「この映画を作るに当たって、本当にたくさんのものを日本からお借りしました」『ザ・クリエイター/創造者』ギャレス・エドワーズ監督【インタビュー】

2023年10月19日 / 16:20

 2075年、人間を守るために開発されたはずのAIが、ロサンゼルスで核爆発を引き起こした。人類とAIの戦いが激化する中、元特殊部隊のジョシュア(ジョン・デビッド・ワシントン)は、人類を滅亡させるAIを創り出した「クリエイター」の潜伏先を突き止め、暗殺に向かう。だがそこにいたのは、幼い少女の姿をした超進化型AI(マデリン・ユナ・ボイルズ)だった。ジョシュアはある理由から、暗殺対象であるはずのAIをアルフィーと名付け、守り抜くことを決意するが…。SF大作『ザ・クリエイター/創造者』が10月20日から全国公開される。公開に先駆けて来日したギャレス・エドワーズ監督に話を聞いた。

ギャレス・エドワーズ監督 (C)エンタメOVO

 

-今回はどういうところからアイデアを得て、映画化を思いついたのですか。

 インスピレーションは、いろいろなところから得ましたが、一番初めは、イギリスで夜遅く仕事をしていた時に、テレビである映画のクリップを見たことです。それは侍と小さな子どもが出てくるもので、とても心に響いたので、あれは一体何だったのだろうと一生懸命調べたら『子連れ狼』だと分かりました。それで、いつかあの2人のキャラクターの力学や関係性を映画の中で描きたいと思いました。それが2000年のことです。SF的なことで言えば、聖なる三つの物があります。それはエイリアン(モンスター)、宇宙船、そしてロボットです。その内の二つは『GODZILLA ゴジラ』(14)と『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(16)でやったので、今回はロボットにしようと思いました。

-今回のテーマは、ジョシュアとアルフィーを通して、人間とAIとの関係について描くことだったと思いますが、果たしてかわいい子どもの姿をしたAIを殺せるのかというジレンマが象徴的に描かれていましたね。

 それは、もし時間を逆行して子どもの頃のヒトラーをあやめることができたら、あなたはどうしますか? という結構有名なジレンマともつながります。実行したら、自分もヒトラーと同じように罪人になるのではないかということが難問となります。この映画には、それに近いものがあります。そうした奇妙なジレンマみたいなことを考えたり、友だちと話すのが好きなんです。

 AIに関しては、今後われわれの社会に、そうした難問がたくさんやってきます。例えば、家の中や車で扱っているAIは果たして生きているのかということです。もしあなたが車を激しくぶつけてしまったとして、そこにAIが入っていたとしたら、それをデリート(消去)しますかというようなことがこれから起きてくるわけです。それで結局は人間とは? という問い掛けにたどり着くんですけど。今回は、それをテーマとして大きく掲げたわけではなくて、人間がいかに自分とは異なる人々を滅ぼそうとするのかというメタファーとして使ったんです。ただ、やっぱりAIがテーマの一つだから、作っていくうちに、そういう哲学的な問い掛けが当然出てきたし、非常に運がいいことに、今日的な問題として、そうしたことが毎日見出しで語られる時に公開することができました。

-『GODZILLA ゴジラ』はもちろん、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』でも香港のドニー・イェンを起用するなど、今回も含めて、監督はアジアへの意識がとても強いと思いますが、その理由は?

 どうしてかは自分でも分からないんですけど、アジアには強い思い入れがあります。12歳の時に、家族旅行で香港とタイに行きました。12歳はいろいろなものがインプリントされたり、イメージが強く残る時期だと思います。だから、それが大きかったのかなと思います。その時に見たことが、この映画のあるシーンにもなっています。タイのチェンマイの葉巻工場では、働いている女性たちがノールックで(対象を見ずに)おしゃべりしながら作業している姿が印象的でした。大人になってから、あれがAIだったら面白いんじゃないか。AIがだんだんと目覚めてきて、「ここはどこだ」と混乱しているんだけれども、女性たちはノールックで作業しているから、気にもせずに普通に自分たちのゴシップか何かを話しているみたいなシーンはどうしても入れたいなと思いました。

 アジアに引かれるのは、やっぱり欧米の文化とは全く違うと感じるし、未来世界にいるような気がするからなんです。だからスリリングだし、インスピレーションもすごく得ています。日本で撮影して、日本のものを使って映画を作りたいといつも思っているけど、何か「盗んで作っているんじゃないか」という罪悪感もちょっとあります。ただ、クリエイティビティ(想像力)というものは、動物を掛け合わせて進化してきたのと同じように、あれもこれも持ってきて何かを作り出すという行為なので、まあいいのかな、許されるのかなとは思いますが。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

明日海りお「新しいケミストリーが生まれる」 不朽の名作「王様と私」で北村一輝と初共演【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月27日

 1951年にブロードウェイで初演されて以来、脈々と演じ継がれる不朽の名作ミュージカル「王様と私」が、北村一輝と明日海りおのW主演で上演される。19世紀後半のシャム(現タイ)を舞台に国籍・文化・身分を超えた信頼と愛を描く本作は、「Shall … 続きを読む

「今回は女性のキャラクターが考えていることもきちんと描かれています」「SHOGUN 将軍」アンナ・サワイ【インタビュー】

ドラマ2024年2月26日

 徳川家康をはじめとした歴史上の人物にインスパイアされたジェームズ・クラベルの小説をドラマシリーズ化した「SHOGUN 将軍」が、2月27日からディズニープラスの「スター」で独占配信される。戦国一の武将・吉井虎永(真田広之)と、その家臣とな … 続きを読む

「おっパン!」沖田翔役の城桧吏、17歳の自身が感じる「多様性」を語る 「僕の周りは❝好きなものは好き❞と言える環境があります」【インタビュー】

ドラマ2024年2月24日

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(=通称「おっパン」)(東海テレビ・フジテレビ系)が好評放送中だ。原田が演じる古い価値観を持ったカタブツのおっさん・沖田誠があるゲイの青年との出会いによって、これまで … 続きを読む

「光る君へ」第七回「おかしきことこそ」ドラマチックに描かれる平安文化の面白さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月24日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月18日に放送された第七回「おかしきことこそ」では、主人公まひろ(吉高由里子)が考えた散楽の物語が騒動を引き起こすさまや、藤原道長(柄本佑)らが球技「打毬(だきゅう)」の試合に臨む姿を通じて、 … 続きを読む

谷原章介、夫婦円満の秘訣は「互いに体に触れ合うこと」 ファンタジーな舞台で描き出す夫婦のディスコミュニケーション【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月24日

 花總まりと谷原章介が出演する舞台「銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件」が4月1日から上演される。本作は、カナダの同名小説を原作に、奇妙な銀行強盗に“魂の51%”を奪われた13人の被害者たちの身に起こる不思議な事件とある夫婦の愛と奇跡を … 続きを読む

Willfriends

page top