いとうあさこ、愛のある「ババア」に「やった!」 愛称で呼ばれて生まれた“個性”【インタビュー】

2024年3月2日 / 08:00

 等身大のキャラと何事にも真摯(しんし)な姿勢で、お笑い芸人としてお茶の間の人気を獲得しているいとうあさこ。2008年に山田能龍、羽鳥由記らとともに旗揚げした劇団「山田ジャパン」では、女優として笑いと華を添える。3月7日から上演される舞台「愛称⇆蔑称」には、口うるさい教頭・大山佳奈役で出演。ある中学校を舞台に、“あだ名”をテーマとした哲学コメディーを展開する。いとうに劇団への思いや本作の見どころ、さらには“あだ名”問題についての考えなどを聞いた。

いとうあさこ (C)エンタメOVO

-劇団「山田ジャパン」は、どのような経緯から旗揚げした劇団なのですか。

 旗揚げ公演を行った2008年6月より半年くらい前の2007年の暮れに、当時、同じ事務所の同期だった大野泰広と二人で飲んだことがあったんです。その頃、本当に仕事がなかったこともあり、もともと大好きだった舞台に「出たいなぁ」とふと言ったら、大野が「ちょうど山田くんが劇団を作るけど、女優がいないって探してたよ」と。山田も元々芸人だったので、ライブで一緒だったり、遊んだりして仲良しだったんですよ。それで、「じゃあ、つないで」と(大野に)頼んで、山田と旗揚げメンバーが私の出るお笑いライブを見にきてくれて、居酒屋で契りの酒を交わしたのがスタートでした。私としては、本当にタイミングがジャストでした。舞台をやりたいとつぶやかなかったらこういう流れになっていなかったでしょうし、引き寄せられるようにスタートした感覚です。

-どのような芝居を目指して旗揚げされたのでしょうか。

 山田が元々芸人ということもあり、基本はコメディーです。それは私にとっても大きかったかもしれません。私は幼少期から伊東四朗さんやいかりや長介さんに憧れていたので、コメディーに対する憧れがお笑いをやる前からあったんですよ。ただ、劇団としては、(脚本を担当している)山田の人生が脚本にも反映されるので、哲学的なところもあるとは思います。もう一度言いますが基本はコメディー(笑)ですが、命についてや、家族や人の縁を描いている作品もあります。

-そうすると、いとうさんはもともと演劇にも興味があったんですね。

 20代の初めの頃に、舞台の専門学校に夜学で通ってました。一応、ミュージカル科だったんですよ。でも、入った時はミュージカルをやりたいということではなかったんです。ミュージカルは好きでしたが、歌もあれですし、体つきもね(笑)。それに20歳を超えてからダンスをやっても、やっぱり小さい頃から習っている方々にかなうわけもなく。ただ、演劇科は座学が多く、ミュージカル科は実技ばかりだったので、実技だけをやりたかった私にとってジャストで。それで、ミュージカル科に入ったら、「ミュージカル最高!」ってなって(笑)。当時は、まだお笑いの「お」の字も頭に浮かんでいない頃だったので、1年半学校に通った後は、ちょこちょこオーディションを受けていました。1回だけ劇団四季さんの書類審査に通ったことがあって。周りもみんな応募していたけれども、なぜか私だけが受かった。当時、(劇団四季の)浅利慶太先生が履歴書を床にばらまいて、たまたま拾った書類が通るといううわさがあったんですよ。運を試しているらしいと。それで、学校の同級生だったみんなが「あの伝説は本当だったんだ。お前が書類に通るわけない」って(笑)。実際に、自分でもなぜ受かったのか分からなかったですし、オーディションに行って衝撃を受けました。映画『コーラスライン』まんまでしたから。私は完全に場違いで。そんな経験もありつつ、ファミリーミュージカルに出たりもして、気付いたらお笑いの世界に入っていきました(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

杉咲花主演ドラマ「アンメット」原作者×プロデューサー対談インタビュー 原作と視点を変え、ミヤビを主人公にした理由とは

ドラマ2024年4月12日

 杉咲花主演のドラマ「アンメット ある脳外科医の日記」(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜よる10時)が4月15日に放送スタートする。本作は“記憶障害の脳外科医”の主人公・ミヤビが目の前の患者を全力で救い、自分自身も再生していく医療ヒューマン … 続きを読む

【週末映画コラム】世界的なスターと恋に落ちた少女の波乱の日々を描く『プリシラ』/昭和初期を思わせるようなレトロな世界観が見もの『クラユカバ』

映画2024年4月12日

『プリシラ』(4月12日公開)    1959年、西ドイツで暮らす14歳のアメリカ人少女プリシラ(ケイリー・スピーニー)は、兵役中の大歌手エルビス・プレスリー(ジェイコブ・エロルディ)と出会い、恋に落ちる。  やがて彼女は両親の反 … 続きを読む

「とにかく絵柄に没入感があるので、すっと入り込みやすいというのが注目ポイントです」 神田伯山『クラユカバ』【インタビュー】

映画2024年4月11日

 集団失踪事件の謎を追って地下世界「クラガリ」に足を踏み入れた私立探偵の活躍をレトロな世界観で描いた、塚原重義監督の長編アニメーション映画『クラユカバ』が4月12日から全国公開される。本作で探偵社を営む主人公の荘太郎の声優を務めた講談師の六 … 続きを読む

「携帯に鶴瓶さんの顔のシールを貼って、『この人は私の旦那さん』と頭に刷り込みました」 中条あやみ『あまろっく』【インタビュー】

映画2024年4月10日

 通称「尼ロック」と呼ばれる「尼崎閘門(こうもん)」によって水害から守られている兵庫県尼崎市を舞台に、年齢も価値観もバラバラな家族が、さまざまな現実に立ち向かう中で次第に一つになっていく姿を描いた人生喜劇『あまろっく』が、4月12日(金)の … 続きを読む

「このドラマでは東京がメインキャラクター」「これからどうなるのって、1週間ドキドキ、イライラしながら待つ時間を過ごしてほしい」アンセル・エルゴート、渡辺謙「TOKYO VICE Season2」【インタビュー】

ドラマ2024年4月9日

 WOWOWとHBO Maxによる日米共同制作のドラマシリーズ「TOKYO VICE」のSeason2が、4月6日(土)からWOWOWで日本独占放送・配信開始となった。1990年代の東京を舞台にしたこのクライムサスペンスで、主人公の新聞記者 … 続きを読む

Willfriends

page top