゃん、僕は。」平野紫耀の弟・莉玖の登場シーンが“最高” 「莉玖くんの演技が自然体」「学園LIFEがリアルでいい」

ドラマ2024年6月12日

 FANTASTICSの木村慧人が主演するドラマ「さっちゃん、僕は。」(TBS系)の第1話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、朝賀庵氏による話題の同名漫画を実写化。大学進学のために地方から上京した主人公・片桐京介(木 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷大海”京本大我の“父”袴田吉彦が登場 「うわあ、クズ父だ」「渋谷くんの家庭環境が分かってつらかった」

ドラマ2024年6月12日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第11話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  渋谷くん(京本)が千夏(玉井詩織)を襲った男を殴り、逮捕される。人気俳優による暴行事件のニュースはあっという … 続きを読む

「366日」莉子と智也の“交際0日婚”カップルに胸キュン 「莉子が積極的でかわいい」「スピンオフが見たい」

ドラマ2024年6月11日

 広瀬アリスが主演するドラマ「366日」(フジテレビ系)の第10話が、10日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  “友達に戻る”。そう決めた雪平明日香(広瀬)と水野遥斗(眞栄田郷敦)。お互いに距離を取ったものの、友達に戻るためには時間が … 続きを読む

「95」最終回 “秋久”高橋海人ら5人のカラオケシーンが「最高」 「『95』の選曲センスに拍手」「超いい最終回」

ドラマ2024年6月11日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の最終話が、10日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

Willfriends

page top