“ミュージカル界の帝王”山口祐一郎「与えられた役柄を生きることが人生になっている」 帝国劇場と舞台「キングダム」について語る

2022年10月18日 / 08:00

 1981年に、劇団四季の「ジーザス・クライスト=スーパースター」でデビュー以来、96年に退団するまで劇団の看板俳優として活躍。退団後は主にミュージカルを中心に活動し、“ミュージカル界の帝王”とも呼ばれる山口祐一郎。2023年2月5日から上演される舞台「キングダム」では、王騎役を演じる。「キングダム」についてや、25年で一時休館が発表されている帝国劇場への思いを聞いた。

山口祐一郎 (C)エンタメOVO

 本作は、2人の少年が時代の荒波にもまれながらも、友との約束や己の夢のために史上初の中華統一を目指す、原泰久の大ヒットコミックを原作にした舞台。19年には山崎賢人主演で映画化もされた本作が、23年2月に初めて帝国劇場に登場する。主人公・信役は、三浦宏規と高野洸、後の始皇帝となるえいせい役を小関裕太と牧島輝が演じる。

 本作への出演が決まったときの心境を尋ねると、開口一番、現在山口が出演しているミュージカル「ヘアスプレー」でも共演中の三浦への賞賛の言葉が口をついて出た。

 「長年舞台をやってきましたが、踊り、歌、芝居がこれほどのびのびとしている役者さんを目の当たりにしたことはあまりなかった。三浦さんの周りには重力がないんです。それを初めて目の前で見て、頑張らなくちゃいけないなと思いました。やはり彼がという驚きと喜びがありました」。

 山口が本作で演じる王騎は、中華にその名をとどろかせた、秦国の六大将軍の一人で、原作でも人気の高いキャラクターだ。そんな王騎役を演じることについては、「漫画もアニメも映画も見ましたが、それぞれすてきでした。アニメや映画では演じている方の魅力が増して見えましたし、私自身もこのお稽古を通じ、舞台に上がって、まっしぐらにその役で求められているものを演じていきたいと思います」と言葉に力を込めた。

 その一方、「若い頃は、『この作品のテーマは』とか『この役の役割は』といったことに縛られて、こだわっていたところがありました。ところが、お客さまから、お手紙で全く自分が思ってもいなかったような感想を頂くんです。『(作品を見て)幸せになれた』とか『孫が生まれました』と(近況が書いてある手紙も多く)、違う環境にいる方々が受け止めるとこんなにも違うんだと感じます」と話す。

 続けて、役作りについて、「『原作の王騎がこういう存在だと思う。僕の人生、生きざまがこういうものだったから、ここが共通点で、そこを広げていきます』という形よりも、この作品にキャスティングしていただいて、演出家の山田和也さんから、『楽しみだ』と言っていただいた言葉をそのまま受け取って、あらゆる努力をして、あらゆる方法をトライをして、そして舞台にポンと立つ。その日を待ち遠しく思っています」と語った。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

ディズニーの人気者「くまのプーさん」がミュージカルに! 「没入感や生の迫力を楽しめる」舞台公演を福尾誠が語る【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月21日

 ディズニーの大人気者、くまのプーさんと仲間たち、クリストファー・ロビンが四季をめぐって楽しい冒険をする、新作ミュージカル「ディズニー くまのプーさん」が4月27日から全国10都市で上演される。等身大のパペットを役者たちが操り、すてきなセッ … 続きを読む

「光る君へ」第十五回「おごれる者たち」見どころを成立させるドラマの積み重ね【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年4月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。4月14日に放送された第十五回「おごれる者たち」では、藤原道長(柄本佑)の長兄・道隆(井浦新)を筆頭に、隆盛を誇る藤原一族の姿やその支配下の世で生きる主人公まひろ(吉高由里子)の日常が描かれた。 … 続きを読む

「今回は、極上のエンターテインメントを作ったつもりです」 『悪は存在しない』濱口竜介監督【インタビュー】

映画2024年4月19日

 長野県の自然豊かな高原を舞台に、代々つつましい生活を続けてきた住民の、レジャー施設の開発をめぐる生活の変化を描いた『悪は存在しない』が、4月26日から全国公開される。本作で第80回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門で銀獅子賞に輝いた … 続きを読む

【週末映画コラム】気持ちのいい人情喜劇『あまろっく』/山田太一の小説をイギリス人監督が映画化『異人たち』

映画2024年4月19日

『あまろっく』(4月19日公開)  理不尽なリストラに遭い尼崎の実家に戻ってきた39歳の近松優子(江口のりこ)は、定職に就くことなくニートのような毎日を送っていた。  ある日、「人生に起こることはなんでも楽しまな」が信条の能天気な父・竜太郎 … 続きを読む

小関裕太&岡宮来夢、念願のロミオ役に「プレッシャーも力に変えて頑張りたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月19日

 上演の度に大きな話題を呼ぶミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の3年ぶり6度目の上演が決定。5月16日に東京・新国立劇場 中劇場で幕を開ける。  本作は、2001年にフランスで生まれ、世界20カ国以上で600万人以上を動員したメガヒットミ … 続きを読む

Willfriends

page top