井上瑞稀「どこか夢心地でした」久間田琳加「とにかくうれしかったです」 映画『おとななじみ』でW主演【インタビュー】

2023年5月4日 / 09:00

 幼なじみのまま大人になった2人の進みそうで進まない恋模様を描いた、中原アヤの漫画『おとななじみ』が、井上瑞稀(HiHi Jets/ジャニーズJr.)と久間田琳加のW主演で実写映画化、5月12日から劇場公開される。優しいけれど純粋で素直過ぎるが故に恋愛に鈍感な“超残念男子”の主人公・青山春(通称:ハル)を演じた井上と、ハルをいちずに思い続けるも伝わらない気持ちにやきもきして、世話を焼き過ぎてしまう“オカン系女子”を演じた久間田に、撮影の思い出や映画の見どころを聞いた。

(C)中原アヤ/集英社 (C)2023「おとななじみ」製作委員会

-井上さんは映画初主演です。オファーを聞いたときの感想をそれぞれ教えてください。

井上 僕は“まさか”と思いました。すごくうれしかったですけど、やっぱり驚きが大きかったです。最初はなかなか実感も湧かなかったのですが、台本を読ませていただき「本当にやるんだ」と。どこか夢心地のような気分。脚本は面白くて、でも面白い分、すごくプレッシャーもありました。ドキドキしながら、撮影を待っていた感じです。

久間田 私も、とにかくうれしかったです。私自身、少女漫画がすごく大好きなので、漫画原作の実写化をできることが本当にうれしくて。井上さんもおっしゃっていましたが、本当に夢心地、夢みたいな気持ちでした。

-演じたキャラクターの印象はいかがでしたか。

久間田 楓ちゃんは、ハルになかなか素直になれない。幼なじみ仲間の伊織(萩原利久)とか美桜(浅川梨奈)に対しては、何でも話せるのに、ハルには「好き」という恋愛感情が乗ってきている分、素直になれない感じ。でもすごくピュアで応援したくなるような女の子だなと思いました。

井上 ハル自体が“愛されキャラ”といいますか、人間的にすごく愛くるしいキャラクターですよね。だから、どういう面でハルのかわいらしさを作っていこうかな、というのは全体を通して考えていました。細かいところでいうと声のトーンとか。あっけらかんとした感じとか、歩き方なども意識した部分はあります。

-“愛されキャラ”は自分でどのように演出しましたか。

井上 自分なりに演出なんて、そんなにすごいことじゃないのですが(笑)。何だろう…。コメディーなので、常に笑顔が絶えない現場になったらいいなという思いはあったので、僕、普段は本当に人見知りなのですが、かなりしゃべっていたと思います。

久間田 そうですね。私が全然気付かないぐらい、撮影期間中はずっと井上さんがコミュニケーションを率先して取ってくださったので、人見知りだとは思わなかったです(笑)。

-共演が決まったときの気持ちを教えてください。

井上 今回共演する前に一度、バラエティーでお会いしたことがあるのですが、そのときは2、3時間のロケで、互いに「お疲れさまでした」という感じでほとんどしゃべらずに終わってしまい…。今回、共演が決まったときは、同い年というのが、僕の中でとても大きかったです。安心感がありました。

久間田 全く同じです! 同じ世代だと、はやったものなども一緒じゃないですか。一応、何を話しても通じるって思っていたので、そこはすごくホッとしました。

-幼なじみ4人組として、伊織役の萩原さん、恋多きモテアネゴ系女子・美桜役の浅川さんも出演しました。現場はどのような雰囲気でしたか。

井上 4人でずっと楽しくしゃべっていました。お二人ともすごくプロフェッショナル。現場において、空気作りのプロでもあるし、気遣い上手でもありました。特に印象に残っているのは、僕と久間田さんの大事なシーンで「どうしよう」と僕らが煮詰まってしまったときのこと。お二人に「どうしたらいいですかね」と相談したら、いろいろ話を聞いてアドバイスもくれました。浅川さんがアイスを買ってきてくださったこともあります。一人でフラッとどこかに行ったなと思ったら、アイスを渡して「甘いもの食べなよ」と。こういう気遣いのできる人、すごくすてきだなって思いました。

久間田 インした当初は、ハルと楓の距離感を近づけようと自分たちで頑張っていたのですが、お二人が入ってきてから、より空気感ができたというか。私たちだけじゃ補えなかった分がギュッと詰まった感じがあって、すごく助かりました。お二人が本当にムードメーカーで、めちゃくちゃ現場を盛り上げてくださりました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「今回は女性のキャラクターが考えていることもきちんと描かれています」「SHOGUN 将軍」アンナ・サワイ【インタビュー】

ドラマ2024年2月26日

 徳川家康をはじめとした歴史上の人物にインスパイアされたジェームズ・クラベルの小説をドラマシリーズ化した「SHOGUN 将軍」が、2月27日からディズニープラスの「スター」で独占配信される。戦国一の武将・吉井虎永(真田広之)と、その家臣とな … 続きを読む

「おっパン!」沖田翔役の城桧吏、17歳の自身が感じる「多様性」を語る 「僕の周りは❝好きなものは好き❞と言える環境があります」【インタビュー】

ドラマ2024年2月24日

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(=通称「おっパン」)(東海テレビ・フジテレビ系)が好評放送中だ。原田が演じる古い価値観を持ったカタブツのおっさん・沖田誠があるゲイの青年との出会いによって、これまで … 続きを読む

「光る君へ」第七回「おかしきことこそ」ドラマチックに描かれる平安文化の面白さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月24日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月18日に放送された第七回「おかしきことこそ」では、主人公まひろ(吉高由里子)が考えた散楽の物語が騒動を引き起こすさまや、藤原道長(柄本佑)らが球技「打毬(だきゅう)」の試合に臨む姿を通じて、 … 続きを読む

谷原章介、夫婦円満の秘訣は「互いに体に触れ合うこと」 ファンタジーな舞台で描き出す夫婦のディスコミュニケーション【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月24日

 花總まりと谷原章介が出演する舞台「銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件」が4月1日から上演される。本作は、カナダの同名小説を原作に、奇妙な銀行強盗に“魂の51%”を奪われた13人の被害者たちの身に起こる不思議な事件とある夫婦の愛と奇跡を … 続きを読む

【週末映画コラム】テーマは「落ちる」ということ。裁判劇としての面白さもある『落下の解剖学』/世界最弱のサッカー代表チームの奇跡を描いた『ネクスト・ゴール・ウィンズ』

映画2024年2月23日

『落下の解剖学』(2月23日公開)  人里離れた雪山の山荘で男が転落死した。初めは事故かと思われたが、ベストセラー作家である妻のサンドラ(ザンドラ・ヒュラー)に殺人の疑念が向けられる。現場に居合わせたのは、視覚障がいがある11歳の息子ダニエ … 続きを読む

Willfriends

page top