反町隆史、「2人の娘を育てたことが『GTO』復活のきっかけになった」 令和の今だからこそ伝えたい“熱い思い” ドラマ「GTOリバイバル」【インタビュー】

2024年3月30日 / 10:00

 反町隆史が主演するドラマ「GTO」(1998年)が26年ぶりに復活し、カンテレ・フジテレビ開局65周年特別ドラマ「GTOリバイバル」として4月1日午後9時から放送される。本作は、伝説の教師・鬼塚英吉が問題だらけの高校に教師として赴任し、悩みを抱えた生徒たちに熱血授業を繰り広げる物語。時代は平成から令和へ、富める者は富み、貧しい者は貧しくなり、ますます生きづらくなっている現代における鬼塚を演じる反町が「GTO」復活への思いや1998年版のメンバーとの再会、子育てを経て起こった心境の変化などを語ってくれた。

反町隆史 (C )写真・渞 忠之

-「GTOリバイバル」の企画は、反町さんから制作陣に声を掛けられたと聞きました。なぜ今「GTO」を復活させるのかという思いを教えてください。

 僕が24歳のときに「GTO」で鬼塚英吉を演じて、それから26年が経つなかで、正直何度か「GTO」復活のオファーをいただいたことはありました。ですが、そのときは僕なりに過去の作品を復活させるというのは俳優としてどうなんだろうとか、もっと違う役をやりたい、新しい作品をやりたいという思いがあったので、いい機会があればとお断りしていたんです。

 なぜ今復活するのかというところですが、僕は2人の娘がいるのですが、自分の子育ての経験を通じて、学校や社会に対して、また、子どもながらの目線というものをもっと深く感じられるようになったので、僕が24歳で演じた鬼塚英吉を、もう少し違った目線で演じることができるのではないかなと思いました。

-結婚して父親になり、子育てをされた反町さん自身の変化が大きかったのですね。

 それが一つの大きなきっかけではあります。また、僕は「相棒」という作品を7年ほどやったのですが、その途中で当時の「GTO」の主題歌『POISON ~言いたい事も言えないこんな世の中は~』がYouTubeにアップされて、その曲を聞くと赤ちゃんが泣き止むといわれているという反響があったんです。改めて自分が当時書いた『POISON』の歌詞を見直す機会があったのですが、結構いいことを書いているな、これはもしかしたら今の時代でも通用するのかなと思いました。

 それからトム・クルーズが『トップガン』を数十年ぶりに復活して『トップガン マーヴェリック』をやりました。彼にはいろんな代表作がある中で、なぜ今この作品を復活させたんだろうと考えたときに、僕は俳優としてのトム・クルーズの生きざまにすごく共感できたんです。自分の中で、こうしたことがつながって「GTO」を今だったらできるな、鬼塚英吉をただ演じるのではなく、自分なりに何かを伝えたり、訴えたりすることができるなと思いました。

 -反町さんが「GTO リバイバル」で、今だからこそ伝えたいこと、訴えたいことというのはどんなことでしょうか。

 「愛情」ですね。うちの娘はアメリカに留学しているのですが、先生方の愛情や生徒に対しての向き合い方が日本とはものすごく違うなと感じています。もちろん日本にもいい先生はいますが、アメリカは子どもに対して、まずほめて接しますし、海外と日本の文化では愛情表現や愛情の掛け方、子どもに対する手厚さが違うなと感じます。最近は日本の社会のニュースや出来事を見ていても、それはないよということが多くあるので、今の令和の子どもたちには尊敬している先生がいるのか? 先生から愛情をもらっているのか? 先生は本当に親身になって考えてくれているのか? そういう生徒への愛情というのは、鬼塚として伝えたい、大事なことだなと思いました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

杉咲花主演ドラマ「アンメット」原作者×プロデューサー対談インタビュー 原作と視点を変え、ミヤビを主人公にした理由とは

ドラマ2024年4月12日

 杉咲花主演のドラマ「アンメット ある脳外科医の日記」(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜よる10時)が4月15日に放送スタートする。本作は“記憶障害の脳外科医”の主人公・ミヤビが目の前の患者を全力で救い、自分自身も再生していく医療ヒューマン … 続きを読む

【週末映画コラム】世界的なスターと恋に落ちた少女の波乱の日々を描く『プリシラ』/昭和初期を思わせるようなレトロな世界観が見もの『クラユカバ』

映画2024年4月12日

『プリシラ』(4月12日公開)    1959年、西ドイツで暮らす14歳のアメリカ人少女プリシラ(ケイリー・スピーニー)は、兵役中の大歌手エルビス・プレスリー(ジェイコブ・エロルディ)と出会い、恋に落ちる。  やがて彼女は両親の反 … 続きを読む

「とにかく絵柄に没入感があるので、すっと入り込みやすいというのが注目ポイントです」 神田伯山『クラユカバ』【インタビュー】

映画2024年4月11日

 集団失踪事件の謎を追って地下世界「クラガリ」に足を踏み入れた私立探偵の活躍をレトロな世界観で描いた、塚原重義監督の長編アニメーション映画『クラユカバ』が4月12日から全国公開される。本作で探偵社を営む主人公の荘太郎の声優を務めた講談師の六 … 続きを読む

「携帯に鶴瓶さんの顔のシールを貼って、『この人は私の旦那さん』と頭に刷り込みました」 中条あやみ『あまろっく』【インタビュー】

映画2024年4月10日

 通称「尼ロック」と呼ばれる「尼崎閘門(こうもん)」によって水害から守られている兵庫県尼崎市を舞台に、年齢も価値観もバラバラな家族が、さまざまな現実に立ち向かう中で次第に一つになっていく姿を描いた人生喜劇『あまろっく』が、4月12日(金)の … 続きを読む

「このドラマでは東京がメインキャラクター」「これからどうなるのって、1週間ドキドキ、イライラしながら待つ時間を過ごしてほしい」アンセル・エルゴート、渡辺謙「TOKYO VICE Season2」【インタビュー】

ドラマ2024年4月9日

 WOWOWとHBO Maxによる日米共同制作のドラマシリーズ「TOKYO VICE」のSeason2が、4月6日(土)からWOWOWで日本独占放送・配信開始となった。1990年代の東京を舞台にしたこのクライムサスペンスで、主人公の新聞記者 … 続きを読む

Willfriends

page top