岡本圭人、岡本健一と2度目の親子共演への思い 「成長した姿を見せられたら」【インタビュー】

2024年3月27日 / 08:00

 若村麻由美と岡本圭人、岡本健一が出演する舞台「La Mère 母」と「Le Fils 息子」が2つの劇場で同時上演される。同作は、劇作家フロリアン・ゼレールによる家族三部作のうちの2作で、若村が主演する「La Mère 母」は日本初上演、「Le Fils 息子」は2021年に続く、待望の再演だ。いずれの作品も若村は母・アンヌ、圭人は息子・ニコラ、健一は父・ピエールを演じる。21年の「Le Fils 息子」で父親の健一と親子共演を果たし、初舞台を踏んだ圭人。今回の2作同時上演への意気込みや再びの親子共演への思いを聞いた。

岡本圭人 (C)エンタメOVO

-岡本さんにとっては初舞台となった「Le Fils 息子」の初演時を振り返って、今、どんなことを感じていますか。

 (初演の)初日は特に自分の中で忘れられない時間だったなと思います。ストレートプレーで舞台に立つというのが夢でもあったので、それがかなった瞬間でもありました。憧れていた父親との共演でもありましたし、自分にとっては俳優としての1つ目のお仕事でもあったので、この作品は自分にはすごく特別な作品です。ただ、今考えると、自分の役を演じることに精いっぱいだったと思います。悩みを抱える少年という役柄だったので、本番中はそれでも良かったのかもしれないですが、稽古中は本当に悩みを抱えている男の子になってしまって、スタッフの皆さんやキャストの皆さんにいろいろとご迷惑をかけたなという反省もあります。そこまで入り込める、まるで自分の物語のように思えるというのがフロリアン・ゼレールの魅力なのかもしれませんが、とにかくこの作品を届けたい、いろいろな方に見ていただきたいという一心で臨んだ初演でした。

-初演時は、お父さんの健一さんからはどんな言葉がありましたか。

 幕が開くまで相当不安だったようで、「お前、大丈夫? できるの?」と(笑)。ですが、大千穐楽が終わった後には、自然とハイタッチやハグができたので、お互いに充実感があったのだと思います。見に来てくださったお客さまや友人など、この舞台がすごく心に残ったと言ってくださる方が多いので、今回、こうして再演という形でまた多くの方に見ていただけるのはすごく楽しみです。

-健一さんは、再演が発表された際のオフィシャルコメントで「あのようなつらい思いは、もう『体験したくない』というのが正直な気持ちでした」と初演を振り返っていました。圭人さんはそうした思いはないですか。

 もちろんすごくつらいお話ですし、悲劇的でもあるのですが、こうした舞台を届けることで同じような悲劇が起こらないようにという思いも込められている作品だと僕は思います。それに、きっとこの作品以外で父親と共演する機会はなかなかないと思います。もしかしたらこれが最後かもしれない。なので、僕自身は再演を望んでいました。この作品を経験したことで、自分自身と役を切り離すことが大事だということを学びましたし、この作品で初舞台を踏んだ後にもたくさんの経験をさせていただいたので、成長した姿を見せられたらいいなと思っています。

-健一さんと親子という役柄を演じてどんなことを感じましたか。

 実は、「Le Fils 息子」の初演のときに、壁にぶつかったことがあったんですよ。僕はニコラを演じていて、父親はピエールを演じているけれども、普段の自分と父親は役とはまた別の人物。そうした中で役を演じていくうちに、どっちが本当の父親か分からなくなってしまう瞬間がありました。父親なのに父親じゃないと、頭がこんがらがってしまって。それで、演出のラディスラス・ショラーに相談したところ、「演出をする立場からはあなたたちを本当の親子としては見ていない。それぞれを一人の役者として見ている。だから、圭人も父親として見るのではなく、役者としてピエールを見るべきだ。(劇中にいるのは)ニコラであって圭人ではない。ピエールは健一じゃないんだから」と言われ、スッキリしました。自分は自分、ニコラはニコラと切り離すことができたんです。その役を生きることが自分の仕事なのだからそれに集中しようと。それが(稽古が始まって)最初の1、2週目くらいです。その時までは、本当の親子が親子を演じる難しさは感じていました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

杉咲花主演ドラマ「アンメット」原作者×プロデューサー対談インタビュー 原作と視点を変え、ミヤビを主人公にした理由とは

ドラマ2024年4月12日

 杉咲花主演のドラマ「アンメット ある脳外科医の日記」(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜よる10時)が4月15日に放送スタートする。本作は“記憶障害の脳外科医”の主人公・ミヤビが目の前の患者を全力で救い、自分自身も再生していく医療ヒューマン … 続きを読む

【週末映画コラム】世界的なスターと恋に落ちた少女の波乱の日々を描く『プリシラ』/昭和初期を思わせるようなレトロな世界観が見もの『クラユカバ』

映画2024年4月12日

『プリシラ』(4月12日公開)    1959年、西ドイツで暮らす14歳のアメリカ人少女プリシラ(ケイリー・スピーニー)は、兵役中の大歌手エルビス・プレスリー(ジェイコブ・エロルディ)と出会い、恋に落ちる。  やがて彼女は両親の反 … 続きを読む

「とにかく絵柄に没入感があるので、すっと入り込みやすいというのが注目ポイントです」 神田伯山『クラユカバ』【インタビュー】

映画2024年4月11日

 集団失踪事件の謎を追って地下世界「クラガリ」に足を踏み入れた私立探偵の活躍をレトロな世界観で描いた、塚原重義監督の長編アニメーション映画『クラユカバ』が4月12日から全国公開される。本作で探偵社を営む主人公の荘太郎の声優を務めた講談師の六 … 続きを読む

「携帯に鶴瓶さんの顔のシールを貼って、『この人は私の旦那さん』と頭に刷り込みました」 中条あやみ『あまろっく』【インタビュー】

映画2024年4月10日

 通称「尼ロック」と呼ばれる「尼崎閘門(こうもん)」によって水害から守られている兵庫県尼崎市を舞台に、年齢も価値観もバラバラな家族が、さまざまな現実に立ち向かう中で次第に一つになっていく姿を描いた人生喜劇『あまろっく』が、4月12日(金)の … 続きを読む

「このドラマでは東京がメインキャラクター」「これからどうなるのって、1週間ドキドキ、イライラしながら待つ時間を過ごしてほしい」アンセル・エルゴート、渡辺謙「TOKYO VICE Season2」【インタビュー】

ドラマ2024年4月9日

 WOWOWとHBO Maxによる日米共同制作のドラマシリーズ「TOKYO VICE」のSeason2が、4月6日(土)からWOWOWで日本独占放送・配信開始となった。1990年代の東京を舞台にしたこのクライムサスペンスで、主人公の新聞記者 … 続きを読む

Willfriends

page top