石橋静河「エヴァンゲリオン」の舞台化に「こんなすごい作品に出演することで自分を越えていきたい」【インタビュー】

2023年4月28日 / 08:00

 数々の映画賞を受賞し、近年はNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(22)の静御前役や、時代劇「まんぞく まんぞく」(22)で主演を務めるなど、若手実力派俳優として多彩に活躍し、注目を集める石橋静河。これまでに多くの人々を魅了し、社会現象を巻き起こしてきたアニメーション作品「エヴァンゲリオン」を、舞台ならではの演出による完全オリジナルの物語として舞台化する「舞台・エヴァンゲリオン ビヨンド」に出演する。石橋に、本作への意気込みや見どころなどを聞いた。

石橋静河 (ヘアメーク:村上綾/スタイリスト:吉田恵) (C)エンタメOVO

-舞台版は「エヴァンゲリオン・シリーズ作品とは全く違うもの」と言われていますが、舞台化と、そこへ出演すると決まったときの心境は?

 すごく面白そうだけどプレッシャーが大き過ぎるんじゃないかと思いました。当時は原作のアニメを見ていなかったので、内容も詳しくは知らなかったのですが、熱烈なファンの方たちがいる作品だとは知っていましたし、それを舞台化するというのはとても難しい挑戦だなと感じていました。ですが、(シディ・ラルビ・)シェルカウイさんと仕事がしたいとずっと思っていたので、彼が原案・構成・演出・振り付けをされると聞いて、こうした大変な作品で一緒にそこに挑戦できることはなかなかないことだと思ったので、出演することを決めました。

-しかも、新宿の新たなランドマークとなる東急歌舞伎町タワーの新劇場THEATER MILANO-Zaのこけら落とし公演となります。

 本当にビッグプロジェクトです(笑)。なかなか経験したことのない規模感なので、大きいプロジェクトなんだというのを常々感じていますが、あまり恐れ過ぎずに、勢いに乗っかれたらいいなと考えています。

-原作となる「エヴァンゲリオン」の印象は?

 出演が決まってからアニメシリーズを見ているところです。普段は出演する作品の原作を読んだり、見たりはあまりする方ではないんですけど、今回は知っておきたいという思いが強かったんです。やっぱりとても面白い作品です。現代の現実の問題とつながっている気がするけれど、それをエンターテインメントに昇華させているのがすごいと感じています。ただ、アニメに没頭し過ぎてしまうと、舞台では新たなオリジナルストーリーを作ろうとしているので、あまり情報を入れ過ぎずに舞台の脚本を大事にしていこうと思っています。

-本作の見どころは?

 いろんなメンバーがそろっていて、物語の面白さやアクションシーンという見どころはいっぱいあると思います。いろいろな舞台装置や舞台表現を使っていて、視覚的な面白さが満載ですが、やっぱりアナログな人間の力を最大限に使っていくので、実物大のエヴァンゲリオンが立ち上がって戦うというわけではなく、それをお客さんが想像できるように私たちが手伝うようなものになると思います。そうしたものが見えてくる作品になったら、きっと「エヴァンゲリオン」の新しい舞台オリジナル作品になるんじゃないかと思います。

-憧れのシェルカウイさんの演出作品へ出演することで楽しみなことは?

 やっぱり自分がステップアップできたらいいなと単純に思います。演劇、ダンス、舞台美術を総合的に創造している方なので、出演する側もその垣根を自分の頭の中から取っ払って、自分の限界を越えていかなきゃいけないと思っています。一緒に作品作りをするだけでもすごくたくさん影響をもらえると思うんですが、それをもっと自分が能動的にやることで、見えてくるものがあるんじゃないかと考えているので、一緒に仕事をすることで起こる自分の内面の変化みたいなものが楽しみです。

-そのシェルカウイさんの印象は?

 すごく物腰が柔らかい方で、演出でも「こうしろ」と命令するのではなく、「こういうイメージでやりたいんだけど、やってみて」という感じで、「そうしたら、もっとこういう風にできるかな?」というように続けてくる方です。ですが、みんなをまとめていく方だから、物腰が柔らかいだけでなく、バランスがすごくいい方です。

-それでは、稽古はやりやすいですか。

 やりやすいですが、求められるレベルが高過ぎて(笑)。物腰はすごく柔らかいんですが、実はめちゃくちゃ厳しいことを言ってくるみたいな感じなので、プレッシャーもめちゃくちゃあります(笑)。

-主演の窪田正孝さんの印象は?

 窪田さんとは初共演で、お会いしたこともなかったんです。ですが、すごく信頼できる人柄という印象があったので、新しいものを作っていくときに、窪田さんが主演であるならば、一緒に戦える気がすると思いました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「今回は女性のキャラクターが考えていることもきちんと描かれています」「SHOGUN 将軍」アンナ・サワイ【インタビュー】

ドラマ2024年2月26日

 徳川家康をはじめとした歴史上の人物にインスパイアされたジェームズ・クラベルの小説をドラマシリーズ化した「SHOGUN 将軍」が、2月27日からディズニープラスの「スター」で独占配信される。戦国一の武将・吉井虎永(真田広之)と、その家臣とな … 続きを読む

「おっパン!」沖田翔役の城桧吏、17歳の自身が感じる「多様性」を語る 「僕の周りは❝好きなものは好き❞と言える環境があります」【インタビュー】

ドラマ2024年2月24日

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(=通称「おっパン」)(東海テレビ・フジテレビ系)が好評放送中だ。原田が演じる古い価値観を持ったカタブツのおっさん・沖田誠があるゲイの青年との出会いによって、これまで … 続きを読む

「光る君へ」第七回「おかしきことこそ」ドラマチックに描かれる平安文化の面白さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月24日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月18日に放送された第七回「おかしきことこそ」では、主人公まひろ(吉高由里子)が考えた散楽の物語が騒動を引き起こすさまや、藤原道長(柄本佑)らが球技「打毬(だきゅう)」の試合に臨む姿を通じて、 … 続きを読む

谷原章介、夫婦円満の秘訣は「互いに体に触れ合うこと」 ファンタジーな舞台で描き出す夫婦のディスコミュニケーション【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月24日

 花總まりと谷原章介が出演する舞台「銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件」が4月1日から上演される。本作は、カナダの同名小説を原作に、奇妙な銀行強盗に“魂の51%”を奪われた13人の被害者たちの身に起こる不思議な事件とある夫婦の愛と奇跡を … 続きを読む

【週末映画コラム】テーマは「落ちる」ということ。裁判劇としての面白さもある『落下の解剖学』/世界最弱のサッカー代表チームの奇跡を描いた『ネクスト・ゴール・ウィンズ』

映画2024年2月23日

『落下の解剖学』(2月23日公開)  人里離れた雪山の山荘で男が転落死した。初めは事故かと思われたが、ベストセラー作家である妻のサンドラ(ザンドラ・ヒュラー)に殺人の疑念が向けられる。現場に居合わせたのは、視覚障がいがある11歳の息子ダニエ … 続きを読む

Willfriends

page top