倉科カナが語る幸せの定義「誰かに喜んでもらえることが一番の幸せ」 舞台「蜘蛛巣城」【インタビュー】

2023年2月20日 / 08:00

 NHK連続テレビ小説「ウェルかめ」をはじめ、数々のドラマ・映画で活躍しながら、第29回読売演劇大賞で優秀女優賞を受賞するなど、舞台女優としても大きな期待が持たれている倉科カナ。2月25日から上演されるKAAT神奈川芸術劇場プロデュース「蜘蛛巣城」では、早乙女太一と共に、破滅へと進む夫婦を演じる。稽古に励む倉科に、本作への意気込みや役作りについて、さらには今後の俳優業への思いなどを聞いた。

倉科カナ

-本作は、シェークスピアの四大悲劇の一つとして有名な『マクベス』を黒澤明監督が日本の戦国時代に翻案し、日本的な無常観に満ちた映画に仕上げた『蜘蛛巣城』を舞台化した作品です。最初に、本作の脚本を読んだときは、どんな感想を抱きましたか。

 映画版よりも武時と浅茅夫婦の愛が深く描かれていると感じました。『マクベス』が根底になっているというのはもちろん知っていましたが、日本ならではの情緒や夫婦愛がしっかりと描かれていたので、この役を演じてみたいというチャレンジ精神が湧きました。

-現在、稽古中と聞いていますが、手応えは感じていますか。

 今(取材当時)は、浅茅に対して私がどういうイメージを持っているのか、(演出の)赤堀(雅秋)さんに提示させていただいています。これから「これは違うな」「これがヒットしているかな」と取捨選択をしていくので、今はまだ振り幅を持たせて、多角的に役柄にアプローチしている段階です。

-赤堀さんからは、どんな演出がありましたか。

 物語の舞台が現代ではないので、その時代の決意の仕方や、感情が高ぶっているが故に抑えながら伝えることが大事だということを教えていただきました。相手を見ずに、でもテンションは高く、心では渦巻いている思いを伝えてほしいと。難易度が高い演出が多いですが、すごく勉強になります。

-倉科さんが演じる浅茅はどんな人物だと感じていますか。

 この作品は、やはり武時と浅茅の愛が軸になると思います。この時代、政略結婚が多い中で、お互いに思いあった同士が添い遂げるというのは、すごく難しいことでした。ですが、武時と浅茅は、親の反対を押し切ってでも一緒になった。それはすごく幸せなことですが、子どもができずに悩んでいました。それが出世にも関わる時代だったので、愛する人に出世してもらいたいのに、それができないというつらさを抱えていたと思います。それに、政略結婚で子どもを産んで幸せそうにしている妹への嫉妬心も根底にあったのではないかと考えていました。ですが、稽古を重ねるにつれて、誰を信じていいのか分からない恐ろしさがあったり、いつ殺されるか分からないという恐怖や欲望もあったのではないかと思うようになったので、そうした思いも織り交ぜながら浅茅を作っていけたらと思います。

-浅茅に共感できるところはありますか。

 あります。誰しもちょっとした欲は持っていると思います。今は今で幸せだけれども、もし、もっと幸せになれるならばそれをつかんでみたくなる気持ちもすごく分かります。子どもができないのは自分のせいかもしれないという忍びなさもあるし…。マクベス夫人は、悪女として描かれることが多いですが、『マクベス』よりも共感できるところが多いと思います。

-なるほど。『マクベス』が原案になっていたり、戦国時代を舞台にしていたりと、現代の私たちからは遠い話なのかと思っていましたが、もっと身近に感じられる作品になっているのですね。

 まさにそうです。赤堀さんが演出をされているからということもあると思いますが、どのキャラクターにもリアリティーがあって、そこに存在して生きているというのが感じられると思います。それに、人々が必死に生きている姿は現代にも通じるところがある。なので、時代劇というよりは、もっと身近で「こんな人いるよね」と思いながら見ていただける作品になっていると思います。

-武時役の早乙女さんの印象は?

 これまで舞台を拝見していて、殺陣が美しく、素晴らしいという印象を持っていたのですが、ご一緒させていただいたら、人柄はもちろんのこと、役や作品に向き合う真摯(しんし)な姿もかっこいいと感じました。殺陣の稽古は早乙女さんが皆さんにつけているのですが、一つ一つの動きが丁寧で、とても繊細なので、だからこそ殺陣がこんなに美しいんだと思いました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「トーマスの世界に、SDGsやリサイクルという概念が出てきた驚きがある」ディーン・フジオカ、やす子『映画 きかんしゃトーマス 大冒険!ルックアウトマウンテンとひみつのトンネル』【インタビュー】

映画2024年4月17日

 アニメーション『映画 きかんしゃトーマス 大冒険!ルックアウトマウンテンとひみつのトンネル』が4月19日から全国公開される。本作で、ゲスト声優として、リサイクル工場で発明をしている機関車のウィフを演じたディーン・フジオカと、トンネルを掘る … 続きを読む

野村麻純「吉高由里子さんの懐の深さに甘えています」 大河ドラマ初出演で主人公まひろの友人さわを好演【「光る君へ」インタビュー】

ドラマ2024年4月14日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。のちに「源氏物語」の作者となる主人公まひろ/紫式部(吉高由里子)と藤原道長(柄本佑)を中心にした波乱万丈な物語は、毎回視聴者をくぎづけにしている。物語を彩る多彩な登場人物の中で、まひろの友人さわ … 続きを読む

杉咲花主演ドラマ「アンメット」原作者×プロデューサー対談インタビュー 原作と視点を変え、ミヤビを主人公にした理由とは

ドラマ2024年4月12日

 杉咲花主演のドラマ「アンメット ある脳外科医の日記」(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜よる10時)が4月15日に放送スタートする。本作は“記憶障害の脳外科医”の主人公・ミヤビが目の前の患者を全力で救い、自分自身も再生していく医療ヒューマン … 続きを読む

【週末映画コラム】世界的なスターと恋に落ちた少女の波乱の日々を描く『プリシラ』/昭和初期を思わせるようなレトロな世界観が見もの『クラユカバ』

映画2024年4月12日

『プリシラ』(4月12日公開)    1959年、西ドイツで暮らす14歳のアメリカ人少女プリシラ(ケイリー・スピーニー)は、兵役中の大歌手エルビス・プレスリー(ジェイコブ・エロルディ)と出会い、恋に落ちる。  やがて彼女は両親の反 … 続きを読む

「とにかく絵柄に没入感があるので、すっと入り込みやすいというのが注目ポイントです」 神田伯山『クラユカバ』【インタビュー】

映画2024年4月11日

 集団失踪事件の謎を追って地下世界「クラガリ」に足を踏み入れた私立探偵の活躍をレトロな世界観で描いた、塚原重義監督の長編アニメーション映画『クラユカバ』が4月12日から全国公開される。本作で探偵社を営む主人公の荘太郎の声優を務めた講談師の六 … 続きを読む

Willfriends

page top