山口祐一郎、新作舞台で共演者たちと作り上げる“家族モドキ”な関係【インタビュー】

2023年7月18日 / 08:00

 山口祐一郎と浦井健治、大塚千弘、保坂知寿が出演する舞台「家族モドキ」が7月26日から上演される。本作は、NHK大河ドラマ「篤姫」「江〜姫たちの戦国〜」等多数の脚本を手掛ける田渕久美子と、ミュージカル「ダンス オブ ヴァンパイア」「ローマの休日」など幅広い作品で演出を務める山田和也がタッグを組んで送る家族の物語。大学教授の高梨次郎を演じる山口祐一郎に、本作への意気込みや“家族”にまつわるエピソードを聞いた。

山口祐一郎 (C)エンタメOVO

 田渕さんと山田さんの3年ぶりのタッグ作品となります。改めて、出演が決まったときの心境を教えてください。

 良かったな、幸せだな。こんな作品がまたできるんだ、というのが率直な思いです。それと同時に、皆さんコロナ禍の3年間で、さまざまなことを経験して、大変だった方もたくさんいらっしゃる中で「家族モドキ」というタイトルの作品に出演できることをとてもうれしく思います。劇場で、また皆さんと一緒に“ファミリー”となって、この大変な2023年、そしてその先も、お互い元気に頑張っていきましょうと。そういう機会をいただけることが幸せです。

-浦井さん、保坂さんとは2020年に上演された「オトコ・フタリ」に続いての共演ですね。

 そうですね。浦井さんとは20年以上、保坂さんとは40年以上もさまざまな作品でご一緒しているので、とてもありがたいです。人生の時間を共有した人たちと一緒に芝居を作れる機会を持てるということはなかなかあることではないので、本当に幸運なことだと思います。

-二人のどんなところに魅力を感じていますか。

 俳優としての魅力という意味では、その作品に、リミットなしで自分の時間とエネルギーを奉仕することができる方たちであるというところです。ノウハウを自分自身で確立なさっていらっしゃるので、それを間近に見ると、素直に「参った」と思います(笑)。それと同時に、遅ればせながら、私もご一緒させていただくために頑張らなくてはいけないと再確認できる。そういう方々です。

-今回はそこに大塚さんも参加されます。

 初めて共演させていただいてから20年ほど経っていると思いますが、大塚さんがどんどん変化していくのを間近で見てすばらしいと思っています。僕は、大塚さんのお父さまと同じ年なんですよ。ですから、 “劇場の父”としてお互いに心を開いてお仕事していけたらと思います。先ほどお話しした保坂さんも浦井さんも若い頃からご一緒してきたということを考えると、そうした方たちとご一緒する本作は、「家族モドキ」というタイトルそのままだなと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「今回は女性のキャラクターが考えていることもきちんと描かれています」「SHOGUN 将軍」アンナ・サワイ【インタビュー】

ドラマ2024年2月26日

 徳川家康をはじめとした歴史上の人物にインスパイアされたジェームズ・クラベルの小説をドラマシリーズ化した「SHOGUN 将軍」が、2月27日からディズニープラスの「スター」で独占配信される。戦国一の武将・吉井虎永(真田広之)と、その家臣とな … 続きを読む

「おっパン!」沖田翔役の城桧吏、17歳の自身が感じる「多様性」を語る 「僕の周りは❝好きなものは好き❞と言える環境があります」【インタビュー】

ドラマ2024年2月24日

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(=通称「おっパン」)(東海テレビ・フジテレビ系)が好評放送中だ。原田が演じる古い価値観を持ったカタブツのおっさん・沖田誠があるゲイの青年との出会いによって、これまで … 続きを読む

「光る君へ」第七回「おかしきことこそ」ドラマチックに描かれる平安文化の面白さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月24日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月18日に放送された第七回「おかしきことこそ」では、主人公まひろ(吉高由里子)が考えた散楽の物語が騒動を引き起こすさまや、藤原道長(柄本佑)らが球技「打毬(だきゅう)」の試合に臨む姿を通じて、 … 続きを読む

谷原章介、夫婦円満の秘訣は「互いに体に触れ合うこと」 ファンタジーな舞台で描き出す夫婦のディスコミュニケーション【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月24日

 花總まりと谷原章介が出演する舞台「銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件」が4月1日から上演される。本作は、カナダの同名小説を原作に、奇妙な銀行強盗に“魂の51%”を奪われた13人の被害者たちの身に起こる不思議な事件とある夫婦の愛と奇跡を … 続きを読む

【週末映画コラム】テーマは「落ちる」ということ。裁判劇としての面白さもある『落下の解剖学』/世界最弱のサッカー代表チームの奇跡を描いた『ネクスト・ゴール・ウィンズ』

映画2024年2月23日

『落下の解剖学』(2月23日公開)  人里離れた雪山の山荘で男が転落死した。初めは事故かと思われたが、ベストセラー作家である妻のサンドラ(ザンドラ・ヒュラー)に殺人の疑念が向けられる。現場に居合わせたのは、視覚障がいがある11歳の息子ダニエ … 続きを読む

Willfriends

page top