広瀬すず「声にワーッと出したら、スコーンって気持ちよくなった」 「私たまっていたんだなって」

2023年5月11日 / 06:43

主演の広瀬すず (C)エンタメOVO

 映画『水は海に向かって流れる』完成披露試写会が10日、東京都内で行われ、出演者の広瀬すず、大西利空、高良健吾、戸塚純貴、當真あみ、生瀬勝久と前田哲監督が登壇した。

 本作は、田島列島氏の同名漫画を映画化。26歳の会社員“榊さん”と高校1年生の直達を中心に、くせ者ぞろいのシェアハウスの住人たちのにぎやかな日常を描く。

 過去のある出来事から「恋愛はしない」と宣言する主人公・榊千紗を演じた広瀬は、これまでにない“年上のお姉さんキャラ”に挑戦した。

 「多分、私は妹とか末っ子のイメージが強いと思うので『えっ、なんでこの話が私にきたんだろう』って」と最初は驚いたというが、「実際に利空くんとも年齢が離れているので、リアルな距離感はあまり苦労せず、楽しく演じることができました」と語った。

 千紗に淡い思いを寄せる直達役の大西は、オーディションで役が決まったという。「こんな豪華な面々の中、自分がやれるのかというプレッシャーもあったのですが、現場に入ってみると、皆さん、優しくて気さくな方ばかり。とてもいい現場でした」と笑顔を見せた。

 一方、広瀬が16歳のときに初主演した連続ドラマ「学校のカイダン」で共演した生瀬は「そこからずっと彼女の成長をそばで見ている感じ。最初の、とにかくかわいくて、元気があって、やる気しかなかった少女が、こんなお芝居をするようになったんだなと思って、おじいさんとしては本当にね」と目を細めた。

 広瀬も、16歳当時の現場で、生瀬から演技のアドバイスを受けたエピソードを披露した。

 「こんなにも自分に向き合ってくれる先輩がいるんだって。だから今回、台本を読んだときに、生瀬さんが出ることを知って正直一番うれしかったです」と明かした。

 また映画のタイトルにちなみ、「最近、スッキリしたこと」を尋ねられた広瀬は「カチンとくることはあるけど、あまり声に出して怒ることがない。でもこの前、お芝居で喉がつぶれるほどすごく声を出し続けたことがあって。声にワーッと出したら、スコーンって気持ちよくなった。私たまっていたんだなって」と語った。

 映画は6月9日から公開。


芸能ニュースNEWS

「東京タワー」“透”永瀬廉の濃厚ラブシーンにもん絶 「私の全細胞が興奮した」「美し過ぎて心臓が持たない」

ドラマ2024年4月21日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第1話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、江國香織氏の同名恋愛小説が原作。愛を知らない医大生・小島透(永瀬)が20歳上の大人の女性・浅野詩史(板谷由夏)との許さ … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平にハマる視聴者続出 「“沼”な匂いしかしない」「ほわほわした役が最高過ぎる」

ドラマ2024年4月21日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第1話が、19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、19歳、29歳、39歳…各年代のラストイヤー“9ボーダー”の3姉妹がモヤり、焦りながら自分の生きる道を模索するヒューマン … 続きを読む

北山宏光主演の「きみけも」ラストの展開が「すごく怖い」 「闇が深くて目が離せない」「神崎も宮ノ森も危ない」

ドラマ2024年4月20日

 北山宏光が主演するドラマ「君が獣になる前に」(テレビ東京系)の第3話が、19日に放送された。  本作は、さの隆氏の同名漫画を原作に、ドラマオリジナルの脚本で実写化。人が持つ闇や獣性を描き、人間の暗部をとことんえぐる戦慄のノワール・サスペン … 続きを読む

「季節のない街」「キャッツを超えた!」「訳分からんパワーがすごい」

ドラマ2024年4月20日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第三話「半助と猫」が、19日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに、舞台 … 続きを読む

「Re:リベンジ」“大友郁弥”錦戸亮の“見せつけキス”に注目集まる 「悪い男だけれど、カッコ良い」「脳裏から離れない…」

ドラマ2024年4月19日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第2話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、巨大病院で巻き起こる権力争いをきっかけに、さまざまな事件が起こり、登場人物たちの「野心」と「復讐 … 続きを読む

Willfriends

page top