柳楽優弥「聴覚だけでその作品の世界観に浸れる」 Amazonオーディブルで村上春樹の名作を朗読【インタビュー】

2023年8月22日 / 12:00

 映画『さかなのこ』や『ゆとりですがなにか インターナショナル』など、多数の出演作が控える柳楽優弥。8月22日からは、Amazonオーディブル(以下、Audible)で村上春樹の「パン屋再襲撃」が配信される。同サービスは、プロの声優や俳優が朗読した本や多様なポッドキャストが楽しめる音声エンターテインメントサービス。今回、配信される「パン屋再襲撃」は、表題作のほか「象の消滅」、「ねじまき鳥クロニクル」の原型となった作品など、村上初期の傑作6篇を収録した短編集だ。柳楽に朗読収録時の思い出やAudibleというサービスについて、さらには俳優業への思いなどを聞いた。

柳楽優弥

ー柳楽さんは、Audibleというサービスは以前から知っていましたか。

  僕は、主に英語の勉強に使っています。今回、参加した小説の朗読のようなものもありますが、英語をはじめとしたコンテンツも多いんですよ。

ー英語の勉強ですか。

 お仕事で英語を話す機会もいただくので、やっぱり英語は話せたほうがいいなと思って今、頑張っています。

ーそうすると今回、オファーがあったときにはAudibleになじみはあったんですね。実際に朗読をしてみてどんな感想を抱きましたか。

 想像以上に大変でした(苦笑)。村上春樹さんの世界観が表れている文章は独特で難しかったです。収録にもかなり時間がかかりましたし、コツコツと積み上げていく作業を続けるので大変ではありましたが、村上春樹さんの作品を声に出して読むことでたくさんの発見もありました。キャラクターの感受性がとてもユニークで、ユーモアを感じる場面も多く、そうした“村上イズム”を普段から持てたら、ふとしたことで笑って過ごせそうだなと思いましたし、改めて村上春樹さんの本が好きになりました。

ー村上春樹さんの本は、普段から読んでいるのですね。

 僕の初舞台出演が「海辺のカフカ」という村上さんの小説を原作とした、蜷川幸雄さん演出の舞台でした。僕の中ではとても思い出深い作品ですし、村上春樹さんの本は大好きです。その舞台のときに、1度だけお会いしたのですが、とてもすてきな方で、世界観も大好きですし、今回、お仕事をいただけて喜んでやりたいという気持ちになりました。

ー舞台「海辺のカフカ」に出演した経験は、今回、役立ちましたか。

 “村上さんワールド”とでもいうような、独特なせりふ回しがあるので、それをどう伝えれば伝わりやすいのかという点では役立ったのかもしれません。Audibleは、声だけで伝えなくてはいけないので、そうした難しさがありますね。

 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第八回「招かれざる者」まひろと道長の運命を左右する? 物語のカギを握る藤原道兼の存在【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年3月2日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月25日に放送された第八回「招かれざる者」では、右大臣・藤原兼家(段田安則)が倒れる一大事が発生。風雲急を告げたこの回、にわかにキーパーソンとして浮上してきたのが、主人公まひろ(吉高由里子)の … 続きを読む

いとうあさこ、愛のある「ババア」に「やった!」 愛称で呼ばれて生まれた“個性”【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月2日

 等身大のキャラと何事にも真摯(しんし)な姿勢で、お笑い芸人としてお茶の間の人気を獲得しているいとうあさこ。2008年に山田能龍、羽鳥由記らとともに旗揚げした劇団「山田ジャパン」では、女優として笑いと華を添える。3月7日から上演される舞台「 … 続きを読む

長谷川慎、“オーバー30男子”の恋愛ドラマは「恋のハラハラ感を楽しんで」 古屋呂敏、キスのハプニングを告白「長谷川くんにキュンとしました」

ドラマ2024年3月1日

 ドラマ「恋をするなら二度目が上等」の取材会が行われ、W主演を務める長谷川慎(THE RAMPAGE)と古屋呂敏が、お互いの魅力やドラマの見どころを語った。  木下けい子氏の同名漫画が原作の本作は、ビジネス誌中堅編集者・宮田晃啓(長谷川)と … 続きを読む

【週末映画コラム】ビートルズの「ナウ・アンド・ゼン」がぴたりとはまる『ARGYLLE アーガイル』/美談ではなく、苦い話としての印象が強く残る『コヴェナント 約束の救出』

映画2024年3月1日

『ARGYLLE アーガイル』(3月1日公開)  謎のスパイ組織の正体に迫るすご腕エージェントの活躍を描いたベストセラー小説「アーガイル」シリーズの作者エリー・コンウェイ(ブライス・ダラス・ハワード)。新作の結末に行き詰まった彼女は、愛猫の … 続きを読む

明日海りお「新しいケミストリーが生まれる」 不朽の名作「王様と私」で北村一輝と初共演【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月27日

 1951年にブロードウェイで初演されて以来、脈々と演じ継がれる不朽の名作ミュージカル「王様と私」が、北村一輝と明日海りおのW主演で上演される。19世紀後半のシャム(現タイ)を舞台に国籍・文化・身分を超えた信頼と愛を描く本作は、「Shall … 続きを読む

Willfriends

page top