「らんまん」東京編開幕! 「植物学にまい進する万太郎の青春物語と寿恵子さんとの恋愛が見どころです」制作統括・松川博敬【インタビュー】

2023年5月5日 / 08:20

 NHKで放送中の連続テレビ小説「らんまん」。明治から昭和にかけて活躍した“日本の植物分類学の父”牧野富太郎博士をモデルに、愛する植物のため、激動の時代をいちずに突き進む主人公・槙野万太郎(神木隆之介)の波瀾(はらん)万丈な生涯を描く物語だ。第5週の放送を終え、高知の造り酒屋の跡取りだった万太郎は、植物学を学ぶために上京。第6週からいよいよ“東京編”が幕を開ける。その放送を前に、松川博敬制作統括が、東京編の見どころを語ってくれた。

槙野万太郎役の神木隆之介(左)と西村寿恵子役の浜辺美波 (C)NHK

-ついに万太郎が東京へ旅立ちました。これからの東京編の見どころを教えてください。

 高知編も豪華キャストでしたが、東京編も本格登場するヒロインの浜辺美波さんをはじめ、豪華なキャストがそろい、万太郎が新たなステージに入っていきます。今までは高知の酒蔵の御曹司として何不自由なく暮らしていた万太郎が、市井の人たちと出会い世間の荒波にもまれて、さまざまな経験をしていきます。植物学の夢に向かってまい進する万太郎の青春物語、それと並行して進む寿恵子さんとの恋愛。この二つが大きな見どころです。

-万太郎と寿恵子の恋の行方が気になるところです。

 実は万太郎に恋のライバルが現れます。それが、元薩摩藩の実業家・高藤雅修(伊礼彼方)です。金も権力もある高藤が寿恵子を見初め、自分の妻にしようとする。もちろん、万太郎も寿恵子が好きなんですけど、「一人前の男にならない限り、彼女を迎えに行けない」ということで、植物学者として一人前になるために一生懸命頑張る。そういう構図がしばらく続きます。

-万太郎と寿恵子のほかに注目の人物は?

 植物学を目指す万太郎の前に、要潤さん演じる田邊教授が大きな壁として立ちはだかります。この2人のライバル対決も見どころです。さらに、万太郎が下宿する長屋の住人にも個性豊かな人たちがそろい、活躍してくれます。彼らの団体戦のようなチームワークも魅力的です。

-高知編では万太郎や姉の綾(佐久間由衣)、お目付け役の竹雄(志尊淳)たちが、さまざまなしがらみの中で自分らしい生き方を見つけ出していくドラマが魅力的でした。「自分らしい生き方を貫く」というメッセージは、東京編でも受け継がれるのでしょうか。

 高知編について脚本家の長田(育恵)さんと話していたのは、「万太郎が天才になるまでの過程をきちんと描きましょう」ということでした。万太郎のモデルになった牧野富太郎さん自身は、特に悩むことなく一直線に植物学に進んでいったことと思います。でも、この作品では等身大のキャラクターが人並みに悩みながら、自分の道をつかんでいくまでをきちんと描こうと。それが高知編の5週でした。

-なるほど。

 東京編では、そこから解放された万太郎が一直線に突っ走っていくことになります。2週目で子役の小林優仁くんが、学問に目覚めてまい進していく子ども時代の万太郎を演じていましたが、東京編では神木さんがさらに疾走感たっぷりにその本領を発揮してくれます。その過程で万太郎自身が太陽のような存在になり、周りの人たちを照らし、彼らが変わっていく。そういう構図になっていくと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第八回「招かれざる者」まひろと道長の運命を左右する? 物語のカギを握る藤原道兼の存在【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年3月2日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月25日に放送された第八回「招かれざる者」では、右大臣・藤原兼家(段田安則)が倒れる一大事が発生。風雲急を告げたこの回、にわかにキーパーソンとして浮上してきたのが、主人公まひろ(吉高由里子)の … 続きを読む

いとうあさこ、愛のある「ババア」に「やった!」 愛称で呼ばれて生まれた“個性”【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月2日

 等身大のキャラと何事にも真摯(しんし)な姿勢で、お笑い芸人としてお茶の間の人気を獲得しているいとうあさこ。2008年に山田能龍、羽鳥由記らとともに旗揚げした劇団「山田ジャパン」では、女優として笑いと華を添える。3月7日から上演される舞台「 … 続きを読む

長谷川慎、“オーバー30男子”の恋愛ドラマは「恋のハラハラ感を楽しんで」 古屋呂敏、キスのハプニングを告白「長谷川くんにキュンとしました」

ドラマ2024年3月1日

 ドラマ「恋をするなら二度目が上等」の取材会が行われ、W主演を務める長谷川慎(THE RAMPAGE)と古屋呂敏が、お互いの魅力やドラマの見どころを語った。  木下けい子氏の同名漫画が原作の本作は、ビジネス誌中堅編集者・宮田晃啓(長谷川)と … 続きを読む

【週末映画コラム】ビートルズの「ナウ・アンド・ゼン」がぴたりとはまる『ARGYLLE アーガイル』/美談ではなく、苦い話としての印象が強く残る『コヴェナント 約束の救出』

映画2024年3月1日

『ARGYLLE アーガイル』(3月1日公開)  謎のスパイ組織の正体に迫るすご腕エージェントの活躍を描いたベストセラー小説「アーガイル」シリーズの作者エリー・コンウェイ(ブライス・ダラス・ハワード)。新作の結末に行き詰まった彼女は、愛猫の … 続きを読む

明日海りお「新しいケミストリーが生まれる」 不朽の名作「王様と私」で北村一輝と初共演【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月27日

 1951年にブロードウェイで初演されて以来、脈々と演じ継がれる不朽の名作ミュージカル「王様と私」が、北村一輝と明日海りおのW主演で上演される。19世紀後半のシャム(現タイ)を舞台に国籍・文化・身分を超えた信頼と愛を描く本作は、「Shall … 続きを読む

Willfriends

page top