桐谷健太、役作りで大事にしているのは「直感」 イヤミスの名手が作り出す“黒い感情”を体現「連続ドラマW 坂の上の赤い屋根」【インタビュー】

2024年3月3日 / 08:00

 人間の心の暗部を描くイヤミスの名手のひとり、真梨幸子氏原作の「連続ドラマW 坂の上の赤い屋根」が3月3日からWOWOWで放送、配信される。主人公の編集者のもとに “女子高生両親殺害事件”をモチーフにした小説企画が新人作家から持ち込まれたことを発端に、やがて事件の関係者はじめ登場人物たちが抱える嫉妬、劣等感、孤独など“黒い感情”の正体と事件の真実が明らかになっていく本作。主人公の轟書房編集者・橋本涼を演じる桐谷健太に本作での役作りや本作の見どころを聞いた。

桐谷健太 (C)エンタメOVO

-最初に本作のオファーを受けたときのお気持ちを教えてください。

 すごく魅力的で刺激的だなと感じましたし、自分が橋本を生きるとどうなるのかにすごく興味が湧きました。なので、すぐにマネジャーに電話して、「これやりたい」と話したのを覚えています。それぞれの視点によって見え方が変わってくるストーリーで、見る人によっても感じることが違う作品だと思います。一言で「心の闇」と言っても、それを悪いととらえる人もいれば、どこか懐かしさを感じたり、自分にもそれがあると親近感を感じる人もいると思うんですよ。この作品は、まさにそうした作品になっていると感じました。

-具体的に、橋本を演じてみたいと思ったのは、どのような理由からだったのですか。

 橋本を自分が生きたらどうなるんだろうと率直に思ったからだと思います。単純に、挑戦したいと思ったというのが大きな理由かもしれません。クランクインする前に、自分の中で橋本という人物を築き上げていき、彼の過去と向き合い、どんどん純度を高めて自分の中に染み込ませていった感覚でした。役を作る上では、監督と一見普通の人なんだけれども、違和感がある人物として演じたいという話をさせていただきました。「なんか引っかかるな、この人」「なんだか不気味だな」と思わせるような役にしたかった。例えば、大きな事件があった後に、近所の人にインタビューしたら、「あいさつをする明るい、いい人でしたよ」と話す人もいれば、「前からちょっと怖いと思ってたんですよね」と話す人もいるじゃないですか。それと同じように、本性が分かってから急変するのではなく、人によって見え方が違う人物にしたいということを監督にお話ししたら、監督もそれでいきたいとおっしゃってくださったので、クランクインしてからは考えずに演じられましたし、すごくうまくハマった感覚がありました。

-撮影で印象に残っているシーンは?

 先ほどもお話した「なんか引っかかる」「ちょっと不気味だな」という橋本の違和感の部分がドバッと出るのが(橋本良亮が演じる)大渕秀行と対話するクライマックスのシーンなのですが、撮影が終わった後に、スタッフさんから「とてつもないシーンだった」とおっしゃっていただいたことが印象に残っています。自分としては何も考えずにやれたのですが、そう感じていただけたならよかったなと。

-橋本は、非常に複雑で二面性のある役でした。そうした役を演じたことで、自分自身の中でも何か変化があったのではないですか。

 それは、絶対にあると思います。もちろん最後までストーリーは分かっているのですが、この役を演じる上では、その瞬間に自分が感じたことを大事にしました。直感ですね。今までの経験から直感で言葉選びをしているのかもしれないですし、逆に今までの経験は全く関係なくて、でもそのおかげで心の扉が開いた状態で言葉が出るようになったのかもしれませんが、スッと入ってきた感覚を大切にしたいと思って演じていました。今回、誰に頼まれるでもなく、体重を増やして演じたんですよ。橋本は鋭利な印象があるので頭で考えたら痩せる方向にもっていきたくなったと思いますが、直感的に体を大きくしたいと思ったんです。橋本がムチッとしていたら、奇妙な感じがあって、ちょっと気持ち悪いんじゃないかなと思って。

(C)WOWOW

 

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

ディズニーの人気者「くまのプーさん」がミュージカルに! 「没入感や生の迫力を楽しめる」舞台公演を福尾誠が語る【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月21日

 ディズニーの大人気者、くまのプーさんと仲間たち、クリストファー・ロビンが四季をめぐって楽しい冒険をする、新作ミュージカル「ディズニー くまのプーさん」が4月27日から全国10都市で上演される。等身大のパペットを役者たちが操り、すてきなセッ … 続きを読む

「光る君へ」第十五回「おごれる者たち」見どころを成立させるドラマの積み重ね【大河ドラマ コラム】

ドラマ2024年4月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。4月14日に放送された第十五回「おごれる者たち」では、藤原道長(柄本佑)の長兄・道隆(井浦新)を筆頭に、隆盛を誇る藤原一族の姿やその支配下の世で生きる主人公まひろ(吉高由里子)の日常が描かれた。 … 続きを読む

「今回は、極上のエンターテインメントを作ったつもりです」 『悪は存在しない』濱口竜介監督【インタビュー】

映画2024年4月19日

 長野県の自然豊かな高原を舞台に、代々つつましい生活を続けてきた住民の、レジャー施設の開発をめぐる生活の変化を描いた『悪は存在しない』が、4月26日から全国公開される。本作で第80回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門で銀獅子賞に輝いた … 続きを読む

【週末映画コラム】気持ちのいい人情喜劇『あまろっく』/山田太一の小説をイギリス人監督が映画化『異人たち』

映画2024年4月19日

『あまろっく』(4月19日公開)  理不尽なリストラに遭い尼崎の実家に戻ってきた39歳の近松優子(江口のりこ)は、定職に就くことなくニートのような毎日を送っていた。  ある日、「人生に起こることはなんでも楽しまな」が信条の能天気な父・竜太郎 … 続きを読む

小関裕太&岡宮来夢、念願のロミオ役に「プレッシャーも力に変えて頑張りたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月19日

 上演の度に大きな話題を呼ぶミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の3年ぶり6度目の上演が決定。5月16日に東京・新国立劇場 中劇場で幕を開ける。  本作は、2001年にフランスで生まれ、世界20カ国以上で600万人以上を動員したメガヒットミ … 続きを読む

Willfriends

page top