門脇麦、「この舞台以上に“五感で楽しむ”という言葉が適している舞台はない」【インタビュー】

2023年10月20日 / 08:00

 映画『浅草キッド』のヒロイン役や、映画『ほつれる』、ドラマ「リバーサルオーケストラ」で主演を務めるなど、数多くの映像作品で演技派女優として活躍する門脇麦。彼女が2020年に出演した舞台「ねじまき鳥クロニクル」は、世界中で絶賛される村上春樹の代表的長編小説を世界初の舞台化した作品として大きな話題を呼んだが、新型コロナウイルスの影響を受けて途中で公演中止となった。今回、その再演が11月に幕を開ける。主要キャストは初演に引き続き、成河と渡辺大知が主人公・岡田トオルを演じ、門脇は女子高生・笠原メイを演じる。今回は、門脇に初演の思い出や再演の見どころなどを聞いた。

門脇麦(ヘアメーク:伏屋陽子(ESPER)/スタイリスト:高野智史)(C)エンタメOVO

-初演を振り返ってみての思い出はありますか。

 演出家のインバル・ピントさんが得意とするのはダンサーの方を交えて、人数がいる空間をムーブメントと一緒に作っていくことだと思います。そこが一番彼女のセンスが発揮されるところだと思うので、稽古場でその様子を見ているのが面白かったです。稽古はワークショップみたいな感じで、インバルさんは日本語が分からないからこそ言葉だけじゃなく、ニュアンスと雰囲気をみんなと大切にしていきたいという気持ちもあって、最後までインバルさんも演出を固めようとしていなかった気がします。

-村上春樹作品の魅力をどのように感じていますか。

 非現実的なことを描くからこそ、現実がさらに大きくなって戻ってくる、というところが魅力なんじゃないでしょうか。リアルなことをリアルに描くよりも、仮の設定を置いた方が、感情が日常より大きくなるというか、物語が動くというか。村上さんはそういうことの魔術師な気がします。

-その村上春樹作品を舞台化することについて、どのように思いましたか。

 村上さんの作品は、独特な日本語の言い回しで作り上げられていると思うんです。インバルさんは日本語以外で原作を読んでいらっしゃるんですが、たぶん村上さんの独特の言い回しって訳せないと思うんです。だから自分が感じた雰囲気よりも、日本語を話せない方が村上作品を読んで、どういうエッセンスを受け取ったのか、そしてそれを体現することの方がこの舞台では大事だと考えています。稽古も日本語でのやり取りができなくて、英語でやり取りをするか、通訳の方を介してやり取りをするかだったんですけど、そうやって日本語が削除された世界の中で残る物って、逆に大事な骨組みしか残らなくて、それがすごく面白くて、不思議でした。

-再演にあたって、どのような心境ですか。

 私は再演というもの自体が初めてなんですけど、前回は途中で終わってしまったので、みんなとても悔しい気持ちで泣いていました。だから、こうやって再演が決まって、またみんなで集まれるというのは幸せなことです。この作品に関わった人全員にとって、やっとまた動き出すという気持ちがきっとあると思います。

-再演が決まってからキャストの方とどのような話しをしましたか。

 再演のポスター撮影の時に成河さんと渡辺くんとお会いしたんですけど、2人とも元気そうでした(笑)。その時に、再演に対してどのような気持ちで臨めばいいのかというお話をしたら、成河さんが、「本当にフラットに、もう1回始まるだけで、そうなると思うよ」とおっしゃっていました。

-再演に対しての意気込みは?

 初めての方も、前回も見に来てくださった方もいらっしゃると思うので、みんなでパワーアップしていかなければと思っています。先日、台本を頂いて、結構変わっている箇所もあったんですけど、それはとてもいい方向性の変化だなと感じました。印象としてはテンポが良くなり、スリムになって、見やすくなっています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

ディズニーの人気者「くまのプーさん」がミュージカルに! 「没入感や生の迫力を楽しめる」舞台公演を福尾誠が語る【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月21日

 ディズニーの大人気者、くまのプーさんと仲間たち、クリストファー・ロビンが四季をめぐって楽しい冒険をする、新作ミュージカル「ディズニー くまのプーさん」が4月27日から全国10都市で上演される。等身大のパペットを役者たちが操り、すてきなセッ … 続きを読む

「光る君へ」第十五回「おごれる者たち」見どころを成立させるドラマの積み重ね【大河ドラマ コラム】

ドラマ2024年4月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。4月14日に放送された第十五回「おごれる者たち」では、藤原道長(柄本佑)の長兄・道隆(井浦新)を筆頭に、隆盛を誇る藤原一族の姿やその支配下の世で生きる主人公まひろ(吉高由里子)の日常が描かれた。 … 続きを読む

「今回は、極上のエンターテインメントを作ったつもりです」 『悪は存在しない』濱口竜介監督【インタビュー】

映画2024年4月19日

 長野県の自然豊かな高原を舞台に、代々つつましい生活を続けてきた住民の、レジャー施設の開発をめぐる生活の変化を描いた『悪は存在しない』が、4月26日から全国公開される。本作で第80回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門で銀獅子賞に輝いた … 続きを読む

【週末映画コラム】気持ちのいい人情喜劇『あまろっく』/山田太一の小説をイギリス人監督が映画化『異人たち』

映画2024年4月19日

『あまろっく』(4月19日公開)  理不尽なリストラに遭い尼崎の実家に戻ってきた39歳の近松優子(江口のりこ)は、定職に就くことなくニートのような毎日を送っていた。  ある日、「人生に起こることはなんでも楽しまな」が信条の能天気な父・竜太郎 … 続きを読む

小関裕太&岡宮来夢、念願のロミオ役に「プレッシャーも力に変えて頑張りたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月19日

 上演の度に大きな話題を呼ぶミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の3年ぶり6度目の上演が決定。5月16日に東京・新国立劇場 中劇場で幕を開ける。  本作は、2001年にフランスで生まれ、世界20カ国以上で600万人以上を動員したメガヒットミ … 続きを読む

Willfriends

page top