「人が人を好きになることの尊さ、その思いの素晴らしさを感じてもらえる映画」『水は海に向かって流れる』前田哲監督【インタビュー】

2023年6月7日 / 08:00

 田島列島の同名漫画を映画化した『水は海に向かって流れる』が6月9日から全国公開される。26歳のOL榊さん(広瀬すず)と高校1年生の直達(大西利空)を中心に、くせ者ぞろいのシェアハウスのにぎやかな日常を描いた本作の前田哲監督に、映画に込めた思いなどを聞いた。

前田哲監督 (C)エンタメOVO

-この映画で、広瀬ずずさんが大人の女優としての新たな一歩を踏み出したような気がしましたが、演出していてどのように感じましたか。

 彼女にとって、年下の人を相手にするというのは、今まであまりなかったでしょうから、今回は新鮮だったと思うし、それでトライしようと思ってくださったんでしょう。榊という役を演じてもらうに当たって、今までとは違う広瀬すずを撮ろうという意気込みがあったわけではなくて、榊という役にどのようにして入っていってもらったらいいのかなという思いでやっていました。その結果、彼女のエモーショナルな美しさが撮れました。そこがしっかり押さえられたので、よかったと思います。彼女は、テイクワンでエモーショナルなものがあふれてくるので、それを撮り逃さないようにしようと思っていました。それを映画の中に取り込めたからこそ映画が輝いた。それは彼女が輝いているからだと僕は思っています。

-「広瀬さんは、テイクワンがすごいんです」という監督のコメントもありました。

 例えば、(大西)利空が泣きながら、榊さんへ感情をぶつけるシーンのリアクションは、たまっていたものが思わずあふれ出してくるところなので、カメラは止められません。最初はカット割りをする予定でしたが、その必要もないと思って、ずっと彼女の横顔を撮っていましたが、僕もスタッフもみんな見入ってしまいました。それだけの吸引力があったということですね。 

-相手役の大西利空さんの真っすぐな若者像も魅力的でした。今回はオーディションで選んだそうですが、役のイメージにぴったりだったということでしょうか。

 彼は(子役出身の)超ベテランなんですが、すれた感じや場慣れした感じがなくて、いつも初々しいというか、素朴な感じなんです。それと少し天然なところもあります。そこが直達にはぴったりでした。それから、人に対して壁を作らない。そばにいても心地いいという雰囲気を持っている人でした。

-実際に演出してみてイメージ通りでしたか。

 もちろんイメージは作っていきますが、すずさんに対してもそうですけど、いかにそこから逸脱していくかというのが僕の演出の考えです。自分の考え通りに物事が動くと映画が小さくなっていくので、広がりを持つようなことを、どう出していくのかということです。ただ、そこには俳優同士のコラボレーションもあるし、お芝居はリアクションが大事だと思うので、そこでの相性やぶつかり合いで生まれたものがリアルなものだと思います。2人は生の感覚を大切にできて、それが演技にも出せるので、非常に相性がよかったと思います。無理をしている感じがないのでリアルだし、すごくすてきでした。

-本作のほかにも、最近の監督の活躍は目覚ましいのですが、そのどれもが、さまざまな形で家族や共同体の問題を描いた群像劇だと思います。統一感というか、意識していることはありますか。

 僕の信条としての一つは「未来に向けて映画を作る」ということです。もう一つは「少しでも社会がよくなってほしい」という思いがいつもあります。映画によっていろいろな考え方があります。例えば、『ロストケア』(23)なら警鐘を鳴らす、国や行政に物申すですが、今回は、若者の背中に手を添えて、「大丈夫だよ」と優しいエールを送るような映画です。ある意味、親の勝手な都合でひどい目に遭った彼らはヤングケアラーのようだと思います。子どもは無力だけれども、それに負けずに生きてほしい、自分の人生を生きてほしいという思いがあります。基本は「一人一人が幸せに暮らせるように」というのが、僕の中に通底してあると思います。

  家族だからとか、男だから女だから、大人だから子どもだからという考え方ではなく、もっと一人一人が自由に生きていいんじゃないかというのが根底にあります。『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』(18)でいうと、障がい者だから我慢が必要だなんて、誰が決めたんですか。食べたいからバナナを買いに行ってもらう。『大名倒産』(23)はリーダー論と幸福論をやりたかったんです。「リーダーはどうあるべきか」「人が幸せに生きるとはどういうことか」という。

 究極的には「人はどう生きればいいのか。何のために生きているのか」ということになりますが、人生は不条理でとても残酷なんです。だからこそ、しんどいよね、つらいよね、頑張っているよねというよりは、からっと明るく、下を向きそうなときこそ前を向きましょうよ。ちょっとだけ目線を上げてみませんかという映画を作りたいと思っています。「人はみんな自分を励まして生きている」という気持ちです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第八回「招かれざる者」まひろと道長の運命を左右する? 物語のカギを握る藤原道兼の存在【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年3月2日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月25日に放送された第八回「招かれざる者」では、右大臣・藤原兼家(段田安則)が倒れる一大事が発生。風雲急を告げたこの回、にわかにキーパーソンとして浮上してきたのが、主人公まひろ(吉高由里子)の … 続きを読む

いとうあさこ、愛のある「ババア」に「やった!」 愛称で呼ばれて生まれた“個性”【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月2日

 等身大のキャラと何事にも真摯(しんし)な姿勢で、お笑い芸人としてお茶の間の人気を獲得しているいとうあさこ。2008年に山田能龍、羽鳥由記らとともに旗揚げした劇団「山田ジャパン」では、女優として笑いと華を添える。3月7日から上演される舞台「 … 続きを読む

長谷川慎、“オーバー30男子”の恋愛ドラマは「恋のハラハラ感を楽しんで」 古屋呂敏、キスのハプニングを告白「長谷川くんにキュンとしました」

ドラマ2024年3月1日

 ドラマ「恋をするなら二度目が上等」の取材会が行われ、W主演を務める長谷川慎(THE RAMPAGE)と古屋呂敏が、お互いの魅力やドラマの見どころを語った。  木下けい子氏の同名漫画が原作の本作は、ビジネス誌中堅編集者・宮田晃啓(長谷川)と … 続きを読む

【週末映画コラム】ビートルズの「ナウ・アンド・ゼン」がぴたりとはまる『ARGYLLE アーガイル』/美談ではなく、苦い話としての印象が強く残る『コヴェナント 約束の救出』

映画2024年3月1日

『ARGYLLE アーガイル』(3月1日公開)  謎のスパイ組織の正体に迫るすご腕エージェントの活躍を描いたベストセラー小説「アーガイル」シリーズの作者エリー・コンウェイ(ブライス・ダラス・ハワード)。新作の結末に行き詰まった彼女は、愛猫の … 続きを読む

明日海りお「新しいケミストリーが生まれる」 不朽の名作「王様と私」で北村一輝と初共演【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月27日

 1951年にブロードウェイで初演されて以来、脈々と演じ継がれる不朽の名作ミュージカル「王様と私」が、北村一輝と明日海りおのW主演で上演される。19世紀後半のシャム(現タイ)を舞台に国籍・文化・身分を超えた信頼と愛を描く本作は、「Shall … 続きを読む

Willfriends

page top